ボストンから学ぶ、イノベーティブで自立した人材の育て方(4 公共機関ができること)

ボストンは比較的治安がいいのですが、それでも犯罪率が高く、治安のよくないエリアがあります。治安の悪いところは失業率も高かったりするものですが、そのエリアにSTEM関連(サイエンス、テクノロジー、エンジニアリング、数学)を強くする中学、高校を作りました。求人も多く、給料水準も高い分野なのでそのエリアで将来的に就職できる人が増えることで失業率を減らし、治安をよくしようと考えています。

外国機関の活用例

優秀な人材、資金、研究ネタが集まっているボストン市近郊(ケンブリッジ市含む)にはそれを活用したい外国機関のアクセラレターやインキュベーション的な仕組みも入り込んでいます。東海岸はヨーロッパに近いのでヨーロッパの国々の活動が盛んですが、韓国もマスチャレンジを支援していますし、フランスやドイツのアクセラレーターやカナダ等の国が支援して、各国のスタートアップを連れてくるプログラム、起業の勉強するプログラム等を企画してアメリカ以外の国の企業もボストンのエコシステムを利用しています。またアメリカから当該国に進出したい会社とのつなぎの役目も果たしています。オランダやスイスは領事館レベルが科学技術、イノベーションを促進する為に特化した形で積極的に支援プログラムを組んでいます。

フューチャーおぶざマネー2

スイス科学領事館の主催している『フューチャーオブマネー』シリーズ。“お金”にまつわる話、銀行、AI,ビットコイン、ビックデータ等最先端の研究、ビジネスに関わる人達を集めてのパネルディスカッションを定期的に開催。

参考4

スイス科学領事館は、イノベーション、科学技術、高等教育の分野においてスイスとアメリカの大学の研究、企業、産業等を結びつけたり、双方の企業の進出や提携を促すようなプラットフォームを作っています。

領事館が支援するプログラムにベンチャーリーダーズという毎年ボストン(NYC)にやってくるスタートアップ支援プログラムがあります。毎年、100社以上のエントリーから20社を選びスイス科学領事館がプログラムを組んで いるものですが、1週間のこのプログラムでは、バブソン大学に行って学んだり、VCとのネットワーキング、ピッチイベントを通じてアメリカで資金調達のチャンスを得たり、販売経路を確保したりしています。

フューチャーオブザマネー

参考記事:

スイス科学領事館 swissnex(スイスネックス) モデル

ボストン市が考えるイノベーションエコノミーを牽引する為の市の役割

カナダのアクセラレータプログラム

学校が地域にどんな影響を与えるのか -治安の悪い所にできるSTEMアカデミー

マサチューセッツ州のイノベーションポリシー概要
雇用は戻っても、給料は減っている中、どんな職業を選ぶべき?

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中