起業家のウォークオブフェーム(名声の歩道)

MITの様々な建物が集中している、ケンダールスクエアにある起業家のウォークオブフェーム(名声の歩道)には現在, 起業家の名が刻まれたプレートが7枚はめ込まれています。これが増えていかないことを残念に思っていて、これを増やしていくためには何が必要なのかをみんなにも考えてほしい, と伝えている記事です。

ボストングローブ紙 9月29日
起業家のウォークオブフェーム(名声の歩道)を作ること、は2年前の9月に始まった。ビジネスブログをはじめ、ニューヨークタイムス、BBCで取り上げられトーマス エジソンのひ孫であり、ロータス デベロップメント(ソフトウエア会社)の創業者でもあるMitch Kapor氏が名誉ある始めの一人となった。2011年の秋にスティ−ブ ジョッブス氏がなくなった時, たくさんの花やろうそく、そしてりんごがプレートの上におかれた。 ウォークオブフェームのウェブサイトによると2012年の公開ノミネーションの為の申し込みは7月に締め切った、とありその後は何もない。創始者の一人である、Tim Rowe氏(ケンブリッジイノベーションセンターのCEOでもある)によると、資金不足であり、彼と他の共同創始者であるMITのBill Aulet氏とケンブリッジ市 市会議員Leland Cheung氏も資金集めをする時間をみつけられないでいるらしい。

ここに, このすばらしいプロジェクトを救う5つのアイデアを披露しよう

1 歩道に壮大なビジョンを
ケンブリッジのマリオットホテルの前のスペースをプレートでうめていくのではなく、メインストリートから川をこえケンブリッジ通りからガバメントセンターへと続く道にプレートをうめていこう。ここはまさに、トーマス エジソンとグラハム ベルが研究所をもっていたところで、まさにこの地でベルは電話の試作品を作ったのだ。歩道がケンブリッジ市からボストン市に通じることで、双方の市と観光局にとって魅力的なものとなる。

2 歩道にデジタル表示を
歩道を歩いて、プレートのそばにくるとその起業家の略歴、写真、ビデオを表示するアプリケーションを作る。ボストンにはこういったアプリを喜んで作ってくれる学生は沢山いるはずだ。現状は月並みなウェブサイトしかない。

3 足下から飛び出す
公共の交通機関の駅にポスターを貼ったり、Tシャツを売ったり、起業家の説明が書いてあるサンドイッチをうったりというアイデアがでているがどれも実現していない。歩道のそばの店に頼んで、窓にウォークオブフェームに関連するサインや、ビデオを流せるスクリーンを設置させてもらうように頼んだらどうか。

4  理事の刷新
Rowe 氏によれば、プレートを一枚作るのに35000ドル(約350万円)かかる。ボストンには100万ドル(1億円)くらい、資金調達できる人たちは沢山いるから彼らを巻き込むのだ。歩道は成功した起業家や、大きな企業、ベンチャーキャピタルからの財政的な支援が必要である。理事達は1年に一度会ってノミネートされた人たちから、その年の起業家を選ぶのだ。そして、この理事も、7人の白人男性、というわけではなく、多様性のあるものにすべきである。

5 2014年からは毎年5つの企業を選ぶと決める
年中行事である10月のボストンの起業ウィークにあわせて, 毎年企業を選出しよう。
永続的な企業を作るのが難しいように、地元の目印になるようなものを作り上げる事は容易ではない。皆さんには他に何かいいアイディアはあるだろうか?

ここまでが記事の意訳になりますが、MITのBill Aulet氏(ビル オレット)は 当ブログでも紹介している ”Disciplined Entrepreneurship-起業の法則” の著者です。個人的にはウォークオブフェーム構想は本当にアメリカ的だと思います。著名な俳優、女優たちの名が連なるハリウッドウォークオブフェームのように、偉大な起業家達のネームプレートがMITの本拠地、ケンダールスクエアに刻み込まれる、起業家としては、それは大きなモティベーションになることでしょう。ピッチのイベントをみていても、まるでショーをみているような感じがするのは私だけでしょうか。起業をするということはアメリカ人にとって、人生というドラマの中の主人公が行う一大ショーなのかもしれません。

このプロジェクトの発起人の3人はケンブリッジの財界、政界をひっぱるエネルギッシュな若手という感じです、皆さんだったら、ウォークオブフェームを存続させる為にどんなアイデアがあるでしょうか。 

広告

Disciplined Entrepreneurship-起業の法則(5.次の10の顧客を決める.強みをみつける.)

