ボストン経済にレッドソックスと上原投手はどれくらい貢献しているのか?

このブログは ”起業と教育の話” なのですが、ここのところ米大リーグのワールドシリーズの最終戦で連日ボストンレッドソックスが新聞の一面を騒がせております。先日、上原投手がMVPを獲得して日本人の中でも、もりあがっていますが、なんと今日の一面はカタカナで大きく

「セントルイス戦」

と上原投手の写真付きで書いてあるのをみて、え?これってボストンの新聞だったよね? なんて思ったりしました。上原投手は普段、自分の気持ちを、日本語のブログで表しているので、(彼の7歳の息子さんはすごく上手な英語でインタビューに答えていました!)メディアもなかなか彼の本心を伝える事ができなかったのでしょう。なんと今日は、彼のブログのここ1週間くらいの気持ちの変化が英語に翻訳されてのっていました。普段、英語の新聞を要約している私にしてみるとすごく、新鮮な気持ちになりました。日本人のブログが英語に翻訳されて、新聞にのってる〜!なんか、この ”proud” な気持ちわかっていただけるでしょうか??(日本人でいてよかった〜、ありがとうって感じです)。上原投手の英語版ブログができる日も近そうですね!

そんな中、ボストンで試合が行われる度に、その周辺にもたらされる経済効果についての記事がありました。

ボストングローブ紙 10月30日

勝っても負けても一試合ごとに600万ドルの経済効果

レッドソックスがボストンに戻ってきてくれて、ケンモアスクエアにある Harker`s Eastern Standard restarurant のオーナーであるGarrett Harkerよりも、喜ぶ人は そうはいないだろう。レッドソックスがボストンで試合をする度に収入が増えるのだ。それは従業員のチップが増える事も意味する。始めの2日間で売り上げが約5割もアップするのだ。”ボストン中のレストランがうちみたいになりたいと思うよ。”

そして、どの町もボストンのように なりたいかもしれない、ボストンコンベンションビジターオフィスによると、ワールドシリーズの1試合度に勝っても負けても 600万ドルの経済効果が見込まれる。もしワールドシリーズの4戦をボストンで行えば2400万ドルにもなるのだ。

Harker`s Eastern Standardのウエイトレス、Rebeccaによると、先週はシフトごとに100ドル余計にチップをもらったし、頭からつまさきまでレッドソックスのユニフォームに包まれたカップルは1本 238ドルもするワインを飲んだ。
”彼らはお祝いをしにくるの。で、ちょっとした現金をおいてってくれるわ” ここのようなレストランでは、オーナーから、皿洗いの人、ウエイトレス、全ての人がこの恩恵を被る。
ワールドシリーズの時期は、どこかの会社のCEOから映画スターまで、予約をとるので席はいっぱいになるのだ。

Creek Oyster Barはこの2晩で3000個のオイスターを売り、Harker`s Eastern Standardでは11000ドル分のワインの売り上げがあった。レストランにとっていい年ということは、年末のボーナスがいいということでもある。しかし、このような臨時収入は貯蓄にまわるようだ。

今年は去年のワールドシリーズよりも売り上げがいい、ひとつの理由としては試合が、すでに人々が忙しい週末ではなく 週中に行われていることがあげられる。

Harker氏曰く、”去年はブリザードがきて、売り上げが悪かったが、今年はその埋め合わせをしたんだね。これでバランスがとれたっていうものだよ!”

以上が意訳になります。

食の分野ではワーキングプアになりやすい、という現実があり、特にボストンの場合、食事のレベルの割には食産業で働いている人の賃金が安い、ということがあります。そんな中で、スポーツイベントと一緒に ”食” がからむと売り上げが倍増します。ボストンマラソン、レッドソックス(野球)、セルティックス(バスケットボール)、ペイトリオッツ(アメフト)、チャールスリバーのレガッタ、という国際スポーツイベントが一年中ボストン内の色々な場所で行われることで、実は観光業や食産業が維持されているのかもしれません。これであとは、サッカーだけでしょうか?!

