製薬ビジネスディベロップメントの専門家にきく、日本市場にかける思い

日本の社会も女性の活用というものを真剣に進めなければいけなくなってきました。

この女性のインタビューシリーズでは、様々な生き方、働き方をしてグローバルな市場で活躍している女性達にフォーカスを当てていますが、今回の女性は非常にダイナミックな方、グローバルな製薬市場における製薬ビジネスディベロップメント(新規事業開拓)の専門家であるアニー・ベダード(Anny Bedard)さんです。アニーさんは、製薬会社シャイアーで副社長及び、 日本とアジア太平洋地区のゼネラルマネージャーを努め 稀少、難病疾患治療の為の製薬を世界で販売するために、南アメリカ及びアジア各国において、ビジネスをたちあげてきました。そんな彼女に日本のことや自分の強みをどうみつけていくのか、そしてこれからの展望をききました。

彼女はカナダケベック州出身のフランス系カナダ人で、サイエンス、バイオケミストリーを勉強した後、製薬関連の マーケティング、営業の仕事を始めとし、カナダ(フールニエファーマ)、フランス(フールニエファーマ)、アメリカ(セロノ、シャイアー)と拠点を移動させてきました。

—世界中を移動されていますが、引っ越しを伴う移動の際は、何を基準に決断するのですか?
私は何か新しいことに挑戦することやクロスカルチャーの環境で働くことが好きです。上司に恵まれたというのもありますが、周りにもチャンスがあったらどうしたいのかという自分の意思を伝えておくということも大切です。

—新規市場開拓というのはどこの国でしてきたのですか?随分時間もかかりますよね?
メキシコ、ブラジル、コロンビア、日本、韓国、台湾等です。1つの市場に大体、1年くらいかかります。10人くらいのチームで市場の大きさ、法規制といったようなことを調べる市場調査をして販売ルートを確保します。ジャングルの中に道を作るようなもので、とりあえず市場を開拓し、基盤を作ったら後の人に引き継ぎます。遺伝性の稀少、難治性疾患というのはとても限られた市場です。より患者の方に近いところでビジネスができるのが魅力的です。

—南米とアジアって文化も、人のメンタリティーも全然違うと思うのですが、大変ではありませんでしたか?
私は何かに挑戦するのが好きですから。(笑)
そうですね、確かに、ブラジルと日本は全然違いますね、ブラジルには日本人がたくさん移民として住んでいますが。アジアと一言でいっても中国は日本とは全然違いますし。特に日本や韓国は男性社会ですね、でも日本人の女性は本当に優秀な人が多いですよ。信頼もできるし、きちっと仕事をするし、オーガナイズもできている。
でも、自分の箱の中からでることも大事ですよ、それには変わる勇気やガッツは必要です。

—日本の社会の特異性はなんでしょうか。
仕事における価値観というのは西洋と日本では違いますね。自分が日本市場に参入するときは、長年日本に住んでいるアメリカ人と西洋人の考え方がわかる日本人のコンサルタントの方に 色々教わりました。特別だと思うのは、結果以上に過程を重要視することでしょうか。あと、仕事が細かく細分化されているので、人がたくさん必要ですね。

—どうしたら自分の強みを発見して、自分の得意な分野で仕事を続けられると思いますか?
必ずしも、全ての人が好きなことや得意なことを仕事にできていないかもしれません。私は1年の終わりにはいつも、今年成し遂げたこと、反省点、来年に持ち越す課題というのを洗い出して、自己評価をします。そしてそれを又第三者からも評価してもらいます。そうすると、自分の強み、得意なこと、好きな事が見えてきます。好きなこと、得意なことが仕事の中でより生かせていればいいですし、そうでないなら現在満足できているかを確認することは大事です。

さて、彼女は次のステージ、起業をするために 準備をしています。

—これからのビジョンは?
日本が大好きだしとても素晴らしい国だと思います。しかもアメリカ、ヨーロッパに続き、製薬市場として大きなもので、非常に魅力的です。遺伝性の稀少、難治性疾患治療の為の製薬や処方箋の必要な特殊な薬を扱う規模の小さな会社やスタートアップが 日本市場に新規参入するのを手伝うようなビジネスをしていきたいと思っています。
それと同時に日本の女性達にも頑張ってもらいたいです。特に製薬産業にいる女性達がもっとオープンになって、活躍できるように手助けをしたいと思います。

