女性が少ないテック産業

テック産業の中でも、特にプログラマーとして仕事をする人達というのは圧倒的に男性が多いようですね。アメリカでもテック産業はダイバーシティーが進んでいない産業といわれているようですが、
雇用に関しても、男性が応募してくることを意識している場合が多いことや、事務所の作りもその傾向があります。
数少ない女性のプログラマー達も、見えないプレッシャーを日々感じているそう。たとえ、コンピューターの分野を勉強したとしても、その道で成功しているロールモデルが少ない為に、それ以外のキャリアを選んでいる女性もいるのではないかという指摘もあります。確かに、あまりに女性が少ない職場だと、なんとなく、居心地がよさそうには思えないかもしれません。

Beta Bostonによると、労働統計局の調べでは米国内のコンピューターサイエンスに従事するうち女性は26%で、大学でコンピューターサイエンスを専攻する女性は国立教育統計センターのデータでは1985年は37%だったのに2012年には12%に減っているそうです。
実際、中学生くらいから数学が得意な子達と、言語系が得意な子の差というのはどんどん大きくなってきて、学校で苦手意識を植え付けられるとますます、できなくなるという声もききます。

学校だけに頼らず、社内での取り組みも重要になってきています。インテルは今月から3億ドルをかけて女性とマイノリティーの人達を教育、トレー二ングすることになりました。また、グーグルではテクニカルな関連の仕事をしている女性の割合は17%、会社の管理職の21%は女性といっています。

確かに、男性的なイメージがありますよね、プログラマーって。。。
一般的には女性はどちらかといえば男性よりも誰かとコミュニケーションをするのが好きというタイプが多いと思われますが、プログラミングの世界はどちらかといえば、黙々と作業することが好きな感じがするからでしょうか。女性が少ないのは、投資家の世界もそうですね、CEOや経営メンバーに女性が入っていると投資されにくいといわれますが、逆に女性が作った会社、もしくは女性が経営陣にいる会社に重点的に投資してくれる投資会社とかあると、女性のプログラマーにも違った選択肢も広がりそうです。

関連記事:
理系女子を育てる取り組み
女性のビジネスオーナーの資金調達に関しての分析

広告

スマホ依存から抜け出したい人にオススメなアプリ

1月13日のボストングローブの一面 には、スマホに依存している人達のためのデトックスアプリを紹介していました。
スマートフォンの登場で、人々はいつも常に誰かと繋がっていることを確認できる、もしくは確認しなければならなくなりました。
便利である反面、常に何かにコントロールされている感じもしてしまいます。人と会っているのに、その人に集中もしくは今していることに集中するのではなく、常に他からの何かを確認、もしくはチャットしている人達、宿題をしているのに、数分(数十秒?)おきにメッセージに対応している子供達と、携帯電話が普及し始めた時も、そのマナーが問われましたが、スマホの場合はほとんど中毒?と思えるような行動をする人達もいます。

アメリカでは大人のスマホユーザーの10〜12%の人達に強迫性の行動障害が見受けられ、3人に1人は数分スマホがないだけで不快であると感じ、3人に2人はスマホと共に寝るか、隣において寝るということ。心あたりがある人って結構いるんではないでしょうかね。。。子供にスマホやりすぎといういう前に、大人がすでにそうなっている感じがあります。。。
すでにアルコールや麻薬中毒患者のためのリハビリ施設のようにスマホ依存の人のためのリハビリ施設がありますが、そこでは1990年代後半からハイテク機器、ビデオゲーム、インターネットポルノ等への依存症に対する治療を行ってきましたがモバイル機器が広がってから患者がさらに増えているそうです。

フェイスブックをやめた友人は、やめることにした理由として自分が誕生日にもらうメッセージ数よりも、自分が他人に書くメッセージ数のほうが多くてうっとうしくなってやめたといっていましたが、自分でやめるという決断もしくはコントロールできる人達はいいのですが、依存症になって自分ではどうにもできなくなってしまっている人達はどうしたらいいのでしょうか。そんな人達の為に、いくつかアプリが紹介されていました。

