複雑になってきたサンクスギビングの食卓とそこに確実に進出している豆腐の存在について

今日はサンクスギビングデーです。家族や、親戚をお迎えする家庭も多いのですが、食事制限、これはアレルギーの場合も、あるし、自分で制限をしている場合もあるのですが、色んな制約がある人が多くて、ホストをするほうは大変だという話です。

確かに、誰かをお招きする時は必ず、アレルギーがあるか、もしくは、ベジタリアンかをききますし、宗教によっても食事の制限があるので、アメリカで人を招くのは、ややこしいです。ただ、実際アレルギーの人が確実に増えてるんではないかと思うのですよね、そんな話をアメリカ人としていたら、いや、半分の人は食べたくないので、アレルギーといっているだけだと言われてしまいました。それでもアレルギー自体は確実に増えていると感じます。なぜアレルギーがふえているのか、定かではありませんが、一説には遺伝子組み換えの食物のせいだともいわれているようですね。

そんな中、ホストをするほうも大変だという話です。

ボストングロープ 11月27日 

フォックスさんのサンクスギビングの食卓には3種類の食事が用意される予定だ、それは、伝統的な食事、グルテンフリー(グルテン成分を含まない)な食事、ビーガン(完全な菜食主義)の人の為の食事。
ターキーが好きでない人の為にはステーキを用意し、ポテトパンケーキには卵は使わない、スイートポテトバイには、自然派ショップで買ったビーガン用のマシュマロをトッピングする。
ニューヨークに住む、フォックスさんは18人を家に呼ぶつもりだが ”昔はもっと単純だったのに。。。”という。

アメリカ国内ではベジタリアンやビーガンの人向けのものはどこにでもある。アメリカ人はますます、口に入れるものに注意を払うようになり、それが食卓に反映している。その理由は、様々だ。三分の二のアメリカ人は肥満か、体重オーバーで、食事を制限することで、食べる誘惑に打ち勝とうとしている。エネルギーのとり過ぎにつながる乳製品を控える人、また、長期的な抗生物質、着色料や保存料を心配している人もいる。

オーガニックフードの売り上げは、この5年で24%あがり115億ドルになり、グルテンフリー製品の売り上げは倍以上の4億2000万ドルになった。
そして、小麦、乳製品、砂糖に対して肯定的ではない人たちの為の食品の売り上げは、12%あがり、29億ドルになった。

肉製品を売る、Hillshire Brandsは抗生物質を使わないソーセージやミートボールをAidellsというブランド名で販売している。豆腐をベースにしたターキーの代わりの、”トーフルキー”は1995年に発売されてから毎年売り上げを増加させている。
”トーフルキー”が発売された時はわずか500個だけがポートランドとシアトルの健康食品店で売れたが、今年は約35万個の売り上げ予定だ。

それでも、まだなお 沢山の人達は伝統の習慣に従っている。食事制限のある人も親戚の家で食べる時は譲歩をしなければいけないと思っている。

ヒューストンのダニエルさんは、彼の家族はターキーを食べるのを何年も前にやめてしまいトーフルキーをたべているという。
”ベジタリアンが家族の中でも大多数になったので、もうみんな肉を食べるのをやめたんだ。”
特に食べ物が中心になる、ホリデーの時期は家族の誰かが食べ物の制限やダイエットをすると、まわりへの波及効果は大きい。

メキシコで育ち、肉中心で育ったエマさんも引退してからは明らかに肉と他の動物性の食品を食べる事を減らした。息子は10年ほどまえからビーガンで肉は食べない。彼女は今では豆腐も、ターキーと同じくらい好きだ。
”何かに慣れるかどうかという事だと思いますよ。”と64歳の彼女はいう。

以上が要約です。

昔は、今ほど、アレルギーがなかったせいか、出されたものは全部食べる、というのが暗黙のルールだったと思うのですが(特に日本では)、今は、うちの子はこれはたべません、ということを、親も容認してしまうようになり、もう、アレルギーなのか、食べたくないのか、それとも食べさせたくないのか、よくわからなくなってきました。

