ソーラーパネルをつけられない家に住んでいてもパネルのオーナーになる方法

毎年この時期になると、震災を思い出しますが、火山、地震活動の多い日本での将来を見据えてのエネルギー政策はどのように進んでいるのか気になります。

マサチューセッツでもグリーンエネルギーへの注目が高まっていますが、ソーラーパネルは誰もが屋根につけるというわけにはいきません。
震災当時日本に住んでいた自分も、早速屋根にパネルをつけようと見積もりをとりましたが、減価償却できる時間が長い(その時の計算では確か、15年くらいでした)のと、その間新しいテクノロジーが生まれて、もっと効率がよくなるのではないかとか、ハードルが高いなあと思ったのを覚えています。そんななか友人と、マンションのように集合住宅に住んでいて自分の太陽光パネルをつけることができない人達や企業のために、田舎の方の土地が安い場所や、高速道路の壁面を使ったりして太陽パネルをつけて、その権利を売買しパネルの上に企業の宣伝とかをつけれるのはどうか、なんて話をしたことがありました。

リニューアブルエネルギーに関心があり、その分野に投資を考えている人は、3つの選択肢があると思います。それは

1 自分の家にソーラーパネルのような装置をつける
2 誰かが設置した装置の権利を買う
3 その産業に金銭的に投資をする

1はマサチューセッツでも着々と広がっているようです。先日も、テスラを持っている人が、自分の家のソーラパネルで作った電力で十分走れると満足そうに語っていました。近所の、高熱費がほぼかからない家に住む人たちは、パネルをつけても投資をすぐ回収できるといいます。

そして、2番目の選択肢をボストン大学のメカニカルエンジニアの学生達が始めました。CloudSolarクラウドソーラー
クラウドソーラーがクラウドファンディングで集めた資金を元に、地方に敷き詰めたパネルで充電した電気を電力会社にうり、その金額が出資者に分配されるという形です。クラウドソーラは電気販売量の20%を徴収し、残りはパネルのオーナーに還元します。
先週からインディゴーゴーでクラウドファンディングを始めたクラウドソーラーですが4分の1パネルサイズで250ドル、半パネルサイズで450ドル、フルサイスで650ドルということです。
そして、モバイルのアプリでリアルタイムでエネルギーの算出量を確認することができます。契約は25年間になり、その後、そのパネルを売るか継続するかをきめます。
気象条件にもよりますが、大体10年から12年で出資者にも利益がでるようになるはずだといいます。

またもし、投資という概念から環境関連産業に投資したいなら、(上記3の場合)昨年秋に ソーラーエネルギーシステムの会社SolarCityが発行したソーラーボンドを買うという選択もあります。これは15年の償還期間で最大利回り5.75%という商品です。

クラウドソーラーは、ニューイングランド地方の(アメリカ北東部の6州)どこかに設置したパネル、といっていますが、日照条件等を考えると、アリゾナとかネバダあたりの方が効率がいい気もしますけどね。。。

関連記事:
再生可能エネルギーの将来性

広告

ショック療法で生活習慣を変える

『パブロフの犬』といえば、条件反射の代名詞だと思うのですが、これをもじって習慣を改善するブレスレット型のデバイスPAVLOKがあります。

人は人生の40%以上の時間を習慣に費やしているそうで、もし悪い習慣が多いのならその部分をよくする為にゴール設定をして成果が得やすいようにしたのPAVLOKです。例えば、体重を減らしたい人が決められた時間にエクササイズをしなかったり、決められた時間に起きられない人には340ボルトの電気ショックを与えられ、習慣を変えるように促されます。そして、目標を達成すれば、ご褒美がもらえ(金銭、ギフトカード等)、達成しないとバツ(他のユーザーにお金を払ったり,こっちの方が痛いかも)をうけます。電気ショックといっても、静電気のようなものなので、それほど衝撃はないはずなのですが本当にすっかり忘れていると、衝撃は大きいかもしれませんね。

まず、アプリをダウンロードして自分が変えたいと思っている生活習慣を選びます。
習慣の中には、瞑想とか、語学を習うとか、日記(ブログも?)を書くというのもあります。
10月23日現在、インディーゴーゴーでクラウドファンディングをしていますが目標5万ドルのところ、すでに15万ドル以上が集まっています。
自分で何とも変えられない習慣を、誰かになんとかしてほしい、と思っている人達が多いということでしょうか。ある程度覚悟がないと、目標設定するのも勇気がいるかも。。。

クラウドファンディングで火星にいこう!?