ところで、今日は先日書いたマスチャレンジの最終ピッチの日です。このイベントもレッドソックスの最終戦をみんながみたいので、急遽時間変更のお知らせがきました。ちなみにマスチャレンジのイベントだって、1000人以上の人が参加するボストンでも大きなイベントの一つです。。。今日はボストン中が大騒ぎになりそうですね。

広告

ボストンマラソンを走って社会起業家になろう その2

日本では2011年に行われた本栖湖ファンドレイジングマラソンが一番始めのファンドレイジングマラソンのようですが、2012年には、京都大学の山中伸弥教授が自らiPS細胞の研究資金への寄付を集めのためにファンドレイジングマラソンに参加して1000万ほど集めたそうです。

ファンドレイジングというのはアメリカ人にとっては日常のことです。例えばインタビューをしたAnneさんは、”子供の時、遠足に行く前に資金を集める為に近所の家から家へ歩いてお金を集めたのを思い出してみて”、と私にいうのですが、東京で育った私はそういうことをした記憶がなく、逆に ”えー!そんなことしたの!” という感じでした。

公立学校で使っている、コンピューター機器類や、教育のサポートの費用もファンドレーザー達が担っている部分があります。
裕福な家庭の子供達が通う学校の場合、子供への教育資金が集まりやすいために充実した、コンピュータルーム、図書室、備品類があり、結局それがますます、教育格差を生んでしまうことにもつながるのかなあ、と感じますが。

2007年、初めて走った時の写真

2007年、初めて走った時の写真

彼女が走る決意をしたことで、
” 自分も参加したい、っていいだした友人が何人もでてきてね、自分がやっていることは、まさに人と人を結びつける事なんです。今回Dana Faber の名の元に走る人は約400人。ボストンマラソンの日までに私は全員と知り合いになるつもりよ。だって私達って本当は、一つにつながっているんだから。”

” みんなの気持ちを背負って、他の人ができないことを私がするの。”と目をきらきらさせて語る彼女、本当にこちらも、ものすごいポジティブなパワーをもらいました。

社会の問題を解決する為に、Dana Faberという傘の元に集まり、自分が走る事で資金を集める、一人一人はりっぱな社会起業家だと思います。

一つの目標に向かって、ボストン人が同じ夢をみる、Patriots day(愛国者の日)
次回のボストンマラソンは

2014年 4月21日  

インタビューに応じてくださったAnne Ghayourさん

インタビューに応じてくださったAnne Ghayourさん

Anne Ghayourさんを応援してくださる方はこちらへ お願いします。

ボストンマラソンを走って社会起業家になろう その1

世界でもっとも古い市民マラソンである(1897年から始まった)ボストンマラソン大会に出場する為のエントリーが9月から始まりました。来年のマラソン枠は去年、爆破事故により完走できなかった人も多数いた為に、例年以上に増えました。それでも出場するのはそんなに簡単ではありません。

そんな中、来年度のボストンマラソンに出場することになった一人の女性、Anne Ghayourさんから話を聞きました。

ーーそもそもなぜ、ボストンマラソンに出場しようと思ったのですか?

実は今回で3回目になるのですが、初めて走った2007年は、自分の身のまわりにがんになる方が何人もいて、何か自分ができることはないのだろうかということを考えました。始めは、自分が何もできないと思うと、とても惨めな気持ちになりましたが、ボストンマラソンにDana Faber (http://www.dana-farber.org/) というがんの研究所がファンドレーザーとして参加しているのを知って、がんの研究をもっとすすめてもらう為に走ろうと決心しました。Dana Faberの為に走って資金を集めるのはそんなに大変なことではありません。なぜなら、この辺りの人たちはみんな、なにかしらの理由でDana Faberを知っていますし、がんの研究のための資金集めと言う理由に、賛同してくれる人は多いです。

個人的にはちょうど、子供たちが小さかったので、子供の関係以外の人たちと知り合えることはとてもうれしいことでした。毎週何時間かともに同じ目的の為に走る沢山の人とつながることができるのですから。

ーー今回の特別な目的はありますか?

実はシカゴにいる、2人の息子を抱えたいとこが、がんになりました。彼女は今、治療をしている最中です。彼女の為に走ろうと、この3月に思っていたのですが、4月に爆破事件がおこり、その気持ちが決定的になりました。あの事件をきっかけに、走るのが怖いと思っている人もいるようですが、大多数の人はそうではありません。

ーーこのマラソンでは自分で、どのくらいの金額を集めるかを決めるのでしょうか?それとも、団体のほうから、指定された金額を集めるのですか?

団体のほうからは最低金額として4000ドルは集める必要があるといわれていますが、私は今回、自分の目標を11000ドルにしました。それは過去の経験上10000ドルは絶対に集められる自信があるからです。人の行動とはとても面白いもので、特に募金になると、そんなに普段付き合いのない人でも、このマラソンの話をしたら、次の日 3000ドルの小切手を持ってきた方もいました。
その人は、Dana Faberを知っていて、自分の知り合いがこの団体のためにマラソンをすることを、とても自慢に思う、というのです。一概には言えませんが、金銭的に余裕がある人ほど、募金の額は少なく(収入の割合から見た場合)、それほど経済的な余裕のない人のほうが、沢山の募金をしてくれるように思います。彼らはお金で全ての幸せを手にいれることはできないことを知っているのです。

ただ募金をするだけなら現金で10000ドル払えばいいのですが、それは違うような気がするのです。病気になり、治療をうけている人は、走りたくても走れない、健康で、走れるということはそれだけで、恵まれた、すばらしいことなのです。だから、走りたくても走れない人達の気持ちも背負って走るのです、他の人ができないことを自分がするのです。

ーーこれはフルマラソンですよね? みんなにこの話をした時の反応はどうでしたか?