Bill Aulet 著 Disciplined Entrepreneurship-起業の法則 (意訳)

Step 9  次の10の顧客を決める

一つのペルソナ(人物像)だけにフォーカスしてしまうと、ビジネスがあまりに特殊になってしまう危険があるので、他に製品を購入してくれる可能性がある、ステップ5で設定したペルソナ に似た顧客グループを更に10 みつけましょう。
そして、それぞれに一次市場調査をし、ステップ6でやったように商品のライフサイクルを調べ、ステップ8でみた バリュープロポジションを計算します。このプロセスをふむことで、このビジネスが成功するという自信がつくはずです。この10の顧客グループに実際、インタビューしてみて、仮定想定を検証してみるのです。たとえ、否定的なリアクションがきたとしてもそれは逆に、その顧客はあなたが解決しようとしている問題に興味があるということなのです。

この本にある24のステップをふむことの目的は、全てのステップで100%のできを達成することではなく、仮説を検証して、可能性のある顧客のことをもっと知ることにあります。もし、色々やってみても10の顧客がみつからない場合、ペルソナを変えるか、ターゲットとしている市場そのものを変える必要があるかもしれません。

Step 10  強みをみつける

あなたの会社の強みを説明してください。それは他の会社が簡単に真似する事ができないことです。例えば、ネットワーク力かもしれませんし、カスターマーサービス、値段、もしくはユーザーエクスペリエンスかもしれません。強みはそんなに簡単に変えることはできません。強みをみつけるということは知的財産をみつけることではありません、パテントは必ずしも、ビジネスの成功を保証はしません。

強み というのは 競争力のある地位 というものとも違います。あなたの顧客はその強みが理由で必ずしも商品を買うわけではありません。会社の強みが顧客にとってなんらかの利益をもたらし、それが 顧客の価値となり、そのためによりいい競争的な地位にたてるということであり、強みとはあなたの会社がどう他の会社とは違うか、ということなのです。

市場に一番に踊りでても強みにはなりませんし、サプライヤーと特別な契約をしていたとしてもそれも強みとはいえません。

ロンドンのアイシティ構想にいくつかのアイデアを

ボストングローブ紙 9月23日

意訳

ロンドンに、ケンブリッジ市にあるケンダールスクエアのような場所を作る構想(アイシティ構想)があり、2018年に完成予定である。そのアイシティ構想のディレクターである、Gibbs氏(ギッブス氏)はボストン周辺のイノベーション地区の状況を調べそこからアイシティ構想に使えるアイデアを収集した。アイシティができあがると約9万3千平米のスペースにはオフィス、巨大なデータセンター、ラフバラー大学(Loughborough Uni)大学院の研究センターがはいることになっている。

ギッブス氏がボストンで気にいっていることは、大学、スタートアップ、企業が全て非常に近くに集まっていることである。アイシティも似たような感じになる予定であるが、ブリティッシュテレコムがスタートアップが多くいる中に出張所を出すことに興味をもっている。ギッブス氏曰く、”目の前でパラダイムシフトがおこっています。大企業がスタートアップのような小さなもののそばになるべく近ずこうとしているのです。” 

ギッブス氏によると、アイシティはシリコンバレーのような ”技術的” な場所というよりは、もっと ”創造的”(クリエイティブ)な場所になる予定である。

以上が意訳になります。

補足として、
ケンダールスクエアというのは
マサチューセッツ州 ケンブリッジ市にありやグーグル、マイクロソフト、ノバルティス等、現代を代表するITやライフサイエンスの企業とMITやハーバード大学等の研究所、そしてケンブリッジイノベーションセンターのようなインキュベーターが直接結びついたボストンエリアの知の心臓部です。 このような枠組みを作る支援というのが本来国の支援ということでしょうか。ギッブス氏がいうように、ケンブリッジの魅力は上記の3つの分野がそばにあり、相互に深く協力しあっている点だと思います。

小さい会社のほうが、フレキシブルですし、感度がするどかったりするので、大企業も学ぶ事が実は多いのでしょう。小さい企業は失敗を恐れない勇気はありますが、本当は少々の失敗をしても大丈夫なのは大企業のような気がします。。。

アイシティに関しては
http://www.icitylondon.com
を御参照ください。

アントレプレナーシップの味は?

