英語圏でない国で英語で大学を卒業する方法

今年はMITの学士レベルに3人の日本人の学生が合格したとききました。MITは学士で入るのは相当難しいです。
よくよくきいてみると、英語が抜群にできて、学業も当然、それにプラスアルファである、国際レベルのコンテスト系のものに参加、入賞というのはもうお決まりかもしれません。本人たちは自覚があるかはわかりませんが、勉強が趣味という域になっているようですね。

日本のトップスクールにうかっていても、海外の大学にいく、という流れが増加している一方、そうはいってもコストパフォーマンスを考えるとね、、、という方達から,ここのところたて続けに似たような質問をいただいているのでそれに関して公開でお答えしたいと思います。やはりイギリスやアメリカのような英語圏は学費が高いのでそれなりに覚悟が必要ですが、特に英語圏ではないところでも英語で進学、卒業できるコースが増えていますよね。英語で学ぶ、ということが目的であるならば、アメリアやイギリスのようなところにいかなくても、意外に選択肢は広くなります。

実は国別の細かい情報というのは各国の大使館にいる高等教育を担当する分野の担当者が、リンク先をもっていることが多いです。得に教育に力を入れている国はその傾向が強いです。
基本ヨーロッパの大学(イギリス除く)は国立大学が多く、そういったところの学費は安いです。
(*ただしこのブログで何度も書いているように入学条件には気をつけること。日本の普通の高校を卒業しただけではいけません。)

スイスの場合は
swissuniversities (ただしこれは私立大学は含まれません)
https://www.swissuniversities.ch/en/

ドイツの場合は 学術交流会DAADが大学の情報をたくさんもっています。
https://www.daad.org/

上記のようなリンクに探している具体的な質問をすると情報をくれるはずです。質問するときにはなるべく具体的なことをきくこともポイントです。漠然と英語のクラス、とかではなく、例えば経済学部で英語ですべて履修できるundergraduateのコースはありますか、といったように何を(学部や専攻)どのレベルで(短期留学なのか、学士なのか、大学院なのか)そして今自分がどのレベルにいるのか(日本の高校を卒業したとか、大学や短大を卒業したとか)ということを明確にすることは大切です。

ヨーロッパの大学は傾向的にアメリカのように幅が広く、学校の面倒見は決していいとはいえなく、明確に自分がしたいことがわかっている人のためにあると考えたほうがいいです。
そういう意味では大学は自己管理ができる大人の場、誰かに面倒をみてもらう気でいると、苦労するかもしれません。しかし、そこに本当の自由があるとも言えます。

関連記事:英語圏でないところで英語で学位を安く取得する方法
https://multicultiblog.com/2015/05/18/%E8%8B%B1%E8%AA%9E%E5%9C%8F%E3%81%A7%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%A8%E3%81%93%E3%82%8D%E3%81%A7%E8%8B%B1%E8%AA%9E%E3%81%A7%E5%AD%A6%E4%BD%8D%E3%82%92%E5%AE%89%E3%81%8F%E5%8F%96%E5%BE%97%E3%81%99%E3%82%8B/

低年齢化している米国留学の現実

大学レベルでのアジア人学生(特に中国人)の人口増は度々、語られますが、中学、高校レベルでも中国人の数が増えているという話です。大学に入るのが大変になっているので、高校からいれてしまおう、という中国人の増加により、2010年から2015年までの間にマサチューセッツ州ではインターナショナルな高校生の数が58%も増えているんですね。学校はダイバーシティを重視ということでレベルのいい、財政的に余裕のある学校ほど、受け入れ中国人の数を制限できますが、そうではない学校は大学費用と同じ位かかる私立のボーディングスクール費用を全額払ってくれるアジア人の学生は正直大歓迎でしょう。アメリカ合衆国国土安全保障省によると2015年にアメリカにいる外国人高校生の35%は中国人だったそう。そしてその数はどんどん増え続けています。

新聞記事( 3月26日のボストングローブ )では私立のボーディングスクールの話でしたが、実際公立でもホームステイ先になってくれる家庭を探して、子供だけ留学もしくは、母親と子供の留学というのが増えています。