—私は以前、日本にいる外国人CEOから、外国に住んでいた人と一緒のほうが働きやすいし、そういう人を採用したい、ということをききました。
そうですね、でもだからといって全員が外国で研修や留学できるわけではないですし、日本しか知らない、日本語しかわからない人にいきなり、グローバルになれというのはフェアではないです。
外資系の会社にいる人達や、外国帰りの人達というのは社会を変えていく上でいい人的資源になると思われます。彼らに手伝ってもらって人的ネットワークを作っていくとか、例えば、パーソナルディベロップメントプログラムのようなものを作って一つずつ階段を上っていくようにするとかという方法が、個人レベルでできることかもしれませんね。

* * *

とてもエネルギッシュな方で楽しそうに話されるのですが、よくよくきいていみると本当にすごい事をされている方です。世界を股にかけて活躍とはまさにこういうことをいうのだなあと思います。
お話をきいていて個人的には日本の規制の多さ、書類の多さ、 根回しの必要性、コミュニケーションに時間がかかる、といったことが仕事の効率性を下げている可能性があるように思いました。英語で書くと簡単なことでも日本語にすると、 文章が長くなりますし、それだけ、気を使って書いて、なかなか核心に話がこないというのは、日本語や日本文化の特徴なのでしょう。

女性を活用し、少子化をとめる為には労働の生産性をあげて、人が働きやすい環境を整え、男女ともに長時間労働から解放されることが必要 ですね。そのためには外部の成功例を見たり意見をきくことは参考になります。

アニー・ベタードさん

アニー・ベタードさん

チアで人材育成を目指す、CHEERMAX代表 IKUさんの話

アメリカの高校でかわいい子はチアリーダーというイメージがあるのですが、チアは実は、一歩間違えればとても危険なスポーツです。しかし、そのチアやダンスを通じて個々の運動能力や思考能力を高め、社会との協調性、国際性など、国際プログラムを展開することによってこれから世界を舞台に活躍する人間が一人でも多く育てばと願い頑張っている、 CHEERMAX代表 Ikuさんを紹介します。

Ikuさんは小、中学校をアメリカ(カリフォルニア)で過ごし、高校時代に日本に戻ってきました。高校で、チアリーディング部に所属してからずっと、チアやダンスを続けています。
現在好きなことを仕事にしている彼女、どうやってその流れを作ってきたのでしょうか。

Q:大学では何を勉強して、その後はどういう仕事をしたのでしょう?

青山学院大学の英文科を卒業してから、ナイキに就職しました。大学時代に小林克也さんの事務所でバイトもしていたので通訳も含め、”話す仕事”をするチャンスはありましたが、どうにもしっくりいかず、考え抜いた末、ナイキというメーカーがブランドとして好きだから、という理由できめました。エアロビクスの指導もできたので、その自分を最大限に評価してくれ、仕事を任せてもらえたことは非常によかった。マーケティングの担当で、仕事に面白みを感じていましたが、一方で知識が足りないのも感じました。そこでもっと勉強したくて青山学院大学の国際政治経済学部でMBAのコースをとりました。そして、その後、アディダスジャパンの立ち上げに伴い、メンバーを募集していたので、転職しました。ナイキにいる時は、感覚や経験値でやっていたことが、MBAのおかげでアディダスでは、知識も伴って、具体的に戦略がたてることができました。

Q:チアをずっと続けているわけですが、その動機はなんでしょう?

学生の時に、ダイエットから拒食症になった友人を真近にみて、ダイエットでなく、女性に運動をして健康的にやせてもらう為にはどうしたらいいのかと考えるようになりました。
とりあえず、格好から、素敵なファッションから入るのではいいのではないか、またチアというのも一つの鍵になるのではという視点からチアやダンスでネットワークを作ることをしています。
アディダスにいる時にスポーツウエアをスポーツ売り場にでなく、ファッション系の百貨店にファッションブランドとしておいてもらい、トップエンドのファッション雑誌でプロモーションをしました。その後のマラソンブームやファションとスポーツウエアの融合ということに少なからずの貢献ができたかと思います。

Q:CHEERMAXはどうやって作ったのですか?

大学の時にいたチームを社会人になってから離れ、93年には自分のチームCHEERMAXを立ち上げました。始めは友人4人で始め、自分達が踊ったり、大会にでたりしていたのですが、学生時代からダンスをやっていた関係で多くの関係者が出番をオファーしてくれて、だんだんメンバーも増えていきました。ちなみに指導を始めたきっかけは先輩のピンチヒッターで、はいったことですね。

Q:今はどんな仕事をしていますか?

