ボストンから学ぶ、イノベーティブで自立した人材の育て方(2 なぜボストン?)

 

なぜボストン?

ボストンはマサチューセッツ州にあります。アメリカの中でみると大変小さいこの州。(アメリカの州の大きさランキングでみると、下から8番目)州の大きさは約27336 平方キロメートル、イメージ的には秋田県と岩手県を足したくらいの大きさになります。

この州には高等教育機関が約120ほどあり、(無認可を含めると300近くあるそう)そのうちボストン近郊には35ほどで、世界で一番、ノーベル賞受賞者が集中している場所です。日本から見ると、ボストンと一括りに見ますが、アメリカで一番古い大学であるハーバード大学(1636年設立)を始め、エンジニアの最高峰MIT(マサチューセッツ工科大学)はボストン市の隣にあるケンブリッジ市にあります。ボストン市と其の近郊にはタフツ大学、ボストン大学、ボストンカレッジ、アントレプレナーシップで有名なバブソンカレッジ、全米でも1、2位のリベラルアーツカレッジである、ウィリアムズカレッジやアムハーストカレッジ、優秀な女性政治家を輩出しているウェルズリーカレッジ...と世界に名だたる大学が多数あります。

そんなボストンには大学の研究と起業を結びつける仕組みが整っており、学生の起業を支援するプログラムが充実していることから大学発の研究からスピンオフしたスタートアップがたくさんあります。Kauffman Indexによると2016年にボストンエリアで活動しているスタートアップ数は 1869社にものぼります。そして、 移民の創設者の割合が30%、これは世界平均が19%だということと比べると非常に高い数字です。

又、ボストンは西海岸のシリコンバレーと並び、ハイテク関連の起業が多いことで知られていますがVCの投資額ではカリフォルニア州が一番多いものの、マサチューセッツ州では一人当たりが受け取るベンチャーキャピタルの金額が全米で一番多くライフサイエンスの分野では全米で1,2を争う病院機関もあり世界中の製薬会社も集中したハブにもなっています。R&D比率は実は国レベルよりも地域で見るとかなり、変わってくるのですが、マサチューセッツ州のGDPに対するR&D比率は 5.86%ちなみに日本は2016年度で3.58%)であり研究開発投資に力を入れていることがわかります。

このようにボストンには優秀な人材を引きつける環境があり、高度な技術や知識をもった人達が起業したり、イノベーションを起こすために、公共、民間問わず必要なサポートを提供するエコシステムがあります。

参考記事:

ボストンの大学が地域経済に与える影響についてのデータ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中