最後に。。。

さて、5年ほどボストンで教育やイノベーションエコノミーに関わってきましたがここで過ごす時間も残り少なくなってきました。

アメリカに来た時に、アメリカにいる時間は限られるのだから、せっかくならアメリカ人の得意なことを習おうと思いました。アメリカ人の得意なことといえば、セールス、マーケティング、ファンドレージング、コミュニケーション、、、と考えてみるとまあビジネス全般かな?と思ったことをきっかけにこの間、小さい規模でのイベントの開催からNPOのための大規模なファンドレージング、ネットワーキング、ビジネスディベロップメントとビジネス全般に関わりながらたくさんの人との交流がありました。

こうして改めて振り返ってみるとアメリカはやはり新しいことを始めるには大変適した国であると思います。いろんなところにチャンスはあり、ここでできなかったらどこでできる?というくらい環境が整っていると思います。ビザや法的にはクリアしないといけない複雑な部分が多いとしても、やる気さえあればそれを含めて支援をしてくれる体制もあります。新しいことにオープンであり、好奇心に溢れ、失敗を恐れずチャレンジする機会を与えてくれる、それがアメリカのいいところではないでしょうか。

一方、海外に出ると日本の良さを改めて感じることも多いです。最近特に増えている研修でやって来る高校生たちは皆前向きで留学を希望していたり、どうしたら英語がもっと上手くなるか、進路をどうするか、真剣に考えています。どうやったら英語が上手くなるかというのは大きな課題ではありますが、少なくとも日本にいる時には日本語や日本のことをしっかり勉強してほしいと思います。それは自分の国を出て初めて自分の国のことを案外知らない、ということに気付くからです。2000年もの間文化が断絶されたことのない日本は世界でも珍しい国です。企業の寿命が短かくなっているからといって、日本には創業数百年を超える企業がまだ多く存在し、1000年を超える企業さえ存続しています。

このような国は他にはないです。縁あって日本に生まれてその文化、環境にふれたならば、外に目を向ける前に今持っているものを十分に味わって身につけてほしい、日本で育った日本人ならばそれが一番初めの土台になる部分だと思います。其の上に色々な色をのせていってもらいたいな、できればいいとこ取りができるようになるといいななんて思っています。

拙い文章に今までお付き合いいただきましてありがとうございました。ボストンのイノベーションエコノミーの記録としてこのブログが何かのお役に立つことがあったなら幸いです。