ポジティブな反応はがんばれ、私たちの為に走ってくれてありがとう、あなたが友達でよかった、とかそういうものです。

ネガティブなものは、けがの心配や、健康の心配、また、付き合いが悪くなりつまらないとか、そういうものでした。でも95%はいい反応ですけどね。

ーーどうしてそもそもボストンマラソンと、ファンドレージングが結びついたのだと思いますか?

今から25年前に、はじめてファンドレーザーとして、ボストンマラソンと結びつけたのはDana Faberなんです。

ボストンの学校に通う学生の友人が、がんになり、Dana Faberのマラソンチームでコーチをしていた人に、走る事でファンドレージングをしてもいいかと相談をしたことがきっかけだったようです。

今では、ボストンマラソンを走るのはものすごく足の早い人か、ファンドレーザーでないと非常に難しくなっています。見に来るとわかると思いますが、始めのグループはものすごく走るのが早いグループ、あとの人たちはファンドレーザーで、よりエンターテイメント性が高くなっているのです。

ボストン人にとってだけでなく、アメリカ人にとってボストンマラソンというのはとても特別なものです。まさにPatriots day(愛国者の日)にみんなが気持ちを一つにして、同じ思いでゴールをめざすのです。

…続く…

ハーバード大学が低所得者の学生の受け入れを増やそうとしている

エリート大学が、批難をかわすための策という話もありますが、現実的にはアメリカでは、ほとんどの学生がファイナンシャルエイドのサポートを受けると言われています。

大学はファーストジェネレーションの学生の要求を満たす努力をしている
  
という記事でもありましたが、実際ダイバーシティを大切に思っているアメリカの大学にとってはいろんな人にチャンスを与えることは大切なことです。特にエリート校に入学する日本人の割合が減っているので、これから大学選びを検討している方にはチャンスがあるかもしれません。

ファイナンシャルエイドに関する詳しい情報はこちら
**ただし、日本にいる日本人が申請する場合は、特別なものでないと、難しいかもしれませんが、文部科学省などでも、エイドをだしているようです。

ボストングローブ紙 10月25日

ハーバード大学と他のエリート大学が長年低所得層の学生の受け入れを積極的に行ってこなかったことへの批難から、キャンペーンを展開しファイナンシャルエイドについてソーシャルメディアやビデオ等の方法で高校性を対象にアピールすることにした。沢山の学生やその家族は、発表されている学費をみて、申し込みをあきらめてしまうが、みんなはどんなファイナンシャルエイドがあって、それがどんなに学費を削減してくれるかをしらないのだ。非常にいい大学に、ほとんどただで通えるということさえありえるのに。

“沢山の優秀な学生が特に経済的な理由から、レベルを落とした学校にったり、大学への進学をあきらめたりしています。ハーバードではすでに毎年、140の都市や市町村に、該当する学生や両親や学校のガイダンスと会うために手紙を送っているが、ウェブサイトでは入学案内と、ファイナンシャルエイドの説明は別になっているのでわかりにくい。新しいキャンペーンはテキストメッセージやフェイスブックなどのソシャールネットワークを使うことで生徒が応募しやすくなる。まず第一の目的は低所得者層の大学卒業率をあげるということである。ハーバードによるここ数年のデータによると、裕福なエリアに住む優秀な高校四年生(最終学年)のうち、78%が全米の238の優秀な大学に、入学しているのに比べ、低所得者層住む地域の優秀な高校四年生は三分の一しか入学できていない。また、高校生は、自宅のそばにある卒業率が高くて、サポート体制がしっかりしている、大学を検討する傾向にあるという。

コーネル大学の研究所の教授のEhrenberg氏はハーバード大学等の取り組みを歓迎している、なぜならファイナンシャルエイドをよく知っている学生ほど、レベルの高い大学を選ぶからだ。しかし情報だけでは問題は解決しない。
裕福な、ハーバードやイエール、プリンストン大学はもっと低所得層の学生を受け入れられるが、財政的に厳しい他の大学は、授業料をあげなければ、低所得層の学生を受け入れられない。