9月23日 ボストングローブ紙

意訳
ボストンやケンブリッジにはIT系や教育技術系等のスタートアップのための、スペースは点在している。最新では、家庭に食の革命を引き起こすことを目的としたFOOD LOFT 〔フードロフト)がある。

この背後には料理本とペアレントガイドの本を出版しているハーバードコモンプレスという出版社がある。はじめの3つのテナントは焼き菓子のための道具がオンライン上でひと通りそろう、”Bakepedia”、チーズの専門サイト”Culture”、 ブログから一番のレシピを集め、メールでニュースレターとして送る”Nosh On” である。325平米のスペースで賃料は毎月従業員一人当たり100~150ドル.
レシピのサーチエンジンのYammy のような食関連のスタートアップに投資しているShaw氏(ショーズ)とともにこのスペースを作った、とハーバードコモンプレス社は言っている。現在、フード関連の起業家に投資するファンド設立の可能性を探っている。

ここまでが意訳になります。
賃料が従業員ごと というのは面白いですね。
いすの数で賃料がかわるということでしょうか。

レシピのサーチエンジンとしては日本のクックパッドが英語版をだしました。日本の食のレベルは普通の主婦のレベルでもへたしたら、海外のレストランよりおいしかったりするので、個人的にもクックバッドにはとてもお世話になっています。

アメリカにいるというと、周りの人は 食に関しては大量でまずい、というイメージがあるらしいのですが、意外とボストンのあたりだと、それなりにおいしい店もあるし、量もそんなに多くはありません。日本人として嬉しいことは新鮮な
魚が手に入るというところでしょうか。

どうやら、冷蔵庫が残り物を自動的に検索してくれて、献立をたててくれる日も近そうです。

オンラインでの資金集め-クラウドファンディング

ボストングローブ紙 9月24日
意訳

証券取引委員会は月曜より、ケンブリッジにあるWefunder(ウィーファンダー)のような会社がスタートアップ企業のためにオンライン上で資金調達をしやすいように法改正をした。スタートアップ企業はウィーファンダーのようなクラウドファンディングのオンラインのサイトで資金を調達できるようになったのだ。ウィーファンダーの共同創始者のマイク・ノーマンは ”これまで以上にたくさんの資金がスタートアップ企業に流れ込んでくることはいいことです。でももっといいことはこれまでにはない方法でスタートアップをサポートしてくれる人達とつながることができることです。” といっている。Kickstarter 〔キックスターター)やIndiegogo〔インディゴーゴー)のようなクラウドファンディングサイトは近年芸術家や音楽家、起業家達がファンや支持者から資金提供を得ることができるようになったために人気がでている。典型的な例としては資金援助を必要としている者は、寄付金をもらうかわりに商品を提供する。でも彼らは株式の譲渡はしない。証券取引委員会のルールが、企業が投資を求める宣伝がだせるように変わったことで、プロの投資家や金融の専門家達から非難の声があがっている。法改正により株の販売のための広告宣伝が禁止ではなくなったことにより投資家がだまされやすくなっただけでなく、起業家が知らない人に株を売ることによって争いや論争に巻き込まれることをハーバード大学のロースクールの教授のJohn Caotes氏は懸念している。しかし新しい法には制限もある。資金援助をする側は年収が20万ドル(2000万円相当)もしくは純資産100万ドル〔1億円相当)以上でなければならない。ウィーファンダーは最低投資額を1000ドル(10万円相当)としており、そのサイトで資金を集める側も、資金提供する側もチェックされる。スタートアップ企業はプロの投資家の資金提供をすでに受けていなければならない。もちろん、このサイトを使う人達は自分で企業の信用調査をしなければならない。前述ノーマンによると、”それでも非常にリスクの高い投資です。情報公開がしっかりされなければなりません。” 

ウィーファンダー自体、魅力ある投資対象になっている。2012年に2人のMITと
バブソン カレッジの卒業生でたちあげたこの企業はすでに110万ドルの〔1億1千万円相当)の支援を得ている。カリフォルニアとケンブリッジにオフィスを構えるつもりだそうである。

以上が新聞の意訳になります。日本でもクラウドファンディングという形の投資が注目されています。
http://www.nhk.or.jp/ohayou/marugoto/2013/06/0618.html
他人の夢に共感できて一緒にそれを追いかけることができるのが、クラウドファンディングの魅力でしょうか。

オフィスをカリフォルニアとケンブリッジに構えるつもりということでスタートアップはやはりシリコンバレーとボストン界隈に集中しているということがわかりますね。

***1ドル100円相当で計算しています