顧客が先か、商品が先か。リフィ二ティが選んだ起業の仕方。

2012年に設立された rifiniti というスタートアップがあります。rifinitiはオフィス環境、不動産利用の効率化とサステナビリティーを追求している会社です。オフィス空間や商業施設等の空間を有効利用するために空間がどのように使われているかデータを集めクラウドを使い即時解析をします。データから、将来的にどういう需要があるかを予測し、これらを他社よりも5−10倍安く提供できるといいます。

フォーチュン1000の平均的な会社は300万平方フィートのオフィス空間に2億ドルを年に支払うそうですが、不動産業界の情報から共同創設者のグレスティー氏が試算したところ、大手の会社はオフィスの半分のスペースしか使っていないとのこと。合併をした場合等は、余分なスペースが生まれることがあるのですが、近年のモバイルテクノロジーの発達でオフィスの中で決まった場所で仕事をしなければならない割合がどんどん減っているといいます。

去年のマスチャレンジでファイナリストとして残った会社ですがこの1年の間に大手IT関連企業数社の顧客を抱え、投資家から200万ドル以上の資金供給をうけました。
ロンドン、ボストン、バルセロナで展開している投資会社、ボストンのエンジェル投資家グループと沢山の投資家からの期待を寄せられており、沢山の投資家が投資したがる会社の一つという感じなのですがその秘訣はなんでしょう?

グレスティー氏によると、”製品を作ってから売り込みに行く会社って多いんだけど、それだとリスクが高いんだよね、顧客になるであろう人達と始めから彼らの望むものを作っていくと、商品ができる前から顧客がつくんだよ。そうすると、其のお客さんがすでにお金を払ってくれる可能性もあるから、資金をどこかから受ける必要もないってわけ。小さく始めて、大きく育てるのさ。始めからいい顧客がいれば、投資家達も安心して投資してくれるんだと思うよ。”
これは、小さい会社もしくは個人で事業をやっている人たちは実感すると思うのですが、ビジネスの規模が大きかろうが小さかろうが、”お客がいなければビジネスは成り立たない” というのが、商売であり、資金がないならなおさらこの点が重要です。
お金がないとビジネスができないという人がいますが、必要なのは、信用だったり、核となる技術、知的財産だったりしてお金は後からついてくる、というのはまさにこういうことをいうのでしょう。

”そういう意味ではだれもが、独立起業するチャンスがあるんだよ”

参考記事:
Disciplined Entrepreneurship-起業の法則(イントロダクション)

広告

クラウドファンディングで火星にいこう!?

人間はまだ火星にいったことがないですが、2017年には火星に世界中から何千万人もの人々を送ろうとMITやデューク大学、スタンフォード大学、コネティカット大学の11人の学生達が計画をしています、どんなふうに??
キューブサットとよばれる小さな衛星にメッセージや写真、オーディオクリップやビデオをのせて。(6月14日のボストングローブ)

この”火星へのタイムカプセル”と呼ばれるミッションは学生による初のクラウドファンディングで資金を集めています。
http://www.timecapsuletomars.com/
募金をすると、自分の写真やイメージ10MB以内のものならアップロードでき、それを火星にもっていってもらうことができるそうです。

このプロジェクトでは非常に高レベルの技術が必要とされ新しい技術がテストされたり、発明が必要になるかもしれない、とMITの宇宙推進工学研究室(SPL)のディレクターで11人の学生を監督しているロザノ氏はいいます。もし、成功すれば、比較的安価な方法で火星探査ができるようになる可能性があるそうです。

デザイン、打ち上げ、航空通信、車両のコントロールの為のコストは2500万ドルにもなります。学生達はNASAやロッキード、ボーイングといった企業や宇宙飛行士達にアドバイザーになってもらい一緒に仕事をすすめています。

オバマ大統領は2030年までにNASAは火星に人を送る予定ということをいっているのですがそういう背景の中、この ”火星へのタイムカプセル“ プロジェクトは宇宙や火星探索に関して人々に興味をもってもらうのに一役買うと思われています。