ただ、これはもしかすると、昔は今ほど選択の余地もなかったし、あるものを感謝して食べるという事だけだったのに、今は、農薬、添加物、保存料、抗生物質、虚偽表示を含め、知れば知るほど、食べるのが怖くなってくる、そういうことなのかもしれませんね。

和食がこれほど、外国で人気があるのは、日本人が料理がうまいという事もあると思いますが(!)肉や魚をたべなくても、ヘルシーに食べれるものがたくさんあるということだと思います。一方日本で、豆腐やさんがどんどん廃業しているという話をきくと、逆に日本人が、ビーガン向けの食材や加工食品をプロデュースして、洋風なパッケージとブランド名で出したらまだまだ、こちらでは市場開拓の余地がありそうな気がしますが、どうでしょう?日本で豆腐を食べてから、豆腐が好きになったという外国人、たくさんいます。

広告

ハーバード大学で一番人気のある授業は?

当たり前といえば、当たり前の話のような気もするのですが、ハーバード大学で、コンピュータサイエンスのコースが大人気という話です。ハーバード大学の中で受講生徒数が最も多いのは経済学、倫理の授業、コンピューターサイエンス。コンピュータサイエンスのコースは、2003年と比べてみると、2013年にはほぼ7倍にあたる、700人がそのクラスを受講しています。倫理の授業というので、これは日本でも人気のある、サンデル教授の白熱教室?って思って調べたら違いました、なんとこの授業は…

11月26日 ボストングローブ紙

2011年にハーバードに入学した、Trevor Brandtは入学した時は、コンピュータでプログラムを書くのはMITの仕事だと思い、自分は哲学を勉強しようと思っていた。ところが、古代哲学をとっている間に、彼は方向転換をして、21世紀の言葉になったコンピュータ言語を習うクラスCS50,をとることにした。”コーディング(プログラムを書くこと)は僕たちの生活とすごく関係がありますね。”

ここ数年でこのコースは学校でも1番大きなクラスになり、700人の学生と102人のスタッフを抱える大きなクラスになった。大きな教室で授業が行われ、まるでテックスタートアップのようだ。
医者になりたいピッツバーグからきたAlana Ganzさんは、分子生物学や細胞生物学の世界でもコンピュータが果たす役割がふえているのでこのコースをとっている、という。”コンピュータサイエンスがどんなに、たくさんの分野で使うことができるのかということがわかりました。”

CS50の授業でAをとることは簡単ではない、それどころか、ハーバードで一番難しい授業の一つである。
Ganzさんのように大抵の学生はこの授業をとったからといって、テックのスタートアップを始めるわけではない。しかし、インターネットとスマートフォンで育ったこの世代はテクノロジーというものを、どんなキャリアをしようと、知る必要のあることだと思っている。ビルゲイツやザッカーバーグにコンピューターサイエンスを教えたHarry Lewis教授は ”この30年から40年におこったことは、どの科学もコンピュータサイエンスに依存するようになったということです。アメリカでは、情報技術は科学であり、商業、そして社会現象なのです” という。

テクノロジーの世界では、優位にたっているライバルのMITやスタンフォード大学の陰に長くあったが、現在ハーバードは早くもイノべーションとスタートアップであふれ、投資家の資金をひきつけている。
20歳のブラジル人のガブリエルの夢はMITにいくことだったが、CS50のオンラインバージョンサンプルを高校生の時に作った後に、MITに行く計画を変更した。彼は許可を得て、CS50のコースをポルトガル語に訳して、ブラジルで他の高校生に教えて、今年、ハーバードに入学した。
彼はこのコースのおかげでハーバードを、違った目で見るようになったという。

ハーバード大学の前学長は
”実用的(実務的)であること、という視点がいつも工科大学では大事で、普通の大学ではそのようには考えられては,こなかったのです。”
現在、ハーバード大学はファンドレ-ジングキャンペーンで得た65億ドルで新しい、エンジニアスクールと、応用科学の建物を建設中だ。何年か前まではエンジニアリングは一部門だったが、いまでは独立した学校である。

