日本の若者にリスクを冒す、ということを教えることができるのだろうか?

”日本の若者にリスクを冒す、ということを教えることができるのだろうか?”

とある、アクセラレーターの創業者に日本へ進出することは考えないのか聞いた時、かえってきた言葉です。
イノベーションを起こすべく、インキュベーターやアクセラレータプログラムというものの有効性が認められつつある中で、こういったプログラムが世界中に広がってきています。ところがその会社は日本に進出するのは言語、文化の違いが大きい中特に、リスクに対する考え方が違うという点で彼らのビジネスが日本ではうけいれられにくいのではないかという疑問を呈していました。
日本人の若者の内向き志向というのはどうやら、世界的にも有名になってしまってきているのでしょうか。

リスクをとらない大人をみて育っている若者からしてみれば、当たり前にリスクを冒してはいけない、と思うに違いありませんよね。つい先日も10年ほど日本に暮らしたことがあるヨーロッパ人が日本に暮らしたあとアメリカにきて、何にほっとしているかといえば、失敗が許されることだという(失敗から何を学ぶかが重要)話をしていました。

事業を簡単に始められない(メンタル的なハードルも高い)資金集めや、オフィスを借りるのでさえ信用力が必要、とりあえずやってみようということがなかなか簡単ではない中でリスクをとるというのは難しいのが現実です。しかしだからといってきちっとした計画があり、信用もある企業もしくは団体が始めた事業がうまくいくという保証もありません。

つい先日も、シェアオフィスの視察にきた地方行政の一団の方が、このオフィスに入居するには、それなりの審査があるのでしょうが、どういう条件があるのですか?と聞いたところ、事務所側は空きがあれば誰でも、と答えたのが印象的でした。
そのシェアオフィス会社を立ち上げた人は、そもそも自分が事業を始めた時に、(始めは全く違う事業だった)オフィスを借りるのがすごく大変で、家まで担保にいれなければならず、大変な思いをした経験からその会社を運営するようになりました。そして、オフィススペースを貸すだけではなく、人的なつながりがもてるようなコミュニティー作りをしています。
ここでは成功している人たちがその後の人を育てています。そういった要素もリスクを一つ減らす取組みの一つといえそうです。

広告

古代からある素材を使って関節痛に有効な治療法を探る

歳をとるに従って、軟骨がへり、痛みをともなう関節炎を起こすことがあります。自分の周りにもそういう症状を抱えている人が何人もいますが、マサチューセッツ州のケンブリッジの医薬品開発コンサルティング会社SDGによると現時点で骨関節炎の進行を遅らせる医薬品が市場にないといいます。
自然療法で、貝(緑イ貝)の一種が軟骨の再生に役立つとして、サプリメントやグルコサミンのサプリはでていますね。
西洋医学の世界でも病気の治療が科学的療法以外に自然にあるものを使ったり、自己免疫力を高めたりする手法がここのところますます、注目されているように思います。

そんな中、古代からある”絹”の力に再注目しているバイオ企業の話(ボストングローブ10月21日)がありました。

臨床医として、関節の痛みに苦しむ患者に対して、根本的な治療のために処方できる薬がないことをきっかけに研究をはじめ絹に注目して2013年に、Cocoon Biotech Inc.という会社を設立したのツゥイード・ケント医師がいます。
絹はタンパク質と水からできていてその特性として生体適合性があり、体内にいれてもその後取り出す必要もなく、免疫反応もおきません。人体だけでなく、環境にもやさしく、食べることもできます。

絹というのはすごいですね、絹のコップを作れば、そのまま自然に戻りますし、もう少し改良して、食品パッケージにすれば、そのまま食べることもできてしまうといいます。
そんな絹でツゥイード・ケント医師は、関節のジョイント部分に、球状の絹を注射で埋め込むという治療を考え出しました。症状を和らげるとともに、進行を遅らせるように、現在プロトタイプもできているそう。

それにしても、ここでは、臨床医が自分の経験をもとに起業するケースをよくききますが、そういった設備、環境が整っているのもボストンのすごいところだと思います。

マモグラフィの検診はいくつからが適正か?

