市場経済のいきつくところ

NHKクローズアップ現代

経済学者、宇沢弘文先生のことを知りました。

彼は1960年代にすでに市場に競争を任せ、効率を追求することで格差が生まれるという考え方をしていて、シカゴ大学教授時代に市場原理主義者ミルトン・フリードマン氏と対立します。そしてシカゴ大学の教授をやめて日本に戻ったのですが、彼は
「市場で取り引きされるものは、人間の営みのほんの一部でしかない。医療制度とか、学校制度とか、そういうのがあることによって社会が円滑に機能して、そして一人一人の人々の生活が豊かになる。人間らしく生きていくということが可能になる制度を考えていくのが、我々経済学者の役割。」という発言をされています。
経済成長と幸せな生活を両立させるためにはどうしたらいいのか、ということを考えたときに宇沢先生が提唱したのが、”社会的共通資本”という考え方であり、市場競争に任せない部分を確保して、残りを市場経済に任せることで人間らしく生きる社会とは何か、ということを考えました。

数理経済学の専門家だったからでしょうか、数字のみで導かれる数式だけでは人を幸せにしないということを知っておられました。
自分のようなものでさえ、アメリカにいると、数字をおいかけるということを時々極端に感じ、その限界も感じます。

そして思い出したのがハーバード大学のマイケル・サンデル教授の本「それをお金で買いますか?」です。
政治哲学者である彼が危惧していることは全てが売り物となる社会にむかっていること。お金で買えるものが増えるほど裕福であることが重要になってきて、生きていくうえで大切なものに値段をつけるとそれが腐敗するおそれがあるということです。
そこで市場の役割をどのように考え直すべきなのか、ということを考えさせる本なのですが、これが出版されたのが2012年。格差問題がますます深刻になるアメリカ社会で、効率のみ、数字のみを追求する市場経済に対して、あらためて議論をし直そうという考え方が経済学以外の分野からでてきました。

しかし、面白いもので、市場が過熱しすぎるとイノベーションが起こったりしてポンと価格破壊が起こったり、タダ同然のものが出現し市場そのものがなくなったりすることがあります。市場が過熱するまでもしくは、壊れるまでまつのか、それともはじめから壊れるべきではないものは市場経済に任せないとするのか、その線引きはどのような基準、価値判断ですべきなのか。そのあたりの基準は日本人とアメリカ人では多分、違うでしょう。これを、考えることはTPP問題を理解するのに役立つような気がします。

アメリカでの高騰する高等教育費用、高額な医療費、食の問題等から日本が学ぶことは多そうです。


それをお金で買いますか――市場主義の限界

広告

再生可能エネルギーの将来性

国のエネルギー対策に関しては、各国政府が先頭にたって進めていくことだと思うのですが、アメリカはやはり、決断するのも、行動も早いです。

日本での原発事故の後、世界各国は今後のエネルギー政策をどう進めるかということを改めて考えてきました。ヨーロッパでは、原発をやめて再生可能エネルギーや省エネ技術の開発、新しいエネルギーミックスを模索する国々もあります。
ボストングローブ11月24日には太陽光発電や風力発電がとうとう天然ガスや石炭と同じくらいのコストで供給できるようになったという記事がありました。

ここ、5年で太陽光発電や風力発電のコストがかなり下がっているのですが、その傾向が今年は顕著で特に風や日光が豊富な南西部や北アメリカ大陸の中西部においては太陽光発電や風力発電の値段が天然ガスよりも安くなっています。これはこういった産業に補助金がでていることも理由に挙げられますが、これがなくても十分競争力のある値段になっているとのこと。
しかし、だからといって全面的に従来のエネルギーのかわりになるというわけでもないようです。

それぞれの国の事情でベストエネルギーミックスというのは、違ってくるでしょう。
本来政治の役割は将来の方向性をきめることだと思うのですが、震災があって、もう3年以上たっています。政治が安定しないことで、最後にその責任をとるのは国民一人一人になってしまうのでしょうね。

海外から日本に行って、やっぱりいいなと思うところ

久々に海外から日本にいき、半分外人目線になった私がやっぱり日本っていいなと思うところ。

・治安がいい  
昼間普通に歩いている時でさえ海外では緊張感を感じることもあります。

・まわりを(ある程度)信用できる 
店員さんでも、タクシーの運転手さんでも、知らない人に道をきくにしても、身構えてきくということはないでしょう。まあ安心できるのは言葉がわかるからというのもあるのかもしれませんが。もし自分が日本語できなかったら不安かもしれませんね。

・インフラが整っている 
突然停電になることもないし、大雨ですぐ浸水してしまうこともありません。まあ大型台風だとちょっと危ないかもしれませんが。道が穴だらけで、平らでないということもないし。

・食べものが安くておいしい
最近、日本の大学の学食でカキフライ定食を食べたアメリカ人の友人がこんなに安くておいしいカキフライを食べたことがないと、感動していました。(笑)

・サービスがいい
アメリカでチップを払っていても、なんのために払っているのかわからない時がありますよね。。。
日本人は気がきいて優しいということもあるのでしょうか。
 
・時間に正確 
分刻みで(秒刻み?)正確な、電車。電車は時間通りくるのが当たり前のように思えますが、いやいやどこでもそうではないですよね。バスだって、あれだけの交通量があることを思えば、時間のずれは許容範囲だと思います。

・あれだけ都市に人がいても、街がきれい 
ごみをもってかえるなんて、他の外人は考えるのかなあ?

