最後に。。。

さて、5年ほどボストンで教育やイノベーションエコノミーに関わってきましたがここで過ごす時間も残り少なくなってきました。

アメリカに来た時に、アメリカにいる時間は限られるのだから、せっかくならアメリカ人の得意なことを習おうと思いました。アメリカ人の得意なことといえば、セールス、マーケティング、ファンドレージング、コミュニケーション、、、と考えてみるとまあビジネス全般かな?と思ったことをきっかけにこの間、小さい規模でのイベントの開催からNPOのための大規模なファンドレージング、ネットワーキング、ビジネスディベロップメントとビジネス全般に関わりながらたくさんの人との交流がありました。

こうして改めて振り返ってみるとアメリカはやはり新しいことを始めるには大変適した国であると思います。いろんなところにチャンスはあり、ここでできなかったらどこでできる?というくらい環境が整っていると思います。ビザや法的にはクリアしないといけない複雑な部分が多いとしても、やる気さえあればそれを含めて支援をしてくれる体制もあります。新しいことにオープンであり、好奇心に溢れ、失敗を恐れずチャレンジする機会を与えてくれる、それがアメリカのいいところではないでしょうか。

一方、海外に出ると日本の良さを改めて感じることも多いです。最近特に増えている研修でやって来る高校生たちは皆前向きで留学を希望していたり、どうしたら英語がもっと上手くなるか、進路をどうするか、真剣に考えています。どうやったら英語が上手くなるかというのは大きな課題ではありますが、少なくとも日本にいる時には日本語や日本のことをしっかり勉強してほしいと思います。それは自分の国を出て初めて自分の国のことを案外知らない、ということに気付くからです。2000年もの間文化が断絶されたことのない日本は世界でも珍しい国です。企業の寿命が短かくなっているからといって、日本には創業数百年を超える企業がまだ多く存在し、1000年を超える企業さえ存続しています。

このような国は他にはないです。縁あって日本に生まれてその文化、環境にふれたならば、外に目を向ける前に今持っているものを十分に味わって身につけてほしい、日本で育った日本人ならばそれが一番初めの土台になる部分だと思います。其の上に色々な色をのせていってもらいたいな、できればいいとこ取りができるようになるといいななんて思っています。

拙い文章に今までお付き合いいただきましてありがとうございました。ボストンのイノベーションエコノミーの記録としてこのブログが何かのお役に立つことがあったなら幸いです。

 

 

 

 

 

 

ボストンから学ぶ、イノベーティブで自立した人材の育て方(5  企業やNPOの取り組み)

企業は各種非営利団体を支援することで人材育成の機会を得ています。NPOのプログラムに参加することで社内起業を促進させたり、企業で働きながら、ボランティアとしてNPOの活動の手伝いをする人たち、もしくは企業自体が人を派遣することでNPOを積極的に支援している場合(例:サイエンスクラブフォーガールズ)やプロボノ活動をしている場合もあります。特に専門性の高い分野の仕事(例:会社登記、税務、弁護士)においてはスタートアップを支援するために積極的にプロボノ活動をしているところは多くあります。これには彼らがスタートアップの成長を見守りながら優良な顧客として育てているという側面もあります。それからTEDxのようなイベントの支援もボランティア活動としてチームビルディングや従業員の教育の為、また新しい商品やサービスの開発の機会に利用して、積極的に企業の外につながりが持てるようにしています。

またイヤーアップのように大学に行けない若者に企業がサポートし1年で職業訓練をして、就職できるレベルまで教育するプログラムを支援することは企業と学生双方にとってメリットがあるものです。イヤーアップは大変成功している例で去年MIT inclusive Innovation Competition Awardsを受賞しました。

またCICの姉妹団体でノンプロフィット団体であるベンチャーカフェは、毎週木曜日にカフェスペースを解放してイノベーターが集まるネットワーキングの場を提供しています。色々なプログラミングを組む事で企業や大学、中高生を含む、様々な層のイノベーション度 を上げるために貢献しています。