外国人の多いエリアではESL(英語が第二言語の学生を集めたクラス)があり、他の外国語を学ぶかわりに英語の補習が行われます。アジア人が英語を学ぶのはやはりその言語体系から考えて、ヨーロッパ人が英語を学ぶのとは違って, 習得するのに時間がかかります。ヨーロッパ系の言語ができて英語圏に来る場合は、もともと英語がわからなくても1年もいればESLのクラスからは卒業できるのに対し、日本の中学校レベルで編入してくると、2〜3年くらいは補習が必要になります。ESLのクラスを卒業して、補習を受けなくていいことになったとしても今度はネイティヴの子達と同じ土俵で戦わなくてはいけなくなるので、結局高い学費をはらっても思ったような大学にもいけないという結果にもなります。

もし早い時期に子供を単身で寮のある学校に留学させるのなら、中学のうちに英語のレベルを相当上げておいて、もしくは1年留年させるくらいの気持ちをもっておかないと子供もメンタル的にきついでしょうね。

アメリカ大学入試のこつ、願書を出す前に確認したいこと

アメリカの大学入試の結果がそろそろでそろう時期になりました。
ここ最近、ここまで学費が上がっても”過去最高の出願数”という言葉が増えているということは、確実に大学に行く人が増えていることを意味します。

しかし、周りの合格通知を聞いていて思うのはアメリカの大学は本当に点数だけではどうにもならないということ。逆にいえば、点数があまりとれない子でも自分を知り、自分にあった大学に出願すればハイレベルの学校でも入れる可能性があるということ。自分の強み、興味とあった特徴のある大学を選び、そこにいかに自分を売り込むのかという戦略があれば、目標に一歩近ずいたといえそうです。

大事なのは自分の特徴を最大限に大きくみせるということ、そしてそれを評価してくれる学校を選ぶこと。
例えば経済系が強いことで有名な大学で数学を重視しています、と説明会でいわれているのにどの成績もほどほどにいい学生はとられにくく、かえって他はそれほどでもなくても数学がかなり強くて、もう一つとんがった部分、(例えばスポーツ系や、文化的な活動、学校以外での活動)があり、それが学業や自分の個性にどのような影響を与えているかということを述べることでうまく2つの全く違った面を組み合わせられると個性が強調されアピール力が強くなります。

またエッセイのウエイトも高いのがアメリカの入試の特徴だと思いますが、そこに自分の個性をどうだすのか。他人との差別化、売り込み力がここでも問われます。
GPAがそこそこによくてSATのスコアも平均以上にいい、でもそれ以上に売り込める部分がない、平均的になんでもいいより学生よりも大好きなことを一生懸命やってきてそれでなんらかの成果を上げてきた学生のほうがうけいれられやすいようです。大学入試にもストーリー性が求められます。
もっとも超一流校にいきたければ、学業、そしてそのもう一つの部分、さらにエッセイで個性を売るという3つのできがよくないと難しいですが。

どうやって自分の特徴や強みをみつけるのか、本当は自分で気ずくのが一番いいですが、自分では自分のことを評価するのは難しかったりします。そこで親や先生、友人、もしくはプロのサポートが必要です。自分の強みは自分の好きな事と関連していることが多いもの。何かの賞をとったというのは、わかりやすい評価ですが、賞がでないような活動でも社会や人の役に立っていることがたくさんあるはずです。
先日アメリカの超エリートリベラルアーツカレッジを卒業したのに、イギリスにいったら、”カレッジ”というのは単科大学、専門大学ですごく評価が低くてびっくりした、という発言もありました。大学名(ブランド)より、自分が何をしたいかということを明確にしたほうがのちのち、迷子にならないですむように思います。

関連記事:
自分の才能や強みは何かを見極める為の適性テスト

教育費の高騰で学費のかからないところにいくアメリカ人も増加中

このブログでは何度も取り上げているテーマですが、ドイツではアメリカ人でさえ、ただで大学に行けるということから、年々アメリカからドイツにいく学生が増えているという記事がボストングローブの2月20日に紹介されていました。オランダや、イギリス、アイルランドはもちろん英語のコースですが、それでも学費が無料というわけではありません。現在ドイツで勉強しているアメリカ人学生は1万人ほどいるそう。
今までは大学院レベルには英語のコースがあっても学士レベルではほとんどない、という中最近、特に学士で英語で履修できるコースが増えているという話でした。
もっともアメリカの高校卒業してもそのまますんなりはドイツの大学には入れないので、1、2年アメリカの大学にいくか、もしくはAPを5、6科目とらないといけませんが。
それでももし高校のうちにAPを必要なだけとり、ドイツに行けば5年で修士までとれるので、どっちにしてもいい条件だと思います。