日本でも乳がん検診(マモグラフィ)というのが40歳をすぎると、奨励されます。
できれば毎年うけてくださいね、と検診で言われる事も多いと思うのですが、研究によると、たとえマモグラフィでがんが見つかったとしても、死亡率には影響はほとんど与えないということがわかったということです。
40代、50代で乳がんでなくなった女性の85%はマモグラフィにかかわらず亡くなったとブリガム・アンド・ウィメンズ病院の医師が報告しています。(10月21日のボストングローブ )

アメリカがん協会は、40歳から奨励していた毎年のマモグラフィ〜検診を45歳からにし55歳からは2年に一度とするべきだと発表しました。
以前、スイスの医師が、40代前半くらいまでの女性の場合(リスクが中程度の場合)、検査の負担(身体的、金銭的、時間的にも)を考えると、超音波診断で十分だ、という発言をしていたのですが、ある意味正しかったのかも、と今になると思います。

データからはあくまでも平均値しかでないので、実は個人差が大きいようですね。
とくに人の体というのは、神秘的なもので、(特に大きな)病気を乗り越えた人はよくわかると思いますが、自分の体にあった治療というのは本来自分が一番よく知っていたりします。周りのことを鵜呑みにせず、疑ってかかるという姿勢は大事なようです。それにしても将来は、家族の病歴等だけでなくDNA診断をして、マモグラフィが何歳から何年ごとに必要か、といったことを調べて必要に応じて検査するといったことが一般的になるかもしれません。

3歳までの環境が一生の語彙数を決める

10月9日のボストングローブにシカゴ大学の小児神経外科医のサスキンド博士のインタビューがのっていました。

耳の悪い子供達に、人工的内耳をつける治療をしていたサスキンド博士は、同じ治療を施しても話せるようになる子供、全く話ができない子供がいるのに気ずき、原因は何かを調べると、それは社会経済的な理由であることがわかりました。
1960年代の小児心理学者達による研究ですでに、貧困層の子供達は3歳までにそうではない子供達に比べ3000万語も語彙が少ないということがわかっています。人の脳は3歳までに80−85%できあがるということで、3歳までにどういう環境で育ったかは一生の語彙数に影響を与えるそうです。

親が子供に話しかけることが、記憶、感情、自己統制、空間能力、数学の能力にまで影響を与えます。
量が質をコントロールします。とにかく、子供が何に興味があるのかをみて、様々な語彙を使って話しかけ、子供をちゃんとした話相手とみなし、会話を進めていくということをしていくと、両親も子供の言語能力が発達するのが確認でき、もっと話をするようになり、言語能力だけでなく、他の能力も上がるというわけです。

日本には3歳児神話(子供が3歳になるまでは母親が子育てに専念すべき)なるものがありますが、子供に向きあう時間が多く、意識的に子供と対話をしていればどうやら、3歳児神話というのもあながち、根拠がないというわけではないのかもしれません。
(もっとも、専業母親をしていても、テレビやコンピューター機器に子育てをしてもらっていたら、そういうわけにはいかないと思いますが)

TEDx Cambridgeをオーケストラのように指揮するディレクターの話

年に2回のTEDxケンブリッジのイベントが先日行われました。今回もイノベーションラボがあり、前回に引き続き、数々のスタートアップがテーブルをだしていました。前回もいたアクアポニックスの会社、Grove(バージョンアップした商品を展示していました)や今回はあのpavlokもブースをだしていました。