このプロジェクトのアイデアは去年のワシントンで行われたヒューマン トゥマースサミットからうまれました。宇宙をよりよく知るためとか、技術の発展のためとかよりも, サミットの参加者の多くは、火星に一番に行った人として名を残したいという欲があるということに学生達は気ずきました。会議の間に宇宙産業のリーダー達はどうやったら人々はもっと宇宙に興味をもってくれるかを考え、人類はさらなる発展の為に宇宙にいくのだということを思いだしてほしいということから(アポロ計画の時代には沢山のテクノロジーが生まれた)タイムカプセルを宇宙に送るというアイデアがうまれました。

プロジェクトは複雑で問題も多々ありますが、学生も産業界も成功することに自信をもっています。もしタイムカプセルが火星につけば、沢山の人達が自分もそれに携わったといえるのです。

***
宇宙開発にはお金がかかります。でも最近、人々の関心が遠くの宇宙よりも日々の現実にむいていて宇宙開発の技術が結果的に様々なところで活用されるといってもなかなか資金が集まらないという現状があるのでしょうか。よってとりあえず、沢山の人に興味を持ってもらう為にこういったアプローチをしたともいえそうです。

要するに自分自身のかわりに自分の写真や映像、手紙とかかもしれないんですが、そういったものを火星に送って自分が行った気になって楽しむという感じでしょうか。
夢のあるいい方をすれば、将来的にそういったものを通じて、火星の住人(?)と通じ合うことができるようになるかもしれない?

一方、宇宙のしくみを知る為に、外にでるというのはわかりますし、テクノロジーが実際の私達の生活をよくするという点なら理解できるのですが、自分の欲の為に何かを他の星に送りつけるっていうのはよく考えると??という感じが。。。他の星にそう簡単にものを送れるようになってしまえば、極端にいえば他の星にもゴミが増える、地球の環境どころか、宇宙の環境を汚す?っていうことがある可能性も。高い倫理観がある意味求められる分野のような気がします。

アメリカ人に留学は人気がない?

2012年には前年を7.2%超える80万人の外国人学生が、其の半分は中国、インド、韓国から、アメリカの大学に入学したそうです。

一方、単位を取得するために外国の大学で勉強するアメリカの学生は約28万人(2011-2012 年度)でこれは全米の大学生のうちわずか1% ほどにあたるということ。

英語が世界中のビジネス言語として浸透しているせいか、英語が母国語であることが幸か不幸か、アメリカ人で他の外国語をマスターする人の割合は少ない感じがします。
アメリカは国土が広いせいか、東から西にいくだけでほとんど外国にいくほど距離もあり、メンタルも違うのではないかと察しますが、アメリカ人は外国留学にはあまり興味がないようですね。(海外留学は高いと思っている、学費だけを比べればアメリカのほうが遥かに高い場合が多いのですが)イギリス以外のヨーロッパの大学に行く人の割合も低いという話をカナダ人で、ヨーロッパの大学院を卒業した人と話していたのですが、彼いわく “最近アメリカ人もやっと気がつきつつあるよ、学部によってはヨーロッパの大学院にきたほうが明らかに有利だということを。この先増えていくんじゃないのかなあ。大学院レベルだと、英語で授業を受けられる学部や学科もあるし、博士課程をするなら、給料の額も倍近く違うもの” 彼はカナダの大学を出た後に、1年間台湾にいって中国語を勉強し、そのあと、マスターをカナダでやり博士をローザンヌ大学でとりました。其の彼は現在、スタートアップを立ち上げて、マスチャレンジのプログラムに参加しています。

留学する利点は、視野が広がること、もう一つの言語が身に付くこと、自分に自信がつく部分もあるでしょうが、謙虚にもなること、改めて自分の国のいい点をみつけられること等、沢山あると思いますが、一方本人次第では時間の無駄になる 可能性があるとの指摘も。しかし、これはアメリカ人に限らずどこの国の人でも一緒。

特に語学を学びたい場合、母国でどれだけ準備をしてくるかというのは大きいでしょう。
語学を学ぶには、時間がかかります。留学という事を考えればお金もかかるのですが、どこにお金を投資するのか、という点で考えた時、語学をマスターした時のリターンというのは数字に直接現れない部分も含め大変大きいように思います。

高等教育は誰のもの?

