全てのイノベーションが社会にいい影響を与えるためには・・・

3月の春休みの間には研修という名でたくさんの高校生がボストンを訪れます。

ここ最近MITやハーバードにいる研究者を訪ねたりする学生が増えてきて、春休みや夏休みには起業やイノベーションに関する話をすることも多くなります。日本の学生は積極的に発言しない、とのイメージがあったのですが、やはり学校の差もありますが、大学受験や進路に関して真剣に考え始める高校2年生くらいは前向きな発言や、かなり具体的な質問をする学生も多いです。特に理系コースにいくような学生は自分の実験結果が世の中にどういうインパクトを与えうるのか、また将来を考えてどのような大学、学部にいくかを真剣に考え始めるようです。

その中で一つ、ある学生が”イノベーションを起こすことは悪いこともあるのではないか” という話をしていました。確かに物事にはいい面と悪い面があります。良かれと思って発明したことも、悪いように使われる例というのは数多くあります。また悪いことに限って広まりやすい、という点もありますよね。

学校側も学生もレベルの高い大学にいかせたいし、いきたい。すると、テストされる科目の勉強には力が入ります。しかし、受験勉強だけをしてきた子たちが起業をしようとすると上手くいくのでしょうか?結局のところ何を作っていくにしても、人間の創造性やアイデアがその根源にあります。ビジネスとして成り立つのか、経済的に採算がとれるのかは金融機関が検証するポイントになるものの、それは倫理的、道徳的に問題ないのか、それが将来的に社会にどういうインパクトを与えうるのかということは、誰もといません。

だから、起業する人、したい人は哲学や歴史、道徳を実は、理科や数学以上にしっかり身につけて欲しいと思います。スタートアップの90%ほどは上手くいかないといいます、結局数字はあてにならない、でも確かなことは”誰”がそれをしているのか、ということ。だからベンチャーキャピタルも投資をするとき結局は”人”をみる、ということなのでしょう。

受験勉強ばかりして人としての教育を怠ってしまうと、のちのちもっと大きな反動があるように思います。

 

 

 

広告

あなたは理系女子?イノベーションを起こすための超『理系女子』論

リケジョを超える、ハイブリッドなリケジョ?
総合科学技術•イノベーション会議有識者議員で東北大学名誉教授、レジオン•ドヌール勲章シェバリエ(フランス政府から授与される最高勲章)を受賞された原山優子教授による“あなたは理系女子?”という本があります。


あなたは理系女子? (イノベーションのための理科少年・少女シリーズ)

原山先生は14歳でフランスに渡ってから、その後大学では数学、スイスの大学で教育学、経済学を学び、イノベーションにおける大学の役割を研究することを専門とされている方です。
文系と理系の双方に精通している方で、そういう意味ではハイブリッドなリケジョともいえるのではないでしょうか?

この本では 前半は理系女子へ、又、理系女子を職場に持つ方々、理系女子をどのように育てるのか、ということについて書かれていますが、後半では、自叙伝風にその知識や知恵をどのように実際の人生の中で活用してきたのかということが書かれています。

その中で私が特に共感したのは以下の点です。

•“リケジョ”といっても、先生が経験上感じてきたことは、性差ではなく、むしろ“異なる価値観をもつ人”に対する組織の寛容性が低いこと。

•ロールモデルは必ずいたほうがいいというよりも、あくまでも可能性の判断材料や挑戦の対象であること。

•人とのつながりを大事にする事。

•感じる力を大事にする事。

•イノベイティブな人は文系と理系の精神が同居する人

•高校教育のありかた(大学入試のありかたを含め)を考える。

先生はフランスでバカロレア(高校終了試験)をとってから、フランスの大学で数学、その後、スイスで教育学、経済学と学ぶ国も、研究分野もクロスオーバーしているという“異分子”。日本人は一般的に、”普通でない”ものは苦手ですが、多様な価値観を受け入れるということはそこからイノベーションが始まりうる大事なポイントです。

