ボストンから学ぶ、イノベーティブで自立した人材の育て方(3 大学の役割 −その1−)

大学は学びの場であると同時に研究機関であり、人材育成をする場です。

日本のように、一般的に学士のレベルでは専門性が高くありません。よって、一度入学しても、途中で専攻をかえたり、そもそも、はじめから専攻を決めないで入学するということも可能でリベラルアーツ大学のように幅広く色々勉強してみて、最終的に専門的なことを学ぶ為に大学院に行くという考え方もあります。

研究機関としてはボストン周辺にはハーバードやMITを始め世界のトップレベルの研究機関が集まり、その研究は実用化され、ビジネスに結びつけることができるような仕組みが出来ています。

大学の起業支援

各大学にはそれぞれの大学発のスタートアップを支援する仕組み(例えばMITの場合、アントレプレナーシップセンターやDeshpande センター)があります。特にDeshpandeセンターはイノベーションテクノロジーの分野で豊富なメンター勢をプールしており大学での研究に対して金銭的に投資するだけではなく、 その研究をどのように製品化(サービス化)してどのように市場に出していくのかというところまでサポートします。最先端の技術を使って起業する場合、一分野の専門家だけでなく、複数の分野の専門家がサポートする必要がでてくることも多く、どの分野にどういった人材が必要か、又、どの分野とどの分野を掛け合わせたらいいかなど、幅広い分野にまたがりコーディネートもしてくれます。(ちなみにDeshpande Centerでは、そのしくみを海外の大学にも公開しています。)

MITではMBAプログラムを提供するスローンスクールや、賞金100K(10万ドル)をかけた起業コンペがありますが最近はそれだけでなく、MITは周辺エコシステム全体を盛り上げるための仕組み、Engineというアクセラレータプログラムを始め、MITからのスタートアップだけでなく、周辺エコシステムを強化するプログラムを始めました。通常大学が運営するプログラムは少なくとも参加チームの一人は大学の学生である必要があったり、学校によってはかなり閉鎖的なプログラムも多いのですが、Engine はボストンのエコシステム全体を底上げするようなプログラムであるのが特徴です。一方、ハーバード大学はハーバードの学生のためのアントレセンターであるHarvard i-labや ここ最近ではライフサイエンススタートアップのためのインキュベーションを新しく立ち上げました。しかし、あくまでもハーバードのコミュニティーのためということで、両校のスタンスの違いが明確に出ています。2017年夏には稼働予定でMIT内外より既に150億ドル以上の資金を集めています。ボストンエリアで特徴的なのはMITや、ハーバード、ボストン大学といった通常の大学のみならず、バークリー音楽大学のような専門性の高い大学でもビジネスと結びつけるようなプログラムを提供することで学生が専門性とビジネスを結びつけられるような 機会を提供していることです。

欧と米の対比 参考1

ちなみにEntrepreneurship and Innovation at MITのリポートによると、アメリカで新しく設立されたビジネスの約50%が5年以上存続し、10年続くところは35%だと言いますが、MITの卒業生が起こした会社の80%は5年以上存続し10年存続するのは70%になると言います。

一方、世界ランキングではアメリカ以外の工科大学ではトップに立つ、スイス連邦工科大学チューリッヒ校(ETH)からのスピンオフの業績とスイス経済に与える影響を分析したリポートがあります。ETHの学生(もしくは卒業生)が立ち上げた会社は立ち上げ5年後の生存率が92%でこの生存率はスイスで誕生したほかのスタートアップより40%も高い数字になるといいます。(これは1973年以来ETHからスピンオフした企業、315社を追って調査したもの)これは絶対数がすでに少ないということもあるとは思いますが もちろん数字上の裏付けはないものの、スイス人も日本人に似て慎重であり、リスクテーキングをしない、失敗が許されにくい社会であるということがあるのではないかとの分析があります。マイナス部分を逆手にとって起業のハードルが高いことがかえって起業の成功率をあげているのかもしれません。

参考記事:

バークリー音楽大学の起業教育

進む大学のイノベーション教育

大学での起業教育がトレンディー、ボストンカレッジも創設するアントレセンター

タフツ大学が取り組む起業教育

大学による、生き残りをかけた起業教育

 

 

 

広告

ボストンから学ぶ、イノベーティブで自立した人材の育て方(2 なぜボストン?)