アディダス在職中から、USAジャパン(アメリカ西海岸のチアリーディングスポーツエンターテイメント普及団体)の顧問的な役割を果たしていました。一時期は専門で経営企画などをしていたことでたくさんのことを経験し、学びました。現在はチアスクールの運営、指導員の派遣や幼稚園のアフタースクールプログラム等への講師の派遣といったところでしょうか。

Q:将来の展望は?

自分達のスタジオをもつことですね。スポーツ留学を斡旋したり、指導者の育成にも力を入れていきたいと思っています。

***

彼女の決断力、それはどこからくるのですか?との問いに、”カン”との答え。”昔から、カンが強いのですが、信じる気持ちが強いんですよね”、と笑う彼女。
にこやかな笑顔の裏に、とてもシャープな、無駄のない感じがしました。時代の流れを読む、カンは元々もっている才能が、経験によって更に磨かれシャープなものになったのでしょう。
現在は250人ほどの生徒をかかえるCHEERMAXですが、ダンサーとしてだけでなく、人材を育てるほうになりつつある彼女。優れたマーケターとしての彼女が今度は更なるトレンドを作ってくれそうな感じがしました。

バイオ産業のカタリスト、投資家でもある女性起業家の話(2)

バイオ産業のカタリスト、投資家でもある女性起業家の話(1)からの続きです。

ーところで、ヨーロッパの女性のほうが自然に働きながら子育てをしているのを感じるのですがどう思いますか?ご自身は、二人のお子さんを育てながらスタートアップも2つ立ち上げ、大変忙しいと思うのですが。

確かに、ヨーロッパでも子育てしながら働くのは普通なんですが、別に外で働かなくても、周りの人はその人の人生を尊重します。
でもここでは、お金を持ってくる人が尊敬されますね。だから、子供が小さくて働けないとか、他の理由で家にいる人が何かを逃してしまったという気持ちになるのかもしれません。それから、ここでは女性達が何かを怖がっているのを感じますね。。。アメリカではデイケアやサポートするインフラは充実していると思いますが、競争社会ですし、プレッシャーもあります。
だから私のいる会社では子供を育てる親達は、9時から5時までとかフィックスでなくフレキシブルに働けるようにしています、シングルファーザーもいますし。すると面白いことに3倍くらいはハードに働くようになったんですよ。

私は、ビジネスを作り上げていくのが好きなので、お金をあげるから頼むからうちにいてくれ、といわれても断りますけど。
でも、子供がいて本当によかったと思いますよ。大抵のいいアイデアは子供達と一緒に何かをしている時に得ます。自分の周りにも、キャリアの為に子供を断念している人がいますが、大事なものを逃していると思いますね。

私は一人目を生んで、6週間目で仕事にもどり、2人目の時は3ヶ月後にスタートアップを立ち上げました。確かに子供にはお金がかかりますけど、やはりそれも優先順位の問題なんです。あとは、いいベビーシッターがいることも重要です。

***

これまでに自分の道を進んでいる幸せな女性の起業家達と話してきて思うのは上手くやっている人達は、自分のしていることが楽しくて、本当にしたいことをしているということ。そして、誰かが損をするような、ビジネスをしないというのが、基本にあると思います。彼女も話していましたが、バイオの世界では非常に倫理観というものをとわれます。投資というとROIをまず第一に考えるはずですが、彼女が求めている世界は、患者中心の世界、患者にイノベーションをもたらす、 ということがゴールなのだと。治療の結果がでない為に、患者のために追加投資をしないケースもありますが、それでも色々なものに投資していけば、どれかが回収されるのでロングランでみる必要があるとのこと。投資家というのも数字の背景にある何に投資するのか、ということを見極めることがますます問われてきそうです。

私生活をみれば彼女もやはり優先順位が一番高いのは”子供”だといっていますが、ヨーロッパの女性は何かに依存する傾向はあまりないように思います。自分の人生だから、他人から見た自分の評価というのもあまり気にしないし、その人がそれで幸福ならそれでいいんじゃないの?で終わってしまう。アメリカでは“イメージ”というものをすごく大事にすると彼女もいっていましたが、他人の目を気にしすぎる事が、彼女の話していた“女性達が何かを怖がっている”事につながるのかもしれません。

バイオ産業のカタリスト、投資家でもある女性起業家の話(1)