まず、The MomentというスマホやiPadの使いすぎに警告をだして、バーチャルとリアルな生活のバランスをとれるようにするアプリ。目的はスマホを使う時、フェイスブックやゲーム、アプリを使う時はなんとなくではなくもっと意識的に使ってほしいということなのですが、アプリのダウンロードはただですが、ファミリープランがあり、親に子供達がどれだけデバイスを使っているか知らせてくれて使用の制限をかけられ、強制的に終了させることもできます。3ヶ月で5ドル99セント、1年契約で19ドル99セントとのこと。

それから時間を設定してその間は電話機能とテキストメッセージしか打てないようにしてしまうアプリ、Digital Detach 初日に10万回ダウンロードもされて開発者自身がどれだけたくさんの人がスマホ依存になっており、止めたくても自分の力ではやめられなくなっている人達が多いということに驚きました。何か新しい習慣を始める時に、ただだと、続きませんが、お金を払うことにより、人はより覚悟することになります。ということでDigital Detach はダウンロードするのに1.99ドルかかります。

Digital Detach

Digital Detach

そしてケンブリッジ発のHeyWire
このアプリはオフィスで使っている固定電話の番号を使ってテキストメッセージを送ったり受け取ったりすることができるものです。これにより、仕事関連のラインと個人のものをわけ、就業時間を過ぎたら自動的に自分はいないというメーッセージを送れます。このアプリは強制性はなく、いつも繋がっていることは必要とは思っているものの仕事とプライベートを分けたいという人向けのようです。

Digital Detoxは一番、厳しい強制デトックスプログラムですね、どのくらいの時間デトックスするのかは自分で設定しますが、このアプリが動き初めてしまうと911番(アメリカの火事、救急、警察等の緊急電話番号)しか使えなくなり、ほかのプログラムと違って、ハッキングスキルがなければ自分でリセットするのはほぼ無理というもの。

在宅仕事ができるようになっているということは、逆にいえばいつでもどこにいても繋がれるということで、もちろん利点も大きいですが、スマホやデジタル機器を特に学校で使うような場合はその適切な使い方をメーカーや販売会社がCSRとして率先して行ってくれるといいのですが。。。

それにしても、自分で依存していることに自覚がある人達はまだいい方で、本当の問題は、自分ではおかしいと思っていない人達かもしれません。

高校でコンピューターサイエンスの授業を増やす動き

テック、バイオ、製薬関連産業や各種スタートアップが集中するボストン界隈ではプログラマー不足は深刻です。コンピューターサイエンスを若いうちから知ってもらう為に高校からコンピューターサイエンスの基礎授業を増やす取り組みをしている話がありました。(ボストングローブ4月24日)

例えば、HubSpot という会社では、ソフトウエアのエンジニアを紹介し、紹介された人が雇用に至った場合には1万ドルほどのボーナスを支給するほどです。企業によっては大学を卒業したプログラマーの給料は年収1000万円ほどに迫る勢いでもあります。一方、プログラミングのコースを提供している学校は十分にあるわけではありません。又、ただコンピューターサイエンスを教えればいいということでもなく、楽しんで学んでもらう事も重要です。

ところがその分野に興味をもってもらうために若い時から子供達に教育の機会を与えたくても、教える先生も足りないというのが現在の状況です。
そこで昨夏マイクロソフトとグーグルは営利、非営利も含めマサチューセッツでのコンピュータサイエンスの教育を広げる為に、 MassCanと呼ばれる団体を作り公立学校でのコンピューターサイエンスの必修化を促進させようとしていました。が、コスト面で上手くいかず、ナショナルサイエンスセンターと Code.orgから150万ドルのファンドを集め現在、MassCanとそのパートナーたちはマサチューセッツの公立高校でコンピュータサイエンスの基礎講座を教える先生を教育しています。9月までに新学期から、800から1200人の生徒に教えることになる60人の教師を教育する予定です。