参考記事:

理系女子を育てる取り組み

子供への金融教育の必要性

1年で終わる職業訓練プログラム-year up-

グローバル化に乗り遅れている大企業ができること

大企業にいても、スタートアップにいても必要な起業家精神

全てのイノベーションが社会にいい影響を与えるためには・・・

3月の春休みの間には研修という名でたくさんの高校生がボストンを訪れます。

ここ最近MITやハーバードにいる研究者を訪ねたりする学生が増えてきて、春休みや夏休みには起業やイノベーションに関する話をすることも多くなります。日本の学生は積極的に発言しない、とのイメージがあったのですが、やはり学校の差もありますが、大学受験や進路に関して真剣に考え始める高校2年生くらいは前向きな発言や、かなり具体的な質問をする学生も多いです。特に理系コースにいくような学生は自分の実験結果が世の中にどういうインパクトを与えうるのか、また将来を考えてどのような大学、学部にいくかを真剣に考え始めるようです。

その中で一つ、ある学生が”イノベーションを起こすことは悪いこともあるのではないか” という話をしていました。確かに物事にはいい面と悪い面があります。良かれと思って発明したことも、悪いように使われる例というのは数多くあります。また悪いことに限って広まりやすい、という点もありますよね。

学校側も学生もレベルの高い大学にいかせたいし、いきたい。すると、テストされる科目の勉強には力が入ります。しかし、受験勉強だけをしてきた子たちが起業をしようとすると上手くいくのでしょうか?結局のところ何を作っていくにしても、人間の創造性やアイデアがその根源にあります。ビジネスとして成り立つのか、経済的に採算がとれるのかは金融機関が検証するポイントになるものの、それは倫理的、道徳的に問題ないのか、それが将来的に社会にどういうインパクトを与えうるのかということは、誰もといません。

だから、起業する人、したい人は哲学や歴史、道徳を実は、理科や数学以上にしっかり身につけて欲しいと思います。スタートアップの90%ほどは上手くいかないといいます、結局数字はあてにならない、でも確かなことは”誰”がそれをしているのか、ということ。だからベンチャーキャピタルも投資をするとき結局は”人”をみる、ということなのでしょう。

受験勉強ばかりして人としての教育を怠ってしまうと、のちのちもっと大きな反動があるように思います。

 

 

 

これから必要なイノベーションについて

成功した、と言う表現をアメリカで使う場合それは金銭的な意味の成功がほとんどですが、その成功をはかる指標が金銭ではなく、Happinessならば、と言う話をここのところ度々耳にします。(ブータンの話ではなくアメリカで…)しかもそれをいいだしているのは、いわゆる大企業のエリート達や金銭的に成功している人たちです。

大量生産、安さ、大きさ、量や数字で世界に影響力を与えることを考えると、どんどん製造コストの低いところへもっていくことになりますが、でもそうすると結局、アジア、アフリカ、そしてその後は?また自国に製造業を戻すことを必死にやろうとしている国もありますね。でもきっと安く、早く、大量に、というのは結局将来的には AIや ロボットがその仕事をしていくのでしょう。

社会の仕組みがよりよくなったとしても個人のハピネス度はまた別の話。結局金銭的に成功しても必ずしも豊かさにはたどりつけないということを多くの人が感じ初めているからでしょう。周りからの評価は全く気にしなくて自分だけが満たされている状態になる、(いわゆるハピネス度が高い状態)というのは相当自分の中での価値観が確立されていないと難しいです。

他人と比べないという意味では一見、遅れていそうな近代化の進んでいない土地の人のほうがもしかすると、精神的には進んでいるのかもしれません。

イノベーション、日本語では技術革新と訳されることが多いですが、本来のイノベーションの意味は革新する、とか刷新するという意味。経済的には世の中をよりよくしていくためのサービスや製品を技術革新を通じてより広く世界に浸透させていくという意味で使われることが多いように思います。形としてみえるものはわかりやすいですが、この先求められているものは価値観や、考え方、思想のようなものを刷新して広く変えていくことのように感じます。