今回のスピーカーはハーバードやMITのアカデミック色が強い方々でしたが、大学の授業のような話ではなく、自分の個人的な問題と仕事を結びつけるような話(例えば、ファイナンスエンジニアはガンを治すことができるのか?)や世の中が競争の世界から共存の世界へ移行している話、ロボットと人の共存、協働に関してでした。
TEDxケンブリッジは観客数1100人、という北米最大規模のTEDxイベントですが、今回は毎回リッチな話をしてくれるスピーカーを選んでくるこのTEDxケンブリッジのダイレクターであるDmitri Grunnさんを紹介します。

TEDX2015Fall

TEDX2015Fall

スピーカー選びは彼が独断と偏見(?)で行うそう。そして、話す内容も特にテーマをきめて話してもらうわけではないようです。
TEDxはノンプロフィットなので、イベント自体収益事業ではありません。ボランティアの人達やスポンサーのおかげで成り立っています。しかし完璧主義な彼は、収益事業ではないこのイベントを運営する為のチームを作るときは妥協はしません。

彼は子供の頃、中学までは普通の学校にはいかず、ホームスクール(家庭学習)で教育をうけたといいます。アメリカでは結構、ホームスクールで学ぶ子供達が多いですよね。地域によっては、あまりいい学校がない場合母親や友人、その分野の専門家を呼んだりして、英才教育をうけられる場合もあります。そんな彼は高校でイギリスの高校にいきましたが大学に行く際は進路について悩んだと言います。バイオケミストリー、建築、またピアニストとしても彼は才能がありました。が、STEM分野に興味があった彼は結局MITに進みます。その後会社を立ち上げ、売却そしてTEDxケンブリッジの運営を始めます。

TEDxケンブリッジがこれだけ人を呼べるのは、豊富なスピーカー層、そしてスポンサーのプールが近郊にあるというのは大きいと思います。教育機関が多いことからどうしても教授レベルの人たちが多いですが、何かを極めると、自然にそれを誰かに教える立場になるということもあるのでしょうか。

3年前に初めて行ったイベントには観客45人、それが今年のイベントは1100人収容できる場所に移動。この動員数は北米のTEDxイベントのなかで最大のものだそう。
それでも売り出したチケットは4日で完売。これ以上の観客を収容できるところはケンブリッジにはなく、来年のイベントはボストンにあるオペラハウスで開催されることが決まったそうです。オペラハウスでの規模のTEDxは世界で最大規模のものになるそうですがさてそこでのスピーカーとして彼は誰を選ぶのでしょうか??

ところで今回はディミトリさんの意思がはっきり感じられたことがありました。実は前回スピーチのあとで黒人の若い女性ミュージシャンが演奏したのですが、途中で人がどんどん抜けて、曲が終わるころには誰も席に座っていなかったということがありました。その後の立食のパーティーの時も一人でポツンと寂しそうに座っていた彼女。
その彼女の曲に席から最後まで離れることなく、静かにじっと耳を傾けていた彼の姿が未だに私の目にやきついています。
今回はリベンジ?自身が音楽家でもある、彼は彼女には才能がある、とみこんで彼女を連れてきたわけで、彼女もTEDxのある意味講演者の一人です。表現者として、自分のパフォーマンスを誰も聞いてくれないという環境ほど苦しいことはないと思います。その彼女に敬意を表して、今回も彼女をステージに呼びました、そして今回はしっかりと一人のパフォーマーとして、観客誰も立つことなく演奏できました。

Dmitriさんの本職はどうやらオーケストラの指揮者のようです。

http://www.tedxcambridge.com/portfolio-item/daniel-koh/
http://www.tedxcambridge.com/portfolio-item/julie-shah/
http://www.tedxcambridge.com/portfolio-item/adam-cohen/
http://www.tedxcambridge.com/portfolio-item/primavera-de-filippi/
http://www.tedxcambridge.com/portfolio-item/mina-cikara/
http://www.tedxcambridge.com/portfolio-item/andrew-lo/

関連記事:
TEDxCambridge2015 Springに参加したイノベーティブな会社色々
ショック療法で生活習慣を変える