就職に強い影響を及ぼすインターンシップ経験

アメリカの大学の最近の傾向はいかに学生を短期でも外国にいかせるかと、職業経験をもたせること。

ボストンにあるノースイースタン大学はこの10年ほどで驚くほどそのランキングをあげてきているのですが、2007年には全米98位だったこの大学は今年47位と急上昇しています。 優秀な学生、学校が明確に望んでいるタイプの学生にはどんどん奨学金をだして早くからアプローチ、アメリカ人学生が自分はマイノリティーだったと感じさせられるくらい、インターナショナルにもなっています。一方、学生が卒業して即戦力になれるように、インターンシッププログラムも大変充実していることが学生に人気の理由です。卒業した時に仕事を見つけるのが大変ではなく、就職してすぐに普通に業務に携われるというのが企業側そして、学生にとっても安心の理由です。

アメリカのインターンシップというのも実は有償、無償で、仕事内容が随分かわってきます。
無償の場合はいわゆる”仕事”というより、”教育”というスタンスに近くなります。インターンを一人にしてはいけない、とか彼らが得られる価値以上のものを企業側が求めてはいけないとか、いわゆる労働の搾取はできないように保護されています。そうやって学生は職場になれることから始まり、徐々に有償のインターンへと責任を少しずつ負うような仕事をしていきます。実はこの有償のインターンも会社によって随分できることが、違います。会社によっては6ヶ月間のインターン期間に小さなプロジェクトを遂行させるということもあり得ます。そうやって半年から1年、いろいろな場所でインターンをすることで、現実社会での仕事になれ、足りない部分や、自分にさらに勉強が必要なこと、もしくはこの仕事はいやだとかそういったものもみえてきます。

アメリカでは大学をでないといい仕事に就けない、と言われますが、4年制の専門性の低い総合大学を卒業した場合、職業経験がないといい仕事につけないといったほうが正確かもしれません。日本では大学の専門学校化が進んでいるといわれていますが、これだけ大学の数が増えて、少子化が進めば、ある種の大学は専門学校化するのも、自然な流れのように思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中