CS50 はもうハーバードのブランドになっている。
”CS 50受講済!”Tシャツや、学生のフェアーやハッカーソンまである。

大学側はたぶん、どの専門でも学生達はコンピュータがどのように動くのかを知りたいのだ、と推測している。
” 学生がメディカルスクールとか、ファイナンスのほうにいくのではなく、リスクをとろうとしています。これは学生がコンピューターサイエンスを通じて社会に貢献するという新しい道を見つけたからだと思いますよ。” と、ハーバードのコンピュータサイエンスのParkes学部長はいう。

以上が要約です。

倫理の授業は、中国の倫理観と、政治理論についての授業でした。

面白いのはこの倫理の授業も、2006年に始まって以来、コンピュータサイエンスの授業と同じくらい受講人数が増えていて、2013年には700人ほどの学生が受講しています。これは、科学が発達すれば、するほど人間の倫理観というものも、大事になってくるという視点に立てば、納得かもしれません、なんといっても、中国の倫理観に関する授業ですから、edxで受講できれば、日本でも人気がでそうですよね。

コオロギの炒飯はいかがでしょう?

虫を食べるというのは、日本でも地域によっては、昔からある習慣ですが、最近はアメリカでもそういう商品開発を、よくきくようになりましたね。
国連によると、2050年までに世界の人口は90億人になり、みんなのおなかを満たす為の十分な原料が確保できなくなるとの報告があり、虫が解決策になると提案もされています。今年の、春に行われたボストンでの、ソーシャルエンタープレナーシップ賞を受賞した学生のグループも、発展途上国で虫を使って、食のビジネスをおこすというアイデアでした。

虫を使った食品を提供する、スタートアップの話です。

ボストングローブ 11月25日

ケンブリッジの3人の女性、D’Asaroさん、Wangさん 、Natowさんが立ち上げた Six Foodsは虫を扱うだけでなく、食べる。

人に昆虫を食べさせることは、気が重い仕事だが、
”人の受け取り方って、かわるものですよ。昔はロブスターは囚人が食べるものだったし、生の魚を食べるなんていや、とかみんな思っていたけど、いまではどっちもごちそうでしょ。”

Six Foodsは 主にスナックフードから始めるつもりである。“ミルワーム(ゴミムシダマシ科の甲虫の幼虫)って, とても風味が豊かで軽食としてあっていると思う”
とD’Asaroさんはいう。

彼女はスタートアップコミュニティ用の集合住宅に住んでいる。そこで定期的に毎週みんなが集まる食卓に虫の料理を持っていくと反応がいい。
ある時、ミルワームのタコスをイベント用に用意して、共有の冷蔵庫に事前にいれておき、いざ、みんなにだそうと冷蔵庫をあけたら、すでにちょっとしか残っていなかったということがあった。

芋虫のサルサや、ミルワームのタコス、コオロギのジンジャーブレッド、コオロギの炒飯も作る。でも、虫を使って料理するのは簡単ではない。

“僕にとっては本当に難しいよ、だってエビとかロブスターみたいには反応しないんだから。”とSofra Bakery のシェフ、Geoff Lukaはいう。彼はSix Foodsのメンターとして、レシピを作るのと、ビジネスのアイデアについてサポートをしている。

特に ”産地直送” と、”持続可能性“ がキャッチフレーズになりつつある今の社会で、虫を食べるという議論で戦うことは難しい。
“1頭の牛に与えるえさと同じ分量で、虫からは12倍の肉を摂取できるんです。たとえ、1%の肉の需要を減らしたとしても、ものすごいインパクトになりますよ。”

以上が要訳になります。

ミルワームの写真をのせようと思ったのですが、ちょっと気分が悪くなってしまったので、どんなものか詳しく知りたい方はウェブで検索してみてください。(笑)

参考記事
コオロギバーのオーナーはテクノロジー会社のレシピを使う

赤ちゃんのバイタルを常にチェックできる肌着の登場で、親のストレスは増える?

赤ちゃんの肌着に組み込まれたセンサーが、赤ちゃんのバイタルをチェックをすることができるようになりました。
でも、実際 どれくらいの親が乳児の状態を常に把握したいと思っているでしょうか?