 

あらためて、マスチャレンジCEOにきくその立ち上げ 、ビジョン、そして特徴-その2-

(あらためて、マスチャレンジCEOにきくその立ち上げ 、ビジョン、そして特徴-その1-の続き)

プログラムが安定するまでに3〜4年かかりました。

今ではネットワークがメキシコ、イスラエル、スイス、ロンドンと広がっています。規模が大きくなると、いいことはボストンで解決できなくても、ロンドンやスイスで解決できるかもしれない、他のネットワークの中に答えがある可能性があり互いが助け合うしくみができてきたと同時に卒業生が増えてきて今後そのネットワークをもう少し活用することができるようになります。とりわけ最終選考に選ばれる26社の成功率がかなり高く質のいいスタートアップコミュニティーを作ることに成功しています 。一方、場合によってはチームが分裂したり、解散することもありますが、個々の能力が高いことが多いので、そのコミュニティーにある他の会社に就職したり、マスチャレンジそのものに再就職する場合もあります。

オフィス部分のスペースは当初はやはり、スペースを区切って個々の会社のプライベートスペースを望む会社も多くあったのですが、オープンスペースにすることでより協働がしやすくなることが相互にわかり、今ではミーティングスペース以外の全てをオープンスペースにすることで互いに助けあう環境を作っています。100社以上が一緒にいることで自分たちが弱い分野を補完してくれるようなスタートアップをみつけることができます。

いいコミュニティーをキープするためにはスタートアップの数以上に質がとても大切、その質を見極めるのは非常に難しいです。(特にVCの世界では失敗するスタートアップはわかっても、成功するところを見分けるのは非常に難しいといいます)始めのエントリーではオンラインのみで人を直接みることをしないので、人種のバイヤスはかかりません。書類は5、6人のジャッジが採点をして、ふるいにかけて、最終的にはそのエントリーロケーションでのピッチをすることでプログラムに参加できるファイナリストがきまります。実際は40%ほどが女性の起業家たちで実は、女性のほうが成功率も高かったりするそう。

特徴

・通常、インキュベーションやアクセラレータでは資金提供を受ける代わりに参加会社の株式を譲渡する必要がありますが、これがないこと。これが世界で一番起業家フレンドリーなアクセラレータといわれる所以です。その上、コンペで勝てば賞金をもらえて、その他様々なメンターからの指導やイベントに参加しながらネットワークの構築、学びの機会が多いですが、金銭的な負担がかかりません。

・オープンプラットフォーム

通常のインキュベーションのようなところは閉鎖的なコミュニティーになりますが、マスチャレンジは4ヶ月のうちに内外にひらかれた多くのイベントを開催しており、一般人もイベントに参加できるので様々な人たちと関わることができます。

・スポンサーが、とても満足していて9割以上が続けてスポンサーになっていること

質のいいスタートアップやそのコミュニティーにアクセスできること、またスポンサー会社にも学びの機会を提供できるのでスポンサーも満足しているということが背景にあります。

・スタートアップだけでなく、団体、法人、地域社会がみんな得できるような形であること

参加スタートアップが成功していくことは、それと協働したい大企業にとってもいいことですし、雇用が増えて地域社会も潤います。外国の団体も含む各種団体もパートナーシップを組むことで横の繋がりも広がります。

・参加したスタートアップの満足度も非常に高いこと

参加スタートアップもネットワークが広がる、VCへのアプローチの機会が広がり スケールアップにつながっています。

関連記事:あらためてマスチャレンジCEOにきくそのたちあげ、ビジョン、そして特徴-その1-

関連記事:マスチャレンジ2016-とうとう日本人が登場!