欧米はなんでも似ている?実はこんなに違います、欧と米。。。

ここのところ、アメリカの高等教育が世界で一番だから世界中から人が集まるとか、アメリカはインターナショナルだから外国に行く必要もない、というアメリカ人の親の発言をきく一方、レベルのいい大学は外国との交流を大事にし、なるべく大学生を外国にいかせようとします。アメリカに限らず内向きになってしまう可能性というのはどの国でもあります。だから学生を外向きにしようという動きが大学ではおこるのだと思いますが、ポイントは外国人がアメリカを知っている以上にアメリカ人は外国をしらないということ。幸か不幸か、外国に行っても多くの人が英語を理解することも一つの理由か、外国語が流暢なアメリカ人は多くはありません。(”日本人ってどうして英語がへたなの?”ときかれて、じゃああなたは何語ができるの?ときりかえしたことも。。。)

日本のメディアはなにかというと”欧米”というくくりで、欧と米を一緒にしますが、少なくとも教育の分野は欧と米は随分違います。
先日マイケルムーア監督のWhere to Invade Next?という映画をみたのですが、

これをみるとアメリカとヨーロッパがどれだけ違うかということがよくわかります。
特に教育制度ということをみれば欧と米以上に日と米のほうが似ているくらいだと個人的には思います。

初めてスイスに住んだ20年以上も前のこと、店は通常営業時間は夕方6時くらいまでで、日曜日は全て休み、土曜も午後4時には全てがしまるという中、”お客さまは神様”の国から来た私は、なんと未開の地にきてしまったことか、と驚いたものです。が、強制的にシャットダウンされ、家族、友人や自分にしっかり時間をとれることのよさというのを今更ながらに感じます。ドイツの企業の中には、週末のメールのやりとり禁止にしているところもあります。便利になるということが逆に他の誰かにとっての余裕のある”人生を楽しむ”ことを妨げている面もある、と感じるようになったのは自分が歳をとった証拠でしょうか。。。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中