人間はまだ火星にいったことがないですが、2017年には火星に世界中から何千万人もの人々を送ろうとMITやデューク大学、スタンフォード大学、コネティカット大学の11人の学生達が計画をしています、どんなふうに??
キューブサットとよばれる小さな衛星にメッセージや写真、オーディオクリップやビデオをのせて。(6月14日のボストングローブ)

この”火星へのタイムカプセル”と呼ばれるミッションは学生による初のクラウドファンディングで資金を集めています。
http://www.timecapsuletomars.com/
募金をすると、自分の写真やイメージ10MB以内のものならアップロードでき、それを火星にもっていってもらうことができるそうです。

このプロジェクトでは非常に高レベルの技術が必要とされ新しい技術がテストされたり、発明が必要になるかもしれない、とMITの宇宙推進工学研究室(SPL)のディレクターで11人の学生を監督しているロザノ氏はいいます。もし、成功すれば、比較的安価な方法で火星探査ができるようになる可能性があるそうです。

デザイン、打ち上げ、航空通信、車両のコントロールの為のコストは2500万ドルにもなります。学生達はNASAやロッキード、ボーイングといった企業や宇宙飛行士達にアドバイザーになってもらい一緒に仕事をすすめています。

オバマ大統領は2030年までにNASAは火星に人を送る予定ということをいっているのですがそういう背景の中、この ”火星へのタイムカプセル“ プロジェクトは宇宙や火星探索に関して人々に興味をもってもらうのに一役買うと思われています。

このプロジェクトのアイデアは去年のワシントンで行われたヒューマン トゥマースサミットからうまれました。宇宙をよりよく知るためとか、技術の発展のためとかよりも, サミットの参加者の多くは、火星に一番に行った人として名を残したいという欲があるということに学生達は気ずきました。会議の間に宇宙産業のリーダー達はどうやったら人々はもっと宇宙に興味をもってくれるかを考え、人類はさらなる発展の為に宇宙にいくのだということを思いだしてほしいということから(アポロ計画の時代には沢山のテクノロジーが生まれた)タイムカプセルを宇宙に送るというアイデアがうまれました。

プロジェクトは複雑で問題も多々ありますが、学生も産業界も成功することに自信をもっています。もしタイムカプセルが火星につけば、沢山の人達が自分もそれに携わったといえるのです。

***
宇宙開発にはお金がかかります。でも最近、人々の関心が遠くの宇宙よりも日々の現実にむいていて宇宙開発の技術が結果的に様々なところで活用されるといってもなかなか資金が集まらないという現状があるのでしょうか。よってとりあえず、沢山の人に興味を持ってもらう為にこういったアプローチをしたともいえそうです。

要するに自分自身のかわりに自分の写真や映像、手紙とかかもしれないんですが、そういったものを火星に送って自分が行った気になって楽しむという感じでしょうか。
夢のあるいい方をすれば、将来的にそういったものを通じて、火星の住人(?)と通じ合うことができるようになるかもしれない?

一方、宇宙のしくみを知る為に、外にでるというのはわかりますし、テクノロジーが実際の私達の生活をよくするという点なら理解できるのですが、自分の欲の為に何かを他の星に送りつけるっていうのはよく考えると??という感じが。。。他の星にそう簡単にものを送れるようになってしまえば、極端にいえば他の星にもゴミが増える、地球の環境どころか、宇宙の環境を汚す?っていうことがある可能性も。高い倫理観がある意味求められる分野のような気がします。

髪の毛を切って、ファンドレイジングをしよう

ボストン市近郊にある、グラニットテレコミュニケーションズという会社が、社員の髪の毛を切る事で220万ドル(2億円強!)の資金を集め、ダナファーバー癌研究所に寄付をしたという話がありました。(ボストングローブ 3月4日)
ダナファーバーがん研究所はボストンにあり、アメリカ国立癌研究所指定癌センターの一つで国際的にも有名な施設です。

グラニットテレコミュニケーションズという会社には1200人以上の従業員がいますが、そのうち約430人の従業員が髪をきり、それぞれが、支払った金額がダナファーバー癌研究所に寄付されました。5000ドル払った人もいたそうで、癌で苦しむ人たちが周りにいる人ほど、寄付金もあがる傾向にあったようです。