もしMassCanが州や財団、個人からもっとファンドを集められれば、十分な数の教師を教育でき5年以内にほとんどの公立高校でコンピューターサイエンスの授業がうけられるようになる予定ですが、どの程度の人材を育成する必要があるかということを考えると、企業側のイニシアティブがより必要になってきます。
例えばマイクロソフトはTEALS (学校におけるテクノロジー教育とリテラシー)というプログラムを運営して15年ほど前から地元の高校にボランティア教師を派遣しており、教える内容は、大学の教養課程で習う程度のコンピューターサイエンスの基礎講座ということです。

***

テック関連の分野に関しては、産業が必要な人材を育てる為に、営利、非営利を含め様々な努力しているのが、見えるのですが、人材不足といっている他の分野はどうなのでしょうね。実際の企業の人がきて、自分のやっている勉強が将来どういうふうに職業に展開しうるのか、ということがわかると、いろんな意味で勉強のモチベーションがあがりそうです。
コンピュータに関わる知識や技術がある、ということと人に(得に子供に)物事を上手く教えるということは必ずしも一致しないことから、教育現場の混乱は察しできるような気がします。。。

ボストンと東京をつなげてのもの作り、NASA ボストンハッカソンイベント

4月12日、13日に全世界でNASAハッカソンが行われました。全世界から40以上の国が参加してこの2日間にNASAのビックデータにアクセスすることができ、NASAの出す課題に関連したアプリケーションを作ります。ボストンでもCIC(ケンブリッジイノベーションセンター)において初のBoston NASAハッカソンのイベントが開催されました。日本でも最近きくようになってきましたが、ハッカソンとは「ハック」と「マラソン」からの造語であり、同じテーマに興味を持った開発者、デザイナー、エンジニア、企画者等が集まり、協議・協力しながら集中的にコーディングを行う催しです。https://2014.spaceappschallenge.org/

企業内でハッカソンをするともし面白いアイデアがでれば、そこからアイデアが商品化されるという機会もありますし、ハッカソンのスポンサーになれば、その場で仕事ぶりを確認できるので優秀な人材をリクルートする機会にも恵まれます。一人で参加しても、その場でチームを作って、いいものができればそこから起業する機会に恵まれるケースもあります。うまくプログラミングするだけでなく、いいアイデア、グループの中でのコミュニケーション力、チームワーク力、プレゼン力、色々な要素がからんでくるので、チームの中で個人の力を最大に生かすことが求められます。

さて、今回はボストンでの初めてのNASAハッカソンになりましたが、その中で更に4チームは日本で同時開催しているNASA東京ハッカソンの参加者と一緒にジョイントチームを作り作品を作っていきました。これは昨年9月にボストンのMITメディアラボで開催されたイノベーションと起業に関するフォーラム(ボストン日本総領事館、ハーバードビジネススクール共催)でだされた、”ボストンが日本におけるイノベーションと起業を促進させる為にどんなことができるのか”、という課題に対して答える為に結成されたチームBInnovative がオーガナイズした4チームです。

今回は日米にまたがってのリモート作業、しかも語学の壁もあるということで、ハッカソンが行われる2週間前にすでに、どういうアイデアがあるかをアイデアソンでだしあい、チームも作り、下準備をしました。準備段階での日本からだされるアイデアがデザインや遊びの要素が強い物が多い一方、ボストン側からのアイデアがどんなふうに宇宙空間や実生活で

DSCN1535

DSCN1557

役立つのかという要素が強い反面、技術的にもすぐにできるの?というものもあり、これはどうなるのかなあ、思っていましたが、参加者もソフトウェアのエンジニア、ハードウエアのエンジニア、MBAを卒業した人、日本語が得意なアメリカ人、中国人、韓国人と様々な分野から多様な人が組合わさる事で、おもしろい提案がでてきました。