 

なぜボストン?

ボストンはマサチューセッツ州にあります。アメリカの中でみると大変小さいこの州。(アメリカの州の大きさランキングでみると、下から8番目)州の大きさは約27336 平方キロメートル、イメージ的には秋田県と岩手県を足したくらいの大きさになります。

この州には高等教育機関が約120ほどあり、(無認可を含めると300近くあるそう)そのうちボストン近郊には35ほどで、世界で一番、ノーベル賞受賞者が集中している場所です。日本から見ると、ボストンと一括りに見ますが、アメリカで一番古い大学であるハーバード大学(1636年設立)を始め、エンジニアの最高峰MIT(マサチューセッツ工科大学)はボストン市の隣にあるケンブリッジ市にあります。ボストン市と其の近郊にはタフツ大学、ボストン大学、ボストンカレッジ、アントレプレナーシップで有名なバブソンカレッジ、全米でも1、2位のリベラルアーツカレッジである、ウィリアムズカレッジやアムハーストカレッジ、優秀な女性政治家を輩出しているウェルズリーカレッジ...と世界に名だたる大学が多数あります。

そんなボストンには大学の研究と起業を結びつける仕組みが整っており、学生の起業を支援するプログラムが充実していることから大学発の研究からスピンオフしたスタートアップがたくさんあります。Kauffman Indexによると2016年にボストンエリアで活動しているスタートアップ数は 1869社にものぼります。そして、 移民の創設者の割合が30%、これは世界平均が19%だということと比べると非常に高い数字です。

又、ボストンは西海岸のシリコンバレーと並び、ハイテク関連の起業が多いことで知られていますがVCの投資額ではカリフォルニア州が一番多いものの、マサチューセッツ州では一人当たりが受け取るベンチャーキャピタルの金額が全米で一番多くライフサイエンスの分野では全米で1,2を争う病院機関もあり世界中の製薬会社も集中したハブにもなっています。R&D比率は実は国レベルよりも地域で見るとかなり、変わってくるのですが、マサチューセッツ州のGDPに対するR&D比率は 5.86%ちなみに日本は2016年度で3.58%)であり研究開発投資に力を入れていることがわかります。

このようにボストンには優秀な人材を引きつける環境があり、高度な技術や知識をもった人達が起業したり、イノベーションを起こすために、公共、民間問わず必要なサポートを提供するエコシステムがあります。

参考記事:

ボストンの大学が地域経済に与える影響についてのデータ

ボストンから学ぶ、イノベーティブで自立した人材の育て方(1 はじめに)

はじめに

ここ数年、ボストンのイノベーションエコノミーに関わりながらイノベーション、起業、教育に関するブログを書いてきたわけですが、そろそろ総括してみたいと思います。もともとこのブログはアメリカ人が得意なことを学ぼうというところから出発しました。私が思うアメリカ人が得意な事は何もないところから何かを生み出すこと。この間ファンドレージング、セールス、プロモーション、ネットワーキング、コミュニティー作り、ゼロから1を作るビジネス構築に関して、大学、企業、NPO、官公庁といった様々な層と関わりながら、そして子供の教育を通じて勉強したり、経験を重ねてきました。

イノベーションは新しいビジネスを作り雇用を生むので大切という考えが浸透したことにより、日本から各種団体とたくさんの方たちがボストンにみえて彼らと話しをする機会が多くありました。どの方達も、ボストンで成功しているエコシステムを学び、いかにそれを日本に導入できるのか、どうやって国際的に協働していけるのかに興味を持っておられます。実際は日本だけでなく、世界中の国から毎月のように多くの各種団体がイノベーションのエコシステムを学ぶためにボストンにやってきていますがそれぞれの国はその仕組みを直接とりいれるだけではなく、どうやったら今ある各国の仕組みと掛け合わせることができるのかということを考えています。イノベーションを起こす、ということを仕組みで考えると、企業レベルの問題だけでなく行政機関、大学を含めた教育の枠組み、そして個人のレベルでは何ができるのかということも考慮することが必要になってきます。そこで ボストンにおける人材教育、起業教育についての概要をまとめました。

