大学改革、グローバル化の意味とは?外国人を受け入れて英語でする授業を増やせばそれで済む?—NAFSA 2015 より

今回のNAFSA2015では日本の大学がグローバル化に向けて改革を進める中、文部科学省からもプレゼンがあるなど、国をあげてどのようなアプローチで改革を進めていくのかということも発表され世界市場を意識したものだと思われました。

今回、文部科学省の代表者、また文部科学省が選出した日本のスーパーグローバル大学の先生方が発表をしていましたがその中で、印象に残った話を一つ。
立命館アジア太平洋大学の教授でもある、近藤先生による発表で、日本の大学は変化が必要、しかし何を変えるのか、というテーマで話をされました。

簡単にいえば、英語で行われる授業を増やし、9月生の受け入れなど、制度を変化させても、現状世界で起きていることを理解し、明確なビジョンを掲げ、リーダーシップをもって教授陣、そして大学で働くスタッフ達を教育し変化に対応させていかなければ、表面だけの変化では意味がないという話でした。

大学の国際間での競争が厳しくなってくると、英語ができればなんとかなる、英語の授業を増やせばなんとかなる、という考え方では根本的な問題は解決しないということで、教育の本質を見失うと、授業料をただにしても、学生が来なくなるということになりかねません。大学自体がどのような人材を育成したいのか、ということが明確でない場合、当然意義のあるプログラムも組めませんし、魅力のないところには人は集まらず、資金もつきるということになります。

本来教育って理想を掲げるものだったのではないのでしょうかね?ランキングの数字や、就職率の数字は結果としてあとからついてくるもので、変化といっても、ある意味、時代に合わせた教育の本質を改めて問うという、原点回帰なのかなという気がしました。

関連記事:
文系大学での勉強って役に立たない?

国際会議でのプレゼンの注意点—NAFSA 2015 より

国際教育交流分野での最大のコンベンションNAFSA2015が今年はボストンで開かれました。
世界中の大学の国際連携に 関係している人たちが1万人近く集ります。

1週間にわたるこのコンベンションでは今回は今まででも一番大きな日本ブースができたようですね。現在、ボストン美術館で行われている北斎展、又ケネディ駐日大使も日本からいらしたことも日本の大学にとって追い風になっていたかもしれません。

日本の各大学が、学生が外国に行けるような仕組みを充実させるために、また、外国からの留学生を受け入れる為, 世界のほかの大学と相互の連携や研究分野での連携が進む為に世界中の多くの大学の代表者が集まるこの会議は非常に有意義なものだと思います。

さて今回、1週間にわたり様々なテーマを中心に話し合われたり、プレゼンが行われたりしました。
このような国際会議を運営する団体は、そして参加者はどういう点を評価するのでしょうか。

主催者側としては、行われるセッションがどれだけ注目を得るものか、参加者にとって有益であるものかということを考え、セッションをオーガナイズしていくものですが、その時の評価基準としては、
・ セッションへの参加人数
具体的には始めの10分、30分後、最後の10分前の参加人数動向はどうだったか
・ 内容とその質
参加者がセッションから学ぶことがどれだけあったか。
発表内容がそこにいたいと思わせるものだったか。

そのあたりの結果を次の会議でプログラムを組むときに反映させていくようですが、とくに国際会議のようなところでNGなのは、
・スライドが新聞記事のように文章がひたすら書いていあるものだけのもの(更に、英語圏で発表するものなのに、スペルミスがあるというのは結構致命的!とのコメントが。。。)
・スライドをひたすら読んでいる。

こういう発表をきいてしまうと、これは一気にモチベーションがさがりますね。大学の授業もこう行われているんだなあと、察しができてしまいます。。。

そして発表をきいていると、英語ができることとプレゼンが上手いこととは必ずしも関係がないこともわかります。

個人的にもいろいろな機会で普段からスライドをみたりやプレゼンを聞くことが多いのですが、今回のセッションでも改めて、日本人のプレゼンの傾向は中身の情報が多すぎてそれをスライドにした時に、盛りだくさんになりすぎ、ということはあるように思います。

すると棒読み状態になりやすく、話にメリハリがなく、そうでなくても抑揚をつけて英語を話すのは日本語が母国語の人にとっては難しいと思うので、全く話もつまらないものになってしまいます。いくら中身がちゃんとしていても、見せ方がうまくないために、惹きつけ力が低いという傾向が強いのではないでしょうかね。

たくさんの情報をいかにシンプルにみせ、伝えるかということがスライド作り、そしてプレゼンには重要なポイントではないでしょうか。

NAFSA2015日本ブース

NAFSA2015日本ブース

日本の学校が国際競争力をつけながら学生を増やしていくとしたら。。。

日本人の若い人が内向きといわれ、なかなか外国にいかないといいますが、少子化を考えたときに外国から日本に勉強にきてもらうというのは、学校にとっては生徒獲得のチャンスです。

大学ランキングというのはいろいろな意味で世間を騒がせますが、ファッショ二スタが選ぶ、ファッションカレッジ世界ランキングをみると日本の文化服装学院が8位に入っています。一般の総合大学の世界ランキングで、上位にはいる東京大学でさえ、よくて12位〜24位の間にはいっているのをみればこの8位というのはいかにいい位置につけているかということがわかりますよね。
http://fashionista.com/2014/12/top-fashion-schools-2014