例えば、世界のどこで地滑りが発生するかを予測するアプリケーションや、宇宙空間に長く滞在する宇宙飛行士の精神状態をチェックするためにグーグルグラスのようなめがねをかけることで、顔の表情の変化から5つの感情を読み取り精神状態を把握するというアプリなど、をなんとか形にまとめあげました。今回結成されたボストンと東京を結ぶチームは、実用的な、問題解決策を提示し、ハッカソンを通じて、すぐにでも商品化できそうなものが作れる可能性がある、と思ったことでしょう。

ボストン側から参加した多くの学生はこのように、週末のみでボストンと日本という距離の差、そして言語の差も乗り越えリモートで作品を作り上げることができたということはこれからの社会人生活でも役に立ついい経験であり、自信もついた事と思います。

表彰式がおわった後も、居残り、作業を続けていたチームもいて、チームの中で互いに能力を褒め称えていたのが印象的でした。

DSCN1603

ティーンエージャーの作るアプリは世界を変えられる?

タフツ大学の電気電子工学部のパネッタ学部長と、IEEE(電気・電子分野における世界最大の学会)が13歳以上の学生を対象にヘルスケア、教育、クリーンエネルギーといった分野の世界の問題を解決するアプリを開発するコンテストを開催することになりました。目的は携帯を使って世界の低所得層者を援助することです。(3月8日ボストングローブ)

先日のハルトプライズ でも提案されていましたが, どんなに貧しい所でも、携帯電話は普及しています。水を得るのが難しくても、携帯はあるというのが現実なようで、電気やガスが通る前にインターネットが通じる可能性という事を考えると、アプリで問題を解決するというのは十分あり得る話です。パネッタさんはクリントン元大統領がスピーチでモバイルのアプリが2010年のハイチの地震での救助やその後の復旧に役立ったというのをきいてこのアイデアを思いつきました。

このコンテストには18歳以上の人も参加できます。18歳以上なら実際のソフトを作る必要がありますが、13〜17歳の子供達はアプリを作る必要はありません。彼らはそれがどのように機能するのかというアイデアとスケッチがあれば参加できます。賞として、iPadエアーがもらえたり、IEEEのエンジニアがそのアプリを実際に作るのを手伝ってくれたりします。

アプリコンテストはIEEEが発展途上国での国際プロジェクトを援助するためにクリントングローバルイニシアティブの協力をえてたちあげたApp-E-Feat(アップイーフィート)というサービスに注目してもらう為に、そして又、ソフトウエアのエンジニアを育てる為にデザインされたものです。パネッタ学部長は発展途上国やアメリカ国内でも広く問題を解決する為にモバイルのテクノロジーは使えると思っています。IEEEには40万人のエンジニアがおり、2月の中旬には500人のボランティアが集まりました。

コンテストに、現状興味をもっているのは女の子が多いそうです。
子供たちは人間関係や環境を意識しています。
友人関係を良好に保てるように、関係が悪くなりそうなら警告サインをだしてくれるアプリや、環境問題も人気のあるテーマです。例えばグーグルマップ上で清掃されるべき場所が示されるアプリとかに注目が集まっているようです。

App-E-Featコンテストは5月19日が締め切りで6月20日に受賞者が発表されるとのことです。

電気工学の分野では女性は圧倒的に少ないのですが、女性の学部長が先頭にたつことで、女の子達も敷居が高くなく参加できるのかもしれません。
確かに子供の視点って、余計な邪心がないので事の本質をついていたりします。子供心のある、単純にこんなのあったらいいな、っていうものが世界をよりよいものに変えていく可能性は十分にあると思います。いいアイデアとソフトウエアを作る能力があれば、中学生でも世界をかえることができるということを感じられる取り組みは子供に夢を与えることになりそうです。