ボストングローブ 11月24日

ボストン周辺ではたくさんの乳児達が新商品のセンサーテストをしている。センサーは乳児の肌着に組み込まれていて、呼吸、体温、起きているのか、寝ているのか、体位などの情報を収集し、両親のスマートフォンにその情報を送る。NASAの宇宙飛行士だけではなく、じきに両親も数メートル離れた場所にいようが、香港のホテルにいようが子供の情報を把握できるようになるだろう。

ボストンにあるスタートアップ、レストデバイスと もう1社、マイセンシブルベイビーは来年の早い時期に150ドルから200ドルで、商品を発売する予定だ。しかし、両親が子供についてのデータをそんなにほしがっているのかは不明だ。また、小売店でその新商品のスペースを確保するのも難しい。”自分に子供がうまれると、ベイビー産業にすごいチャンスがあると思ってみんな参入してくるが、実際年々厳しくなっている。”と、ベビーカーとカーシートを作るUPPAベイビーの創始者 Bob Monahanはいう。

センサーの技術とワイヤレスのコミュニケータが小さく、安くなっているので起業家は新しい使い方を探している。安い3Dプリンターの出現でプロトタイプをつくることも安くなった。

ミモベイビーモニターは、3着の肌着、クリップ式センサーパック、ベースステーションがセットで199ドルで販売予定だ。赤ちゃんが仰向けでも、うつぶせでねていても、データはベビーベットからデータステーションに送られ、WI-FIネットワークを通じてインターネットにはいる。スマートフォンのアプリは、いつ子供が寝る位置を変更したか、も含め、表示される。ベースステーションにはマイクがついていてライブでも確認できる。

マイセンシブルベイビーという会社は同じような商品を開発しているが、赤ちゃんの肌着につけられた胸のポケットにフィットするディスクにセンサーが入っている。今年の起業家賞でこの会社は賞金10万ドルを受賞している。

ボストン子供病院の小児科医である、Julie Dollingerはこの新しい商品は、子供の心臓が悪かったり、無呼吸と診断された場合には役立ちそうだと思っている。しかし、”健康な乳幼児の場合、親をもっと心配させるだけだと思います。普通の発育状態でも医者に行かなければいけないんではないかと思わせてしまう。”

小売店はこれらのベイビーモニターを店にストックするのを少し見合わせている。子供用品を販売する店のオーナーは ”こういう商品は、そうでなくてもストレスがふえる生活なのに、もっとストレスを増やすことになると感じています。そして、こういう商品のライフサイクルは長くはありません。親は3ヶ月か半年、もしくは1年後には、神経質に子供をチェックするのを、やめるものです。”という。

ソルトレイクシティーのスタートアップオーナーである、オーレット ベイビーケアは、20万ドル以上の資金を、一個250ドルするデータを集めるデバイスの先行予約で集めたが、残りのデバイスはオンラインのファンドレージングキャンペーンで、20万ドルの目標に対して、3万5千ドルしか集まらなかった。しかし、起業家達はこの商品に関する、疑惑には目をつぶっている。レストデバイスのオーナーは、大抵の母親や父親はクラウドファンディングのことなんて知らない、という。従業員が6人いる彼女の会社は、最近120万ドルを投資家から集め、国内の小売り業者のチェーンとパートナーシップを結んだ。

以上が要約になります。

子供部屋に行かなくても、寝ているとか、泣いているとかの状態がチェックできるモニターやスピーカーは以前からあり、一時的には役にたつでしょうが、それさえも、長期に使用する親は少数派だと思われます。確かにバイタルチェックをそう頻繁にする必要がある子供っていうのは限られそうです。初めから医療用に販売したほうがいいような気もしますが。。。あと、在宅介護をしなければいけない家庭とか、老人市場はどうでしょうかね。乳幼児に限るより、対象を広げれば、需要が広がりそうです。

3DプリンターはPC並みに普及するのでしょうか?

この夏から秋にかけて、3Dプリンター、4Dプリンター(!)関連の記事が10以上でています。
去年、3Dプリンターってすごいんだって話を聞いた時は、てっきりB to B商品かと思っていたのですが、、、。どうやら本格的にB to C市場に参入しているんですね。遊びには沢山使えそうですが、普通の家だと、3Dプリンターで何を作りましょうか??フィギュアとか?食品サンプルみたいなものとか?