4月にはボストンマラソンが開催されますが、(以前の記事にも書きましたが)、ダナファーバーはボストンマラソンでもファンドレイジングイベントを行っています。ボストンマラソンを走ることで、お金を集めるのです。自分の身の回りに癌で苦しんでいる人がいるけれど、自分には何もできない、という気持ちがある人は、そばに癌研究の為に資金を集めて走ってくれる人がいると、そのことに感謝して、お金をだします。そうやって、色々な人々の気持ちを集め一人一人のランナーが、100万円ずつ集めると400人走れば、4億円の資金になるのです。

ファンドレイジングが成功するには、ストーリーやコンセプトに共感できるか、という点や、自分が寄付することで社会の問題を解決することに役立つのか、という点が大事だと思います。

参考記事:
ボストンマラソンを走って社会起業家になろう その1

ボストンマラソンを走って社会起業家になろう その2

このエントリーをはてなブックマークに追加

クラウドファンディングで資金を集める靴のスタートアップ

ボストンでスタートアップといえば、ほとんどテック関係なのですが、ここ数年のうちに、靴のスタートアップが5社ほど誕生しているという記事が1月28日のボストングローブにありました。実はマサチューセッツ州はコンバースやニューバランスというスポーツ、カジュアルシューズの本拠地であり、19世紀から20世紀にかけて、製造業がアジアにいってしまうまでは靴産業がボストン近郊ではにぎわっていました。ボストンマラソンに、レッドソックス、バスケットチームのセルティクス、レガッタと、スポーツの話題には事欠かない、この州。そこで最近、若者たちが新しいタイプの靴ビジネスを始めています。

山登りにいく人達がはく、防水のちゃんとしたアウトドアスタイルの靴だけど、普段もカジュアルにはける格好のいいものはないものか、という発想のもとに24歳の青年達が2010年に立ち上げた Forsake は始まりました。
靴業界は事業を立ち上げるのに通常お金がとてもかかるのですが、最近たちあげられている靴会社はコンバースやニューバランスのように、売れ筋の靴は作らず、ニッチなマーケティングで、エンボス加工されたボートシューズや、防水加工されたスニーカー、ランニングシューズと同じくらい快適なブーツ等、様々な種類のくつを提供します。

Forsakeは50人の投資家の前でピッチをして、会社をおこすために7人がサポートしてくれましたが、クラウドファンディングだともう少し簡単で2012年に38日間で11万6千ドル(1100万円相当)を1000人から集めたということです。投資家は特にテック産業をサポートしたいので、普通に投資家から資金調達をするのは難しいのですがクラウドファンディングをすることで消費者とも直につながることができるし、彼ら自身が自分の商品の消費者なので顧客のことがよくわかっているとの分析があります。

靴業界は何十万足も売らないと利益がでないビジネスのようです。どこの業界も似たようなものでしょうが、大きい会社のほうが、沢山生産して安くうり、利益をあげることができますが、小さい会社は利益をあげるのが難しいようですね。Forsakeも、デザインをアメリカで行い、生産は海外でしているそうです。

iSlide のように自分で色、文字や柄を選んでプリントすることができるスリッパサンダルもあります。
スリッパ市場の成長はここ数年2桁台だそうでランニング、やバスケットボール用のシューズほど大きな規模に成長するとは思えないようですが、無視するにはもったいない、iSlideという会社を起こしたキットレッジ氏はいいます。カスタムメイドのスリッパの価格は50ドルほどです。
Boston Boot Co. もやはり、キックスタータで25万ドル(2500万円相当)を集めています。
以前はこんなものがほしいと思ったら消費者は会社に連絡をして特別に作ってもらったものですが、これからは自分で作るということができるということらしいです。
最近、ビッグブランドでも靴に限らず自分用にカスタマイズできるブランドがふえています。名前をいれたり、色の組み合わせを変えたり、ニューヨークのコンバースでも自分用の靴を店で作ったりできますし。

それにしても、クラウドファンディングのパワーってすごいですね。ネットの世界は短期間にわっと、人の流れが集中するので、ネットの世界で影響力のある人達は、資金集めが意外と簡単なのかもしれません。又クラウドファンディングは直接消費者とつながる事ができるので、マーケティングのリサーチも同時にできる利点があるようです。

Forsake
iSlide
Cape Cod Shoe Supply Co
Boston Boot Co.
Category 5