あらためて、マスチャレンジCEOにきくその立ち上げ 、ビジョン、そして特徴-その2-

(あらためて、マスチャレンジCEOにきくその立ち上げ 、ビジョン、そして特徴-その1-の続き)

プログラムが安定するまでに3〜4年かかりました。

今ではネットワークがメキシコ、イスラエル、スイス、ロンドンと広がっています。規模が大きくなると、いいことはボストンで解決できなくても、ロンドンやスイスで解決できるかもしれない、他のネットワークの中に答えがある可能性があり互いが助け合うしくみができてきたと同時に卒業生が増えてきて今後そのネットワークをもう少し活用することができるようになります。とりわけ最終選考に選ばれる26社の成功率がかなり高く質のいいスタートアップコミュニティーを作ることに成功しています 。一方、場合によってはチームが分裂したり、解散することもありますが、個々の能力が高いことが多いので、そのコミュニティーにある他の会社に就職したり、マスチャレンジそのものに再就職する場合もあります。

オフィス部分のスペースは当初はやはり、スペースを区切って個々の会社のプライベートスペースを望む会社も多くあったのですが、オープンスペースにすることでより協働がしやすくなることが相互にわかり、今ではミーティングスペース以外の全てをオープンスペースにすることで互いに助けあう環境を作っています。100社以上が一緒にいることで自分たちが弱い分野を補完してくれるようなスタートアップをみつけることができます。

いいコミュニティーをキープするためにはスタートアップの数以上に質がとても大切、その質を見極めるのは非常に難しいです。(特にVCの世界では失敗するスタートアップはわかっても、成功するところを見分けるのは非常に難しいといいます)始めのエントリーではオンラインのみで人を直接みることをしないので、人種のバイヤスはかかりません。書類は5、6人のジャッジが採点をして、ふるいにかけて、最終的にはそのエントリーロケーションでのピッチをすることでプログラムに参加できるファイナリストがきまります。実際は40%ほどが女性の起業家たちで実は、女性のほうが成功率も高かったりするそう。

特徴

・通常、インキュベーションやアクセラレータでは資金提供を受ける代わりに参加会社の株式を譲渡する必要がありますが、これがないこと。これが世界で一番起業家フレンドリーなアクセラレータといわれる所以です。その上、コンペで勝てば賞金をもらえて、その他様々なメンターからの指導やイベントに参加しながらネットワークの構築、学びの機会が多いですが、金銭的な負担がかかりません。

・オープンプラットフォーム

通常のインキュベーションのようなところは閉鎖的なコミュニティーになりますが、マスチャレンジは4ヶ月のうちに内外にひらかれた多くのイベントを開催しており、一般人もイベントに参加できるので様々な人たちと関わることができます。

・スポンサーが、とても満足していて9割以上が続けてスポンサーになっていること

質のいいスタートアップやそのコミュニティーにアクセスできること、またスポンサー会社にも学びの機会を提供できるのでスポンサーも満足しているということが背景にあります。

・スタートアップだけでなく、団体、法人、地域社会がみんな得できるような形であること

参加スタートアップが成功していくことは、それと協働したい大企業にとってもいいことですし、雇用が増えて地域社会も潤います。外国の団体も含む各種団体もパートナーシップを組むことで横の繋がりも広がります。

・参加したスタートアップの満足度も非常に高いこと

参加スタートアップもネットワークが広がる、VCへのアプローチの機会が広がり スケールアップにつながっています。

関連記事:あらためてマスチャレンジCEOにきくそのたちあげ、ビジョン、そして特徴-その1-

関連記事:マスチャレンジ2016-とうとう日本人が登場!

 

高校生のための、将来の働き方を考えるツアー

以前から日本の大学から研修のような形で、アメリカの大学に話をききにくるツアーといったものがありましたが最近、ボストンのほうまで来る高校生のツアーが特に増えてきています。先日日本からきたスーパーサイエンスハイスクールの学生を対象にミニツアーと講義、ワークショップをする機会があり非常に好評でした

彼らの目的はMITやハーバードで働いている人たちの話をきいたりしながら現地の空気にふれて、留学意欲を高めたり、将来の目標を決めるのに役にたつような経験をしてもらうことのようです。

いい大学をでて、いい会社に入ることで一生安泰という時代は終わったと思っている人たちがいる一方、安定する生活を望んで、一流会社に入ろうとする人たちは減りません。

実はS&P(スターンダード&プアーズ)の500社の平均寿命はかつては50年以上だったのに徐々に縮み、今では25年以下になっています。それは何を意味するかといえば、親の世代で一流と言われていた会社が、子供が成人し就職する頃にはなくなっている可能性があるということです。

そのスピードはどんどん、加速しているのが現状で、今の高校生が就職する頃には、働き方そのものがすっかり変わっている可能性さえあります。

そういった事情を背景に最新のコワーキングスペースで働くスタートアップはどんなふうに働いているのかということを見学しながら高校生に将来の働き方を考えてもらいます。そして自分が望む未来の為にどこにいけばどんな教育をうけられる可能性があるのかということを、日、米、欧の教育を比較しながら説明し、そしてその為に今何をすべきなのかをお話をしたいと思います。

場所はケンブリッジ内(ケンダールスクエア)所用時間はツアー+参加型講義(質疑応答含む)で1時間30分程度を考えています。料金は参加人数によって違うのでお問い合わせください。