アメリカの高等教育費用が高騰しており、学生の負債額が増えているということを重くみて作られたドキュメンタリー映画 “Ivory Tower”が今週末からボストンでも始まりました 。テーマは、”学費に見合った価値が大学にあるのか”。  

1978年からみれば学費は1120%上昇!一方同期間に公立の大学への補助金は40%も減っているそう。
それでも大学に行く価値はあるか、と問われると、“イエス”と答える家族がほとんどですが、2010年には卒業時の借金の平均が25,250ドルだったのに2014年の卒業生の70%以上の人が平均して33,000ドルの借金をかかえているそうです。教育が国を担う人を育てるものという視点が強い、ヨーロッパの大学は国公立大学がメインで費用も無料から払ってもせいぜい年額十数万円といったところでしょう。(イギリスの大学はここ数年でかなり高くなったようですが)高等教育機関が公共の利益でなく、個々の利益を追求すれば、今の状態だと益々外国からくる学生に頼らざるおえなくなるでしょう。

ソーラーパネルを敷き詰めた道路をいつか走る日がくる?

アイダホ生まれのSolar Roadways(ソーラーロードウェイズ) というスタートアップがあります。
この会社、道路用のソーラーパネルを作っている会社で、道路に敷き詰められたソーラーパネルが集めたパワーを使って道路に組み込まれたLEDランプが車線を照らしたり冬場の雪や氷を溶かしてくれます。

この会社のyoutubeビデオは1600万回以上再生され、インディゴーゴーでのクラウドファンディングでは4万6千人以上の人から200万ドル以上を集めたそうです。

この会社、シリコンバレーで生まれた訳でも、ベンチャーファンドが入っている訳でもなく、アイダホ在住の夫婦が10年以上かけて道路をソーラーシステムにかえられるように考えて開発したものです。
開発者のScott Brusaw 氏は、従来のアスファルトの物と比べ、ソーラーロードを1マイル分作るのにかかるコストがどれくらい違うかということが定かではないといっていますが、メンテナンスの事を考えると、人件費は明らかにアスファルトよりはかからないだろうと想定しています。
そして初めてのソーラーロードをアイダホの町の案内所の駐車場に設置する予定です。

しかし、まだ現実にはパネルの耐久性や、コストの問題、綺麗にしておかないと発電しにくい点、暑すぎても効率的に動かない等、解決しなければならない点は多々あるようです。ソーラーパネルの価格はこの7年間で77%も下落したことで、例えば、Stellaris Corpという窓にあたる光を集めて発電するしくみを作っている会社のように、起業家たちはこの可能性を他の分野にも見いだしています。
確かに実用化を考えた時に、一般道路より、歩道とか、自転車道、又駐車場のほうが、パネルへの負担が少ないでしょう。

ちなみにマサチューセッツは冬の温度と夏の温度差が激しいために(本当にそれが理由なのか微妙な感じもしますが)道路に亀裂がはいったり、穴があいていたり、道はがたがたです。
穴にタイヤがうまって立ち往生している車や、パンクする車もあり、結構危ないので、穴が塞がれる工事がされるのですがパッチワークのようでまたそこからだめになったりもするので、いっそうのこと次に道路を修理する時には最新テクノロジーのもの(?)をいれてくれればと思うのですが。国が大きすぎると、インフラコストがかかりすぎるということもあるのでしょうか。ぼろぼろの道路や斜めになった木の電柱をみる限り、インフラ事業に関してはここでもコンサバティブなようですね。