ボストングローブ 11月22日

店頭にPCが並ぶまでは、コンピュータを必要と感じている人は、それほどいなかった。が、今では誰でも持っている。

次は3Dプリンター?

MakeBotというニューヨークに拠点をおく会社はボストンのニューべリー通りに店をだし、消費者が安い3Dプリンターでクリスマスのオーナメントから車のパーツまでオーダーメイドで作ることをみせることで、PCが出た時のような技術革新を起こそうとしている。

”あなたの望む、あなただけのものが作れるんですよ”、とMakerBotのCEOのBre Pettisは言う。

3Dプリンターは、文書作成の為のインクジェット・プリンタに似ている。しかし、インクを噴出させる代わりに、その印字ヘッドは、プラスチックの点を打つ。コンピュータ・ソフトウェアによって導かれて、印字ヘッドはこれらの数100万のプラスチック・ビットを、層にしていき、徐々に固体に作り上げる。

エンジニアや工場は大きな高額な3Dプリンターを20年以上使ってきた。しかし、MakerBotは、高級なPCやテレビくらいの値段である、2200ドルという価格で、シンプルなものを作った。

ボストンは MakerBotにとってはニューヨークマンハッタンに続いて、2店舗目である。ニューヨーク店ではプリンターを売るだけでなく、印刷業務もしている、ステープレスやビスタプリントの3Dバージョンだ。(*日本のキンコーズのような感じ)

ボストンの店でもプリントサービスを近いうちに始める予定だ。
”ボストンは私たちのメイン顧客のいる場所です。ボストンにある寮の部屋に沢山納品しましたよ、ちょうどミニ冷蔵庫の上がいい場所です”

MITメディアラボのスピンオフであるFormlabsは、2月に3300ドルのプリンターを販売する。ケンブリッジのMatter Labsはウェブ上で3Dデザインをユーザーにしてもらうソフトウエアを作り、ボストンのスタートアップである 3-Sparkは組み込み式の電気部品でものを作るプリンターを開発している。

新しいデバイスのプロトタイプをMakerBots の3Dプリンターを使って作っている会社もある。環境保健の研究開発をしている会社では、分子は平面ではわかりずらくても3Dにすれば、手にとってまわすこともできるので分子構造を3Dで作っている。

生まれつき左手の指がない、12歳のLeon McCarthy君はサッカーさえできる、3Dプリンターを借りて作ったカスタムメイドの義手を見せた。

”普通の義手は何十万(円)もしますけど、MakerBot の3Dプリンターなら5ドルくらいでできるかな。”

最近サッカーボールをつかむ時腕をおって、新しいのにつけかえた。そして、今度はもっと人間らしく、拳骨にした時もっと丸くなるようなものを作りたいといっている。

一方、印刷業界のアナリストは3DプリンターはPCのようには人気がでないだろうとみている。

“3Dプリンターのハイプサイクルが今高い(*新技術の登場によって生じる過度の興奮や誇張、そしてそれに続く失望、回復、安定のサイクルで、今非常に期待や興奮度が高いところにある)が、消費者がこれらのものを買って、家で何かを作るということは考えにくい、なぜならターゲット(ディスカウントストア)やウォルマートにいったほうが簡単だし、安いから。でも3Dプリンターは安くデザインして、商品を作りたい趣味のある人や起業家には
人気がでるでしょう。小売店ではそんなに売れないと思いますが、PR効果は抜群で、絶対に話題にはなるでしょう。”

ここまでが要約です。セラミックの物ができる3Dプリンターもあるらしいです。お皿は自分でデザインできて、砂糖でできた寿司とか、3Dプリンターでできたりするのかなあ。
家具とかまでプリンターで できてしまったりすると、なんか変な感じですね、偽物にかこまれているみたいな。。。もうちょっと格好いい妄想ができるといいのですが、無理そうです。(笑)
どらえもんの世界に一歩近ずいた感じがしますね。3Dプリンターの話はまだまだこれから、色々でてきそうです。