TEDx Cambridge2016は 巨大な目にみつめられながらボストンオペラハウスで

7年前に始まったTEDxケンブリッジ、教室の1部屋をかりて始まったこのイベントは、会を重ねるごとに大きなイベントになり、とうとうケンブリッジにはこれだけの人を収容できるスペースがないということで、今回はボストンのオペラハウスでやることになりました。この場所を選んだのはディレクターのDmitriらしい選択です。トークが始まる前にダンサーの公演があり、ステージいっぱいに見事なパフォーマンスをみせてくれました。そしてニューロサイエンス、食、コンピューターサイエンティスト、、、6人ほどのスピーカーがそれぞれの世界をみせてくれ最後は音楽の締め、と、オペラハウスの演出を見事にしてくれました。コンサートもそうですが、どこにいてもネットやテレビでほとんどのものが見えてしまう分、生の世界でどれだけインパクトがある世界を作れるかというのが重要になっています。

TEDxケンブリッジではいつもイノベーションラボというコーナーがあり、イノベーション系のスタートアップや企業が出店するのですが、今回のもう一つの主役、それはドローン。これはスイス連邦工科大学からのスピンオフの会社が作ったドローンです。
http://www.aerotain.com/

ドローン

ドローン

クラシカルなオペラハウスの中に、大きな目を描いた、直径2メートルくらいの玉がふわふわと浮いているのは圧巻でした。中にはヘリウムが入っていて、コンピュータでコントロールします。持ち運び時は風船のようにヘリウムを抜きたたんでしまえばトランクにおさまってしまうということ。トランク2つと2人いれば、すぐ仕事にとりかかれるというとても経済的なものです。カメラをつけて会場の様子を撮影していきます。大きさも様々あり、会場の仕様、目的に応じてデザインもかえるそう。
宣伝やスポーツ会場やコンサートなどの撮影に便利です。

IMG_drone 2

雇用は戻っても、給料は減っている中、どんな職業を選ぶべき?

マサチューセッツ州は高等教育機関も多いですし、教育熱心な州でもあり、連邦準備銀行の調査によると、住人のほぼ半数(48%)が少なくとも学士以上の学位をもっています。

一方、学生ローンが増えるなか、若者が仕事をみつけるのも難しくなっています。アメリカの失業率は5%程度ですが、そのうち20歳から24歳の若者に関しては10%で、ニューイングランド地方の25歳から29歳の住人の三分の一は大学を卒業することができずに負債を抱えたままでいます。
ということは、若者がこの先、車や家を買うというのはますます難しくなりそうです。

労働統計をみると、ニューイングランド地方では学士の失業率は3.5%、修士2.8%,特別なプロフェッショナルな学位を持つ人の場合1.9%,しかし、逆に博士は2.1%と増えています。そう考えると、プロフェッショナルな学位、例えば、看護士、エンジニア、医者、ロースクールとかMBAとかでしょうか、そういった学位をもつことは、学費がかかったとしても、その後の失業率は一番低いようですね。それでもボストン財団と労働省の調べによると、2014年の週平均の賃金がマネージメント職では高い(週平均2814ドル)割にリーマンショック以降の雇用の伸び率はかなり低いということで、マネージメント職は狭き門といえそうです。

また2022年までに予測される職業の増加率と給料額をみてみると、看護士が20%弱の伸び率で年収65000ドルと、例えば学士をとった会計士よりも(年収63550ドル)給料が高いということが起きています。投資リターン率と雇用リスクを考えると、MBAより、看護士になったほうが割がよさそう?
9月22日のボストングローブ  によると、リーマンショック以降雇用は回復したものの、その多くは低賃金のものだといいます。伸びている分野はヘルスケアと専門技術職、及びホテルや食に関わる仕事となっていますが、食の分野は週給552ドルとなかなか厳しいですね。

その結果インフレを考慮するとボストンの家計の中間値は1990年よりも4%減っている一方、上位5%の所得は42.5%の増加だということ。結局自分が好きで得意なことと、世の中に必要とされている職業が交差するところをみつけるのが鍵のような気がします。

関連記事:
ボストングローブ8月19日

人種差別、男女差別となんでも差別にする傾向がどんどん強くなってる?

アメリカの教育省が、ハーバード大学が入学選考時にアジア系米国人の志願者を差別しているとして、アジア系米国人の64団体から成る連盟が米教育省公民権局に異議を申し立てた件で、同省はこの申し立てを却下したとの報道がありました。
実際、ハーバードでは(学部)アジア系が21%はおり、ダイバーシティーを重要視する観点から、申し立ては却下されたということです。これは優秀なアジア人が増えている中、ここでうけいれてしまうと、ハーバードだけでなく、アメリカの一流校全てにおいてこの割合がどんどんあがっていってしまうということを避けたいということはあるでしょうね。
個人的には世の中に数万とある学校の中である一つの大学に入るということは運とか、学校との相性というのがあって完璧なCVや点数だけでは決まらないというほうがかえって自然な感じがしますけど。。。

それにしてもアメリカ社会、人種差別、男女差別、となんでも差別にする傾向がどんどん強くなっているじゃないかと思うことが、またありました。
ボストン美術館のモネの『ラ・ジャポネーズ』という絵画の前で、絵画に描かれている着物と同じレプリカを試着することができるというイベントが人種差別だ、帝国主義的だという抗議をうけて取りやめになりました。でもこれ抗議しているの日系人でもなく、モネの絵の前で着物をきてみることのどこが帝国主義で、人種差別なのか、全く意味がわからないのですが、逆に、日本人に対する抗議なんですかね?

ボストン美術館FBページより

ボストン美術館FBページより

人種や文化、男女の差別ではなく違いなんだということがわからないと、そのうち、子供が産めないのは男女差別だ、とでも言い出す人が出てくるかもしれません(笑)

関連記事:
アジア系アメリカ人に訴えられたハーバード大学