日本で起業率が低い理由を考える - その2-

起業家は自分の信じる道を邁進することで、投資家を得るために苦労したり、周りの反対を押し切ったりと戦っている感が強いですが、ワシントンポスト6月22日に日本の起業率が低いのはそれだけではなくそれは妻が止める(日本の場合起業家はほとんど男性だから)、もしくは親が反対するというのが追加のバリアになっているという話がありました。

記事では起業率が低いのはその他にもロールモデルが少ないことやリスクを極度にさけることも原因に挙げています。
確かにアメリカ人にとってファンドレージングは小さい頃から日常的に行われています。自分の家の前でジュースを売ったり、路上で洗車をしたりすることでおこずかいをかせいだり、近所をまわってボランティア活動のための集金する子や自分の旅費を稼ぐ子達もいます。自分で稼ぐということが大事にされています。
以前、東京の住宅地の路上で外国人の子供がお店をひろげ自分のおもちゃを売っており、それをみた友人は子供にそんなことをさせるなんて、とびっくりしてみていましたが、ある意味、その子はここでやっていることをそのまま東京でやったというだけなんだと今にしてみると思います。環境が変わると評価も180度かわるということ。

またお金の流れのないところに口座が開けられない(法人口座)銀行もあります。お金の流れがあればすでにどこかに口座があるはずなのでものすごい矛盾を感じますが。ましてや借りようとすると、すでに成功していないといけないということでこれまた大きな矛盾です。日本ではお金がないと会社が作れないという言われる所以でしょう。アメリカでは豊かになるために起業するのに、日本では豊かな人が起業できるという。。。

成長市場であるBRICKには進出しないアメリカ人の起業家の方いわく、アメリカでも1960年代は、娘が起業家と結婚するなんていったら両親は大反対する時代だったといいます。彼の会社は、汚職率が高かったりや賄賂のようなものがはびこる国には進出したくないということをいっている中で、起業家的なメンタリティーを育てることは、正直であることや誠実さという要素を育てることほど難しくはないといいます。誠実さや、正直さのようなものがないと起業ができても社会が上手く回っていかない、そう考えると、日本では倫理観を大事にすることから起業率を上げるような環境が整えば、社会のためになる企業が増える、世の中がよくなる確率があがるということになります。

参考記事:
日本で起業率が低い理由を考える - その1-

広告

日本で起業率が低い理由を考える - その1-

バブソン大学が2014年にだしたグローバルアントレプレナーシップモニターというリポートがあります。
世界の起業活動に関するデータを集めて分析しているリポートですが、各国の起業活動率をみると日本は起業率がともかく本当に低く5.2%ですが、アメリカも12.3%でこうやってみるとそんなに突出しているわけでもないですね。
アフリカや南米の国など、大きな企業という雇用の受け皿がそれほど充実していないところほど起業が一つのキャリアの選択肢になっているようです。また日本では起業家になるというキャリアの選択肢がプエルトリコに次いで2番目に低いという結果になっています。

40過ぎて、独立する人をいい職がみつからないから”仕方なく”独立するんだと、まるでネガティヴなことのように捉える人たちも多いですが、実際それが”仕方なく”と、とらえられていることがまさに独立、起業することは社会的に良しと捉えられていないというふうに理解できます。
日本の起業率が低い理由としてよく上がるのは失敗することが許されない社会ということが言われますが安定しないこと,保証がないことが日本ではうけいれられにくいのでしょう。

小さな企業に出資するのも大企業だったりしますが、お金だしてあげるけど、自分は絶対起業なんていやだ、とかいうのをきくと、両者が全く違う世界観の中で生きていると感じます。
ボストンにいるとたくさんのベンチャーキャピタルの方達にあいますが、その方達もある分野で成功している人たちが多いです。バイオのベンチャーキャピタルなら医者だったり、サイエンティストだったりとその分野の専門家であります。そういった視点から投資先を選ぶ、もしくは投資した先をサポートしていくというのは明らかにサラリーマンベンチャーキャピタルとは一線を画します。起業をする方もリスクをとっていますが、投資するほうもリスクを背負うわけです。
起業家は自分の思いが形になっていく過程を楽しみます。つらいことも多いですが、かっこたる信念がないととてもつとまりませんよね。。。

起業をする側と支える側との温度差がありすぎるということも起業率低い一つの要因かもしれません。