雇用形態や勤務形態の多様化 、ライフスタイル等の変化、それに加え企業の寿命が短くなってきている中、才能やアイデアをもった人材は一つの企業や大企業にずっと雇用されるという機会は今後ますます減ってくるということは容易に想像できます。実際、innosightによるとスタンダードプアーズ500社の会社の平均寿命は1958年は61年であったのに、1980年には25年に、そして現在は18年までに短縮されています。

もし多くの人がたとえ企業体の中にいたとしても、何かのプロフェッショナルとして独立できるくらいの能力があれば、そういった人たちが協働し合い、必ずしも企業という形にこだわらずに活動や起業することもでき、組織に頼らなくても、またどこにいっても困らないのではないか、働き方の選択の自由を得ることができるのではないのかと思います。そこで今までのブログ記事をもとに、自立した、イノベーティブな人材を育てていくためにはどういう仕組みが考えられるのか、どういう教育の選択肢があるのかということをボストンの事例を中心に、多角的(公的機関、大学、企業、個人、及び欧州との比較)に考察していきます。

イノベーション、教育政策に関わっている人たちだけでなく、これから自分の子供たちが、国内外場所を問わず、一企業や何かに依存することなく自分の人生をコントロールできる人になってもらいたいと望む親御さん達の参考になればいいと思います。ライフスタイルを自分である程度決めることができるようになると、時間的にも精神的にも余裕ができ結果的には少子化問題にも対処できるのではないでしょうか。

*記事は基本的には4年間分のブログ記事からのまとめになります。詳しい事項に関してはブログのリンクを貼っておきますのでそちらを御参照ください。

ボストンから学ぶ、イノベーティブで自立した人材の育て方(2 なぜボストン?)

ボストンから学ぶ、イノベーティブで自立した人材の育て方(3 大学の役割 −その1−)

ボストンから学ぶ、イノベーティブで自立した人材の育て方(3 大学の役割 −その2−)

ボストンから学ぶ、イノベーティブで自立した人材の育て方(3 大学の役割 −その3−)

ボストンから学ぶ、イノベーティブで自立した人材の育て方(4 公共機関ができること)

ボストンから学ぶ、イノベーティブで自立した人材の育て方(5  企業やNPOの取り組み)

ボストンから学ぶ、イノベーティブで自立した人材の育て方(6  日本でできること)

ボストンから学ぶ、イノベーティブで自立した人材の育て方(7 古くて新しい価値観)
 

マスチャレンジ2016-とうとう日本人が登場!

さて今年もマスチャレンジのファイナルアワードの季節になりました。賞金が1.6億円相当にあがり、スポンサー企業や国ベースのサポーター団体も着実に増えている中、マサチューセッツ州知事が挨拶にでてきたりして政治色も増しています。そのせいか、今年は背広にネクタイ姿の人が多くてちょっとびっくりです。これはケンブリッジあたりのスタートアップが集まるところではちょっと見慣れない現象。。。

今回で4度目のファイナルアワードに参加したのですが、待望の日本人の参加者です!(実はプログラムに参加する前のファイナルセレクションまで残ったチームがもう1組いたのですが、ファイナルには残れなかったのですよね、、、残念!)

img_masschallenge-2016

Skylight Games という音楽で言語を習うプログラムを作っているDanさん、まさこさんご夫婦です。  https://www.lyriko.com/en/

 

Danさん曰く、学校の勉強がすごく苦手だったということでゲームのように、楽しく言語が学べないかということで作ったのがこれ!

幼稚園や小学校の低学年の頃ってたくさん歌を歌ってあんまり意味がよくわからなくても、耳から覚えそうやって語彙が増えていった気がします。大きくなってから初めて歌の意味がわかったりして、、、実際大人になっても、歌から英語を学ぶっていうことがありますよね。でも特に子供のうちは耳からはいるインパクトが強いので、効果が大きいかも。

音楽は独自で作っているのではなく、アーティストの方にお金を払っているそうです。でもそれほど売れていないアーティストの人達にとっては安くてもこうやって違った形で、自分の曲が人の役に立ちながら広まっていくことは嬉しいことだと思いますね。まさにwin-winのビジネス。

頑張ってください!

