サイバーセキュリティー最前線

”紙幣”に将来はあるのでしょうか?

今回のフューチャーオブザマネーのイベントはフィンテックにおけるサイバーセキュリテイに関する話でした。モデレーターはMITのスローンスクールで情報工学の教授を務めるStuart Madnick氏、パネルにはイスラエル人でスイスにあるサイバーセキュリテイ会社の創設者兼CEOであるShira Kaplanさん、フィンテックの分野で世界一影響力があるといわれるSpiros Margaris氏、もとFBIのサイバーセキュリテイの専門官であったLeo Taddeo氏、サイバーセキュリテイ会社KudelskiよりJohn Van Blaricum氏とかなりハイレベルな顔ぶれ。フィンテックでもこのレベルになると知り合いかと思いきや、お互いあまり知らなかったということで、パネル同士にとっても有意義なトークだった様子。前日に行われたウォールストリートでのイベントもかなり盛況だったようです。

cybersecurity_5365

モデレータのMadnick 教授は少なくとも1979年からすでにサイバーセキュリテイの研究に従事していたということで、この分野はそれほど新しいともいえないんですね。

実際サイバーハッカーを捕まえるのは本当に難しいといいます。実は企業でのサイバーアタックの58%は企業内からくるもので、わざわざこれは危険なメールである可能性があります、あけないでくださいというアラームがでていても、必ず開けてしまう人がいるとのこと。ダメだと言われたらますます開けたくなるという心理が働くそうで、やはり教育の重要性が問われます。

イスラエルはこの分野が非常に発達しているといいますが、それはそれだけ攻撃をうけているからでなんとこの分野に400以上スタートアップがあるそうです。

cybersecurity2_5367

最悪のシナリオ、朝おきて銀行の口座にログインしたら残高が0だった、これ個人レベルでも相当いやなシナリオですが、銀行レベルとかだと本当に怖いです。こういうことがあり得るかどうかということをFBIが検証したところ、これは本当にあり得る話だということでした。なのでこれを回避することを考えるより以上に、こうなっても困らないようにするにはどうしたらいいか、というアプローチが必要だそうです。それは第三者機関のようなところにバックアップをしてもらうとか、ニュートラルなプラットフォームを作るとか。それより、怖いのは、クリティカルインフラがやられてしまうことだという意見もでました。他人の携帯をのっとることで、簡単に生活を破壊できてしまうということが怖いことだと。

現在の生活において銀行の数字だけをみてその現物(紙幣)をみることは(特に会社の口座のように数字が大きい場合)まずないです。こういう数字上での”お金”はある、という信用の元に現在の金融システムは成り立っています。紙幣というものを政府としては、将来的になくしたいという方向で考えているでしょうが、そうなるとますます人は数字に支配されてしまうのでしょうか。ローテクの世界が平和にみえてきました。

関連記事:

https://multicultiblog.com/2015/11/21/%E9%87%91%E8%9E%8D%E6%A5%AD%E7%95%8C%E3%81%AB%E3%82%82%E5%BA%83%E3%81%8C%E3%82%8Bai%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中