ボストンにあるゲーテインスティチュート(ドイツ政府が公認しているドイツ語の語学学校)にもここ最近、ドイツで大学にいくにはどうしたらいいのか、という相談が増えているといいます。
本来中学くらいから計画をしっかりたてれば確かに高校卒業してそのままドイツ語で履修するドイツの大学へ行くことも不可能ではありませんが、それにはかなり若い時から進路をはっきりさせている必要があり、一般的には大学院にいくころになって初めて、進路がみえてくるというのが現実のようです。ヨーロッパの大学は大抵、入学時に専攻をはっきりさせておく必要があり、そういう意味ではアメリカの大学は入学時に何を専攻するかということを必ずしもはっきりさせておく必要もないし、途中で変えられるということも含め、柔軟性が高いといえます。
もし1年くらいで安く留学したいのなら交換留学のプログラムを使うのがいいように思います。例えば基本、日本の大学とかに籍をおいたままアメリカの大学に行く場合、学費は日本の学校の分を払うことなるということで、多少、経費がかかったとしても、1年に500万円を払うことにはならないでしょう。でももし逆に、ドイツのように学費が安いところに行く場合は損をしたように感じるかもしれませんね。

それでも時々聞く発言に、アメリカの教育が世界で一番いいから世界中から人が集まるという話があります。だから、アメリカにいるのに、アメリカの大学にいかないというと、彼らはとても驚いた顔をします。特にマサチューセッツ州には全米でもトップ校が集まっているので、中には西海岸でさえ、行く必要がないと思っている人たちもいます。でも本当でしょうか?
教育って結局何を勉強したいかで、どこにいくのがいいのかが全く変わってしまうのだと思いますが。。。例えば、食の分野や、建築やデザインの分野、クラッシック音楽で世界の一流の基礎を学びたかったらアメリカにはこないと思うのですよね。だから、ここまで教育費が高騰するとその投資に対してリターンはどうなのかということを考えることは大事なことだと思います。

関連記事:英語圏でないところで英語で学位を安く取得する方法
https://multicultiblog.com/2015/05/18/%E8%8B%B1%E8%AA%9E%E5%9C%8F%E3%81%A7%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%A8%E3%81%93%E3%82%8D%E3%81%A7%E8%8B%B1%E8%AA%9E%E3%81%A7%E5%AD%A6%E4%BD%8D%E3%82%92%E5%AE%89%E3%81%8F%E5%8F%96%E5%BE%97%E3%81%99%E3%82%8B/

ハーバード大学への出願数が過去最高に

2月9日のボストングローブ によると、今年度からハーバード大学に入ることを希望して出した出願数は今年は39044通という記録的な数字になりました。この数字は去年よりは4.6%上がったといいます。ハーバード大学によるとこの要因の一つは才能ある学生を発掘する努力を大学側が行ってきた結果、以前なら願書をださなかった学生達も願書をだしたからだといいます。

39044通の中、21%がアジア系、12.2%がラテン系、10.6%はアフリカ系だということ。結果は3月末に判明するということですが、合格率は5.3%という低さになりそうです。

今年はハーバードに限ったことではなく、他のアイビーリーグの大学も願書数が増えているといいます。(イエールも記録的な数字)高校生は大体8−10校くらいに願書を出す人が多いようですが、本命校には早目にだす、アーリーアプリケーションやアーリーディシジョン(単願)をする人が多いです。本来、そのほうが決まりやすいともいわれていましたが、近年どうやらこのアーリーで出すほうが、通常のプロセスで出すよりも学生のレベルが高く、高いレベルでの競争が行われるという現象が起こっている模様。

どちらにしても一流大学に入るのは狭き門ですが、本来アメリカの大学は絶対数が多く、学生のレベルに応じて幅広い選択肢があるのがいい点とも言えます。ところが、高騰する学費を考えると、親としてはどうしてもROIを考え、するとランキングを重視することになり、大学の中でも確実に格差が広がっているといえそうです。そういう背景もあってハーバードのような一流校への願書数は増えることがあっても減ることはないでしょうね、この先も。