以上が、意訳になります。

アメリカには、相当数の大学があり、大学間の競争がますます激しくなってもいます。日本の大学もそうですが、大学間の競争が国内だけにととどまらず、国際競争になっています。それを考えると、これから淘汰される、大学も増えていくことが想定されます。日本の学生もそれを念頭に、大学選びは世界に目を向けていくことが新しいチャンスをつかむことにつながる可能性が高いように思います。

コオロギバーのオーナーはテクノロジー会社のレシピを使う

ボストンでもフード産業は非常に注目を浴びている分野なのですが、フード産業に入るには資本法規制という大きな壁を乗り越えなければいけません、又、クリエイティブなこの世界はまだ、人の手に頼っている部分が非常に多いのですが、携帯のアプリを作るような感覚でフードスタートアップを立ち上げるというシリコンバレーからのニュースです。

ボストングローブ紙 10月21日

フード関連のスタートアップはIT会社のレシピを使う

Megan Millerはゴキブリは沢山のタンパク質を含み、すごくおいしいごちそうになるという事を知っている。

でもちょっとそれが、画期的すぎると、いうならコオロギは?もしブレンダーにかけて足や羽がみえなくなってたらきっと大丈夫だろう。彼女はChirp Firmの創業者でコオロギでできてるChirp bar(1本 2.5ドル)を来年から販売する予定だ。
彼女がとっているアプローチはChirp Firmを食品メーカーというよりはテクノロジー企業としてとらえることだ。”私はデジタル製品の開発をしてきました。私はこの会社を立ち上げる時はテクノロジー系のスタートアップを立ち上げるのと同じ考え方をします。”
彼女はChirp Firmを立ち上げながら、出版社Bonnierの研究責任者でもある。Chirp Firmのような会社に大きなベンチャーキャピタルの資金が集まっているが、正直どうやってこのような会社が既存の巨大な食品会社と戦うのかはまだ不明瞭だ。それでも追い風が吹いている。
“今、シリコンバレーでおこっていることは伝統的な技術にとってかわる新しい、何かが始まっているという事です。”
これは音楽の世界でも(i Tunes) 本の世界でも(amazon), 起こったように,フードスタートアップは食の世界の革命はそう遠くない日に実現しそうだと思っている。

“ 食の世界は信じられないくらいイノベーションが不足している。” と植物を使った疑似卵を作っているHampton Creek Foods のCEOJosh Tetrick はいう。
成功する食品会社を作る事はいいアイデア以上のものが必要だ。政府のルールや規制、大きな販売ルートをもった既存の大きな食品会社がある。障壁は厚い。だが、これらのスタートアップはテクノロジーの会社のように振る舞う。”ソフトウエアを作る時のスケーリングという考え方をとりいれるのです、私たちは何かを小さく作る事を知っています。それを何度も、繰り返して、大きくしていくんです。”

Hampton Creek Foodsのオフィスは窓際にもうすぐ、偽卵に変身するはずの植物が育ち、30人ほどの若いプログラマーやマーケッター、科学者達が音楽をがんがんかけて仕事をしている。ここの社員はみんな、食べ物を“食べ物”と、とらえず、新しいアプリを作っている感覚でとらえている。

食の世界で43年の経験があり、ソディウムの少ない塩を販売しているNUTECHフードサイエンスのThomas Manuelはこのビジネスに参入する難しさをよく知っている。”他のテクノロジー産業のようにアイディアを守れたり、パテントがあったりするのと違って、大抵の食品産業にはそんなものはない。だから、自分がすごいアイデアをもって成功してもだれかがすぐそれをコピーできて、作ってしまえるのさ”

国連によると、2050年までに世界の人口は90億人になり、おなかを満たす為の十分な原料が確保できなくなるとの報告があり、虫が解決策になると提案している。

Megan Millerは “人口が増えればタンパク質が足りなくなる、肉をその規模で増やしていくのは不可能です。私達がやろうとしているのは西洋の文化ではまだなされていない、タンパク質を大衆化して普及させるということです、これができれば、ものすごいことになるでしょう”

以上が意訳になります。

日本ではイナゴや蜂の子を食べる文化は昔からありますし、最近は食用のミドリムシの話をよく耳にしますね。
日本人は伝統的な作り方や、手作りというものがまだとても価値のあるものだと、とらえているような気がします。一方アメリカは、食文化に対する執着がそれほどないせいか、全く違うアプローチができるのかもしれません。それでも、私は個人的に和食マニアなので日本の食文化の深さと、広さを考えるとフード関連産業の輸出の余地はまだまだあると思っていますが。