若年化するインターンシップ −海外でどうやってインターン先をみつけるか−

以前からインターンの方達と接することが多くその応募履歴書を見る機会が結構あるのですが、最近このインターン経験をする人が(もしくは親がさせる場合)高校生〜高校生卒業レベルにまで及んできています。本来インターンというと職業経験を積むという意味合いで一般的には大学生が対象という感じだったと思うのですが、大学レベルだと学校によっては、半年程度、カリキュラムに組み込まれ単位として必要な場合もありますよね。こうなってくると、これは教育というより、本当に仕事、というレベルになります。またある程度の給料が出るレベルになるとその応募者もバリエーションにとんだものになってきます。大学卒業レベルくらいを想定していたインターンの応募に20代後半とか、卒業してからインターンをはしごしている人など、インターンというよりもすでにちゃんとした職業?って感じになっている履歴書もしばしばみかけます。実際、大学院生の場合、大きな責任が伴わないだけで普通の仕事とほとんどかわらないです。

日本の企業のインターンだと話を聞いている限りある程度仕事をする、というより職場見学に近い感じがしますが、これだと、興味のある業種にいってバイトをしてもあまり変わらない気も。会社側からみれば学生を選別するチャンスにもなっていいのかもしれませんが学生のためになっているのかは疑問もあります。

若年化している高校生のインターンの場合、大きく分けると2パターンあって、学校がカリキュラムの一部として職業訓練させる場合、それから個人的にする場合があります。
前者の場合は将来的な生活を見据えて仕事をすることが多いので、結構真剣ですよね、みんな。
もう一つのパターンとして親が知り合いを通じて頼む場合ですが、その場合もさらに2パターンあって、本人にやる気があって親が子供に頼まれてやってくる場合、もう一つは本人に興味があまりなく親が引っ張り込む場合。
高校生に何ができるの?と思いますが、実はこのくらいの年齢でバイトではなくインターンをしたい、と思う学生は意欲があって目的意識がかなりはっきりしている場合が多いです。特に、バイトができる年齢になってもあえてお金をもらわないで、仕事場に入り、何かをしたいと思う学生はかなりやる気があります。なのでちょっとやるべき事と要領を教えると、わからないことはきいてくるし、自分からどんどん工夫していく子達も多いです。一方、本人はよくわからないけど、親が是非とすすめてきた時は困ったことになる場合があります。宿題をだしてもやってこない学生のような感じでしょうか。。。それは賢いかどうか、より以上に”やる気”によって大きな差がでてきます。

最近海外で働きたい、という声をしばしば聞きますが、インターンチャンスをどうつかむか、という視点から考えると、通常、こういうインターンの職探しをするとき多分大抵の方はウェブサイトを頼り、公式にインターンを公募しているか、ないかということを確認して応募できるか、というのを調べるところから始まります。で、大抵の場合、”ない”ということがわかり、次、という行為の繰り返しになるのかと思うのですが、少なくとも海外でインターン職を探す場合を考えると実際本当にないかというと、そうでない場合が実は結構あったりします。それは公式には”ない”だけで、いい人がいたらとる、という考え方。またあえて無理に公式にしていないだけで、ケースに応じてとる場合。

公開されているインターンのポジションは競争率が高いです。だから自分の目的がはっきりしていてどうしてもそこで働きたいと思うなら、道は他にもあるということはしっておいたほうがいいように思います。よく”足を使う”という表現がありますが、この場合でいうならば、知り合いのつてを探したり、ネットワーキングのイベントにいったり、自分の働いてみたい業界の人たちが集まる店やイベントに参加してみる、そうやってインターン場所をみつける人は結構多いです。自分には起こらないよ、そんなこと、と思うかもしれませんが、縁というのは不思議なものです。(私は海外で国際結婚をした人たちに馴れ初めをきくとたまたま飛行機や電車で隣に座った人と結婚した、という話を結構ききます。)縁というのは自分で動いてつかみにいく、そんなものかもしれません。そういうふうにインターン先を見つけた人はまず非常にレベルの高い学生が多く場合によっては、そのまま就職しないかと声をかけられる人もいます。

結局、何をしたいか、ということが明確かどうか、が一番大事かも。

参考記事:
https://multicultiblog.com/2016/05/20/%E5%B0%B1%E8%81%B7%E3%81%AB%E5%BC%B7%E3%81%84%E5%BD%B1%E9%9F%BF%E3%82%92%E5%8F%8A%E3%81%BC%E3%81%99%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%83%E3%83%97%E7%B5%8C%E9%A8%93/