日本、といっても都会なのか田舎なのかで評価はかわるでしょうし、日本にいるとすべてが当たり前で、逆に欠点が目につくかもしれませんが、たまに日本にくる外国人の目線でみるとやっぱり日本っていいなあ。。。

いつまでもこういう日本でいてほしいと思います。さあ、選挙、誰に投票しますか?

留学生動向からわかる、インドと中国の経済状況

ウォールストリートジャーナルインド版に、インドと中国からアメリカにくる留学生数の伸びについての記事があり、それによると去年は外国からの留学生数は記録的に高い数字だったのですが、アメリカにくる外国人の中では中国人学生が一番多く前年に比べて17%増加、2位のインドは、前年に比べ6%の増加でした。

インドと中国の留学生数動向Source: Institute of International Education

ウォールストリートジャーナルインド版より
インドと中国の留学生数動向 Source: Institute of International Education

2009年まではインドからくる学生数のほうが中国からよりも若干多かったのですが、2009年を境に中国からの学生が激増しています。中国人の学生は学部生として、ビジネス関連を専攻をするのに対して、インド人の学生はサイエンスや数学といったより科学技術的な分野を大学院で学びその割合は中国人の倍にも上ります。

中国人のほうが、学部生が多いのは経済的な理由だともいいます。
所得が増え、グローバル化が進んでおり、4年間で25万ドルを払える可処分所得が相当額ある富裕層が中国にはかなりいるとのことでアメリカの大学側からも学生の確保に動いているというのはよくききます。

一方、インド人の場合、アメリカの学部4年間を支払うことができる富裕層が少ないこと、もし国際的な学位をとりたいなら将来的に高給につながる大学院を選択するそう。
インド人学生の伸びが悪いのは、卒業してもアメリカでの就職の可能性が低いということもあるようです。雇用の状況がよくなれば学生数が増えるのかもしれません。

昨年度、アメリカで勉強する中国人の学生は80億ドル、インド人は33億ドルほど支払っているそうで、苦しい大学経営に貢献していますね。。。
アジア人を増やしたくないといっても、選択肢の多い一流大学は別として、学生数を獲得したい中堅以下の大学にとっては全額を奨学金なしで払ってくれるアジア人は歓迎というのが本音かもしれません。

関連記事
ボストンで学ぶ外国人学生の増加と問題点

まだまだこれから?ビットコインの話。

クレディスイスがスポンサーするフューチャーオブザマネーイベント第2段のテーマは、ビットコインです。
パネルにはビットコインで900万ドル損をだしたと報じられたコンピューターサイエンティストのクリスチャン・デッカー氏, Monetasの共同創設者クリストファー・オドム氏、アメリカで一番はじめにビットコイン用のATMの機械を設置したLiberty Teller の共同創設者カイル・パワー氏等というとても豪華なものでした。

80人ほどの人が話しをきいていたのですが、参加者の約半分がビットコインを持っていました。
マウントゴックス社の倒産劇のあと日本ではビットコインの話はさっぱり聞かなくなってしまいましたが、今では数千種類はあるだろうと言われているクリプトカレンンシーのうちでやはりビットコインが一番現実的に将来性があるという話でした。

4人のモデレータのうちの2人はスイスからこのイベントのためにボストンにやってきました。一人はクリスチャン・デッカー氏ですが彼はスイス連邦工科大学のコンピューターエンジニアリングの博士課程にいる学生です。
彼は今からほぼ8年前、22歳のときにビットコインを見つけてから自分で全てマイニングしたそうなので現実的には被害はずっと小さいということをいっていましたが、盗まれた時がビットコインの最高値だったので、それで900万ドルの損失とメディアに書かれてしまったそうです。ちなみに22歳の時に初めて見つけた150ビットコインはそれを見つけたことをしばらく忘れていたら、偶然換金できるというブログ記事を見つけ5セントで売ってしまったそう。(ちなみに11月21日現在で1ビットコインが約350ドル)今から考えると最悪の取引だったと(笑)結局、これだけ騒がれていてもまだまだビットコインは所有しているとのこと。彼いわく、失敗から学んだことは、インターネットにつなっがっていないコンピューターからビットコインをプリントアウトし金庫にしまうべきだったということです。

Monetasの共同創設者クリストファー・オドム氏はアメリカ政府の規制があまりに厳しいためにスイスに引っ越したといいます。
現在ビットコインのリサーチに関しては世界の先頭を走っているのはイスラエルとスイスだそう。
ビットコインのシステム自体はとても安全だがユーザー側の問題でユーザーはツールが必要だし、その教育も必要、ビットコインの値段は非常に変動率が大きいですがこれはもっと参加者が増えてくれば安定してくるはずだとの意見がでました。

インターネットの世界で起きたようなイノベーションが金融の世界にも起きるだろうと予測している人達がいますが、確かにビットコインのようなものがあれば、送金手数料というものを考えなくてすむわけですから、今までのようにお金を海外送金する時の高額な手数料でもうけるというビジネスはこの先難しくなるでしょうね。
このようなイベントをクレディスイスがスポンサーするということは意義深いなあと思いました。

関連記事
サステナブルインベストメント
確実に浸透しつつあるビットコイン