今回はバイオ関連のシリアルアントレプレナーでもあり、投資家でもあるクリスティーネ•ブント(Christine Bunt)さんに話をきくことができました。最近彼女の属する会社の一つである、バイオのベンチャーキャピタル( 20/20 HealthCare Partners LLC)が彼女のリードでスイスの製薬会社ロッシュと提携しました。この提携では、中小企業やスタートアップに投資をする上で戦略的な位置に立つ事になるロッシュは、投資した先の企業の所有権は主張をしないという点(ボードに口をださない)が特徴的だということです。投資家目線で見た時に、投資先からリターンがあるのかという点が最大のポイントになるのですが、彼女は、イノベーションをいかに患者にもたらすことができるか、という事を一番に考えています。彼女の役割は、投資家目線で、投資するスタートアップを探し、また起業家目線で、よりいい、薬や治療を患者が受けられる為にどうやってイノベーションを患者にもたらすかということを考える起業家をサポートし、双方をつなぐ役割をしています。

常に患者の人生の質を高める為に、いかに製薬業界でイノベーションを起こせるか、ということを、目標に定めて活動してきたブントさん。私生活では、2人の子供を抱えてどのようにキャリアを歩んできたのでしょうか?

ードイツの大学を卒業していますよね?もともとは研究員ですか?

ええ、私はドイツで生物化学、免疫化学を勉強しました。その後スイスの製薬会社のロッシュに8年ほど勤務しました。もともとは研究者として診断事業部にいたのですが、その後、MBAをとるために、退職しようとしたら、会社側から、これからはビジネスがわかる研究者が必要だからといわれ、会社に席を残したまま、フランスのINSEADでMBAをとりその後はロッシュで製薬の開発や販売に携わるようになりました。
いい時期にいい場所にいたんですよ。

ーいい時期にいい場所にいた、とおっしゃいましたが、どうしてそういう流れになったのでしょう?その決め手は?

人生の選択をする時に最終的に判断するのは直感です。大学をでて一番始めの就職先を決める時に、一般企業にいくか、マックスプランク研究所(ドイツを代表する学術研究機関)にはいるか選択肢があったのですが、周りの人はみな研究所にいけといいました。若かったし、その時は給料というのは、判断基準にはなりませんでしたね。その選択をするときの基準は自分が何を目指しているのかという点で、私の場合は日々新しい研究成果や、治療法、薬が生まれますがそういったイノベーションを患者にもたらしたい、ということでした。そこで、皆の反対を押し切ってロッシュにいったのです。

ーアメリカにきたのは?
アメリカにきたのは自分の為ではなく、夫の仕事の関係でした。夫がニュージャージーで仕事をみつけ、それについてきました。小さい子供を抱えていましたが、すぐにMerck研究所で仕事がみつかり、7年ほどはMerckにいました。それから、自分でスタートアップを始めたのです。

ーMBAではビジネスを立ち上げることを学びましたか?
いえいえ!
私はINSEADというフランスのビジネススクールでファイナンスのMBAをとりましたが、実際小さなスタートアップでどうやって収入がないのにビジネスを始めるか,資金調達や、チームを作るのかということは、スタートアップで経験して学びました。

スタートアップは失敗するものです、失敗して学ぶことが大切なのです。とくに私の関わるバイオビジネスは非常にたくさんの資金が必要です。アメリカは得に、ベンチャーキャピタルが多いし、ビジネスはしやすい環境にあります。
(続く…)

女性に自信をもってもらいたいと願い活動するイメージコンサルタント -DK Aspect-

世界中で活躍している女性の起業家を紹介しているインタビューシリーズですが、今回は子供を育てながら異国の地で起業をした女性を紹介します。 

ドリス•クリートマンさんは世界でも103人しかいないAICI(国際イメージコンサルティング協会)に属するイメージコンサルタントです。
政治家や、エグゼクティブ、医者、病院等、個人、法人のクライアントを多数抱えアメリカに限らず、ヨーロッパでも活躍しているドイツ人の女性です。

彼女はもともとドイツで看護師として仕事をしていたのですがご主人の転勤に伴い、20年以上前にアメリカに引っ越してきました。


http://dkaspect.com/

ーアメリカにきてまず何をしたのですか?