大学入試のスタイルや高校卒業試験のあり方というのを考えるべき、(高校時代の勉強の仕方を考える)との提言をされていますが、それは今までのような、文系、理系にわけた分類(大学入試も、就職も)から高校時代に、もっと幅広い教育に切り変えてはとの話です。これは先生がヨーロッパ生活が長いということの反映だと思いますが、現状の日本はどちらかというとアメリカに近い形で本来、ヨーロッパの高校時代に学ぶことを大学の1、2年でしているため、アメリカや日本の高校を卒業しても、そのままヨーロッパの大学に入学することは難しいという現実があります。

原山先生はお子さんが3人おられてキャリア的にもずっと、第一線を走っていたわけでもなく、幼子を抱えていた時は家庭を大事にされていました。
人生の中で優先順位をつけつつも、その時にできることを精一杯するような、生き方はこれから研究職を目指したり、小さな子供を抱える方達にとっては参考になることが多いと思います。

とても60歳をこえているとは思えないほどチャーミングな原山先生。
研究職に性差はないといっても、その人柄のかわいさ(! )がやはり人を惹き付けるような気がします。

日本ではイノベーションがおきにくい、といわれますが、イノベーションを起こせる人材をどうやって育成していくのか、という知恵がはいった1冊と言えるのでないでしょうか。

参考記事:
OECDの学習到達度調査 PISA 2012からわかること
理系女子を育てる取り組み

進む大学のイノベーション教育

何十人ものノーベル賞受賞者に数々の発明の手助けをしてきて(例えば、ラジオにレーダー、近代ロボティクス、バイオテクノロジー等)有名卒業生としては、財務長官、イスラエルの首相、宇宙飛行士と数えきれないほどの有名人をかかえるMITが不十分であると感じているものは何でしょう?1月26日のボストングローブには新たな取り組みをし始めたMITの話がありました。

MITは隣にあるハーバード大学だけでなく、スタンフォード大学や世界中での大学競争に直面しているという自覚があります。事実、ハーバードはイノベーションキャンパスとビジネスパークを建設中ですし、シリコンバレーのスタンフォード大学では学生がどんどん起業して、何人も億万長者が生まれています。

一方、MITはつい最近までリサーチと教育の他はイノベーション分野に関しては特に何もしてきませんでした。
そこでコンピュータチップを作っているアナログデバイセズ社の共同創設者ステイタ氏や、Dropboxの共同創始者のヒューストン氏のように成功している有名な卒業生と学校関係者の助言でライフ学長は21世紀における技術革新と起業のリーダーをキャンパスで育てるプログラムを始めました。

アイデアをどうやってビジネスにするのか、というブートキャンプにエンジニアの学生が参加することで、単位がとれることになりました。
Start6と呼ばれるこの2週間半のプログラムでは50人以上の学生が集まり、20のテック企業やベンチャーキャピタルが投資家と契約を交渉することで成功する商品を作ることについて論じます。学校側としては、このような機会を学生に与えて、起業に関して学んでもらいたいと思っています。
学部生や、ポスドクの為にもコースを用意して、起業に必要な知識を養ってほしいという、背景があります。
又、10年前には、アイデアを現実にする機会が限られていましたが、イノベーションの為に新しい建物をたて、学生や教授、講師、卒業生達がみんなで、アイデアを出し合い、インスピレーションを現実のものにしてもらうスペースを作ろうとしています。

起業を研究するNPO法人Ewing Marion Kauffman Foundationの調べによると、MITの卒業生は約26000の会社を作り、300万人以上の雇用を生んでいるといいます。それでもまだポテンシャルはあるとの分析です。

米国内だけでなく世界中の大小様々な大学がイノベーションと供にスタートアップの世界に進出しており、コーディングに関する新しいコース、ビジネスプランの書き方、会社を始めたい学生が資金調達できるようにサポート等をし始めました。25年前には数百の大学が起業関連のことを提供していましたが、今日ではほとんどどこにでも何かしらあります。

学長による、新しいイニシアティブの目的は、MIT卒業生をもっと起業家に育てるためのもので、MITの人達をエンジニアとしてだけでなく、ビジネスができる、エンジニアにしようという動きです。

MITにはスローンスクールというビジネススクールがあります。これはエンジニアだけでなく、様々なバックグラウンドの人がビジネスを学ぶ為にくる所ですが、ビジネススクールにわざわざいかなくても、本来商売はできるわけで、勉強したことを、実践してお金に変えるという流れはこのままどんどん加速しそうです。