トップ10にはイギリスのセントマーチンズ、ニューヨークのパーソンズ、ベルギーのアントワープ王立芸術アカデミー、ニューヨークのFIT、と有名校が連なります。
でも日本の学校の何が魅力的ってそれは学費も安いことなんですよね。2014年12月の為替レートになりますが、パーソンズは年間42000ドル、FITは州外の学生の場合17000ドル、一方文化は10100ドル程度。もちろん、文化は専門学校という枠組みですが年間1万ドルで世界ランキング8位って相当コストパフォーマンスいいと思いますよ。

さてそこで、その実力は世界に認められているというわけですが、世界で競争力をつけるためにはどうしても英語が必要。というわけで、もし文化が英語で履修できるコースを提供し始めたら、かなりうけると思うのですが。実際、アジアからはたくさんの留学生がきていますよね、もし、文化服装学院が英語のプログラムを開始すれば、ファッションの世界での競争力はもっと上がるのではないでしょうか。
同じようなことが食の世界でもいえるかもしれませんね。服部栄養専門学校あたりが英語のプログラムを提供すると、和食の世界進出ももっと早く進むかも。

海外で日本人が特に重宝がられる場面といえば、細かさ、器用さ、繊細さが必要とされる、美容、理容、食の世界であったり、正確さが問われたり、精密な技術が問われる産業だと思います。要するに日本人ってとても職人気質なのではないでしょうかね。
そう考えると日本の専門学校というのは、世界レベルでみても内容的に決して見劣りしないと思うので世界の職人を育てる教育機関として、学校が世界に扉を開くことで市場が一気に広がるように思うのですが。。。

働く母親のもとで育った娘はそうでない場合より、就職後の給料がいいという話

スタンダードアンドプアーズの500社のなかで女性のCEOの割合は4.6%だといいます。
ジェンダーギャップがなぜうまらないのか、そして女性がリーダーシップをとれる社会にしていくためには、何が必要かということをリサーチしたり、人々の認識を変えるための活動をするハーバードビジネススクールのジェンダーイニシアチブが行った25カ国で5万人を対象にした調査が発表されました。アメリカの場合、娘が14歳になるまでに母親が家庭の外で働いていた場合、その娘が成人後、得る収入は働いていない母親の娘達に比べ、23%高いという結果がでました。(25カ国の平均だとこれは6%)
また、アメリカの場合、働く母親をみて育った息子は家族と過ごす時間や子供の世話をする時間がそうではない家庭に育った人達の倍にもなるといいます。

これはなんとなく、わかりますよね。小さいころから家の手伝いをするということに慣れた子供達は大人になっても、働く母親の立場を理解してくれるというか、両親が仕事をすることも普通だし、家庭のことをみんなですることも普通であるという認識があるでしょう。
家庭と仕事を両立している親をみて育った場合、自分の母親が娘にとって一番のロールモデルになっているというのは実際しばしば耳にします。

ところで、キャリアや給料のジェンダーギャップの話をきいていつも思うのは、男性が作りあげた社会に女性がどう対応していかないければいけないかという話で、女性がなかなかキャリアが積めないのはネットワーキングにおいて男性よりも、劣っているとか、助け合いのコミュニティーができていないとかともいわれますが、そろそろ女性達も自分達が過ごしやすい仕組みというのを作っていくべきなのかなあとも思いますね。

女性が自分のキャリアや人生をよりよくしていくために自分のアドバイザリーボードを作るというサービスをWomen leadというスタートアップが行っています。2013年のマスチャレンジのファイナリストにも残ったこの会社、登録している女性同士が互いに誰かの、メンターになったり、逆になってもらったりしながら、自分の目指していることや目的に応じて彼らから、助言をもらったり、オンラインのトレーニングをうけたりします。
キャリア的にも、プライベートな面においてもいかに女性にリーダーシップをとってもらえるようにするかということに重点がおかれているサービスです。

今年の卒業生の抱える学生ローン残高は過去最高

卒業シーズンになりました。
やっと大学(院)を卒業したと思ったらローンの支払いです。ボストングローブの5月15日の記事によると今年卒業した学生は、平均して35000ドルの借金を抱えているということで今までで一番借金を抱えているそうです。

そして今年の卒業生の71%が借金を抱えていますが、20年前は大抵の学生は借金はなかったということ。そして問題は、大抵のローンは±10年〜返済するように計算されていますが、20〜30年と返済延長できるものもあるそうで、そうなってくると返済時期と自分の子供が大学にいくのとかさなってしまうということもあり得る話になってしまいます。
それどころか、車、結婚、家、と人生ではある程度の予算が必要になる時期があり、学生ローンで人生設計が狂う可能性もあるわけですね。

日本でも医学部はお金がかかりますが、メディカルスクールの場合は去年の卒業生の借金の中間値が18万ドルですが、新米の医者では25万ドル以上の謝金を抱えてスタートする人達もいるそう。ところが、レジデントとして働き始めた場合の収入は5万1千ドル程度ということで、はやり、一人前になるには時間がかかりますね。。。

さて、学生からみたら高い学費、学校側はなんとかいい生徒を取得するのに必死、その結果、奨学金のいらないフルで支払ってくれる外国人が好まれるとなってくるとこのビジネスモデルはいったいこの先どうなるのでしょうかね?

関連記事:
英語圏でないところで英語で学位を安く取得する方法