ビザの関係で、仕事もできなかったので、近所にあったカレッジに通いました。そこでビジネスのコースをとってこれは面白いと思い、そのままMBAをとりました。その後、バイオスタティスティックを学び、数字の世界、JPモルガンにいったのですが、これは自分の世界ではないと感じ、そこで今まで習った事やスキルを全て使って何ができるのだろうと考えたのです。

ー具体的に自分のもっているスキルセットからどうやって今の仕事を選んだのですか?誰か手伝ってくれる人がいたのでしょうか?

それまでの経験上、女性は自己評価が低いと思っていて、もっと自分に自信をもってもらい自分の評価をあげてもらいたいと思っていました。
私は心理学も勉強して自分に自信をつけるということが大事であると確信していて、人に対していいイメージを与えることができれば、結果的には自分に自信がつくということもわかっていました。そこでイメージコンサルタント、パーソナルブランディングという分野を調べ、ボストンにいるイメージコンサルタントをしている女性をみつけ、連絡し、会食する機会を得ました。その日彼女と3、4時間は話したでしょうか、彼女が最後に ”私があなたのメンターになります、”といって雇ってくれたのです。彼女のもとで仕事を手伝いながら、イメージコンサルタントの学校に通いAICIの資格をとったのですが、5年はかかりましたね、そして自分の会社を立ち上げ今は政治家や、エクゼクティブ、だけでなく、病気や放射線治療等でメンタル的にもダメージを受けている人達の内面のサポート、外見のイメージを変える御手伝いもしています。

ー自分が生まれながらにもっているであろう能力、もしこの能力がなければ今の仕事ができなかったという能力はありますか?

それは私がもっている起業家精神です。リーダーであり、人と一緒に働けて、人にモティベーションを与えられる、バランスを見つけることができる、優先順位をつけられる、ストレスに強い、長期的に物事を考えられるということでしょうか。起業家にとって最悪なのは自分のチームのモティベーションをあげられない事だと思います。

ーその能力はいつ自覚したのでしょう?

自分が人と上手くやれるということはずっとわかっていました。そうですね、幼稚園の砂場で遊んでいる頃から、すでにリーダーシップを発揮していたと思います。(笑)
大人になり仕事をするようになってからも、チームで働くことが多かったのですが、いつもみんながウィン-ウィンな関係になることを意識しています。自分だけ、彼だけ、彼女だけでなく、関わっている人がみんなウィンするような関係を作るのです。

ーどうやって最初のクライアントを得たのですか?

メンターと一緒に働いていた頃の顧客が転職をして、そこでコーチが必要で口コミで、紹介されたのです。自分の仕事のマーケティングをしたことはほとんどないですね。ただ、ネットワークを作る活動は活発にしていますが。

ー子供が小さい時からずっと自分の勉強もしくは仕事をしてきたわけですね。

はい、私は常に何かをしていないと気がすまないんですよ、家にずっといて幸せな人もいますが、私にはそれはできません。でも家庭があって子供もいたからこそ、自分のマルチタスクの能力が磨かれたと思いますよ。妻であり、母であり、義理の娘であり、女性は沢山の役割を果たさなければなりません。そうやって普段の生活でマルチタスクをこなしているのです。沢山の女性にはこの能力があると思いますが、私は男性でマルチタスクの能力が秀でている人にはめったに会った事がありません。仕事の大きさ、量やデッドラインにもよりますが、10から20くらいの仕事、プロジェクトは同時に進行できるでしょう、それには優先順位をつける能力は必要ですよ。それに、確かに子供が小さい時は大変でしたが、今は子供も成人して夫と別の社会をもっている自分がいて本当によかったと思っています。

***

20のプロジェクトを、同時進行って相当すごい、と思っていたら、彼女いわく、”だって、母親は子供を抱えて、料理をしながら、電話で話をするでしょ、そう考えると常に3つくらいのことは同時にやっているんですよ、みんな。” なるほど、でもやっぱりすごいですね。。。

許容範囲が広いけど、完璧を求める彼女。アメリカ人にはない、緻密さにドイツ人らしさを感じました。

彼女のクライアントは女性が多いということなのですが、ここ最近、離婚した女性がなんとか自分の生活を確立する為にまず、自分の姿、格好、から整えその後経済的にも安定し、もう再婚を望まないという道を進んでいる女性が多いといいいます。彼女いわく ”ほとんど最近の社会現象みたい” 、なんて笑っていました。

ドリスさんはもちろんすごく綺麗な人ですが、どんなステータスでいても誰かに依存しないで、いきていく女性の姿は美しいと感じました。