日本で起業率が低い理由を考える - その1-

バブソン大学が2014年にだしたグローバルアントレプレナーシップモニターというリポートがあります。
世界の起業活動に関するデータを集めて分析しているリポートですが、各国の起業活動率をみると日本は起業率がともかく本当に低く5.2%ですが、アメリカも12.3%でこうやってみるとそんなに突出しているわけでもないですね。
アフリカや南米の国など、大きな企業という雇用の受け皿がそれほど充実していないところほど起業が一つのキャリアの選択肢になっているようです。また日本では起業家になるというキャリアの選択肢がプエルトリコに次いで2番目に低いという結果になっています。

40過ぎて、独立する人をいい職がみつからないから”仕方なく”独立するんだと、まるでネガティヴなことのように捉える人たちも多いですが、実際それが”仕方なく”と、とらえられていることがまさに独立、起業することは社会的に良しと捉えられていないというふうに理解できます。
日本の起業率が低い理由としてよく上がるのは失敗することが許されない社会ということが言われますが安定しないこと,保証がないことが日本ではうけいれられにくいのでしょう。

小さな企業に出資するのも大企業だったりしますが、お金だしてあげるけど、自分は絶対起業なんていやだ、とかいうのをきくと、両者が全く違う世界観の中で生きていると感じます。
ボストンにいるとたくさんのベンチャーキャピタルの方達にあいますが、その方達もある分野で成功している人たちが多いです。バイオのベンチャーキャピタルなら医者だったり、サイエンティストだったりとその分野の専門家であります。そういった視点から投資先を選ぶ、もしくは投資した先をサポートしていくというのは明らかにサラリーマンベンチャーキャピタルとは一線を画します。起業をする方もリスクをとっていますが、投資するほうもリスクを背負うわけです。
起業家は自分の思いが形になっていく過程を楽しみます。つらいことも多いですが、かっこたる信念がないととてもつとまりませんよね。。。

起業をする側と支える側との温度差がありすぎるということも起業率低い一つの要因かもしれません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中