これから必要なイノベーションについて

成功した、と言う表現をアメリカで使う場合それは金銭的な意味の成功がほとんどですが、その成功をはかる指標が金銭ではなく、Happinessならば、と言う話をここのところ度々耳にします。(ブータンの話ではなくアメリカで…)しかもそれをいいだしているのは、いわゆる大企業のエリート達や金銭的に成功している人たちです。

大量生産、安さ、大きさ、量や数字で世界に影響力を与えることを考えると、どんどん製造コストの低いところへもっていくことになりますが、でもそうすると結局、アジア、アフリカ、そしてその後は?また自国に製造業を戻すことを必死にやろうとしている国もありますね。でもきっと安く、早く、大量に、というのは結局将来的には AIや ロボットがその仕事をしていくのでしょう。

社会の仕組みがよりよくなったとしても個人のハピネス度はまた別の話。結局金銭的に成功しても必ずしも豊かさにはたどりつけないということを多くの人が感じ初めているからでしょう。周りからの評価は全く気にしなくて自分だけが満たされている状態になる、(いわゆるハピネス度が高い状態)というのは相当自分の中での価値観が確立されていないと難しいです。

他人と比べないという意味では一見、遅れていそうな近代化の進んでいない土地の人のほうがもしかすると、精神的には進んでいるのかもしれません。

イノベーション、日本語では技術革新と訳されることが多いですが、本来のイノベーションの意味は革新する、とか刷新するという意味。経済的には世の中をよりよくしていくためのサービスや製品を技術革新を通じてより広く世界に浸透させていくという意味で使われることが多いように思います。形としてみえるものはわかりやすいですが、この先求められているものは価値観や、考え方、思想のようなものを刷新して広く変えていくことのように感じます。

 

広告