全てのイノベーションが社会にいい影響を与えるためには・・・

3月の春休みの間には研修という名でたくさんの高校生がボストンを訪れます。

ここ最近MITやハーバードにいる研究者を訪ねたりする学生が増えてきて、春休みや夏休みには起業やイノベーションに関する話をすることも多くなります。日本の学生は積極的に発言しない、とのイメージがあったのですが、やはり学校の差もありますが、大学受験や進路に関して真剣に考え始める高校2年生くらいは前向きな発言や、かなり具体的な質問をする学生も多いです。特に理系コースにいくような学生は自分の実験結果が世の中にどういうインパクトを与えうるのか、また将来を考えてどのような大学、学部にいくかを真剣に考え始めるようです。

その中で一つ、ある学生が”イノベーションを起こすことは悪いこともあるのではないか” という話をしていました。確かに物事にはいい面と悪い面があります。良かれと思って発明したことも、悪いように使われる例というのは数多くあります。また悪いことに限って広まりやすい、という点もありますよね。

学校側も学生もレベルの高い大学にいかせたいし、いきたい。すると、テストされる科目の勉強には力が入ります。しかし、受験勉強だけをしてきた子たちが起業をしようとすると上手くいくのでしょうか?結局のところ何を作っていくにしても、人間の創造性やアイデアがその根源にあります。ビジネスとして成り立つのか、経済的に採算がとれるのかは金融機関が検証するポイントになるものの、それは倫理的、道徳的に問題ないのか、それが将来的に社会にどういうインパクトを与えうるのかということは、誰もといません。

だから、起業する人、したい人は哲学や歴史、道徳を実は、理科や数学以上にしっかり身につけて欲しいと思います。スタートアップの90%ほどは上手くいかないといいます、結局数字はあてにならない、でも確かなことは”誰”がそれをしているのか、ということ。だからベンチャーキャピタルも投資をするとき結局は”人”をみる、ということなのでしょう。

受験勉強ばかりして人としての教育を怠ってしまうと、のちのちもっと大きな反動があるように思います。

 

 

 

広告

これから必要なイノベーションについて

成功した、と言う表現をアメリカで使う場合それは金銭的な意味の成功がほとんどですが、その成功をはかる指標が金銭ではなく、Happinessならば、と言う話をここのところ度々耳にします。(ブータンの話ではなくアメリカで…)しかもそれをいいだしているのは、いわゆる大企業のエリート達や金銭的に成功している人たちです。

大量生産、安さ、大きさ、量や数字で世界に影響力を与えることを考えると、どんどん製造コストの低いところへもっていくことになりますが、でもそうすると結局、アジア、アフリカ、そしてその後は?また自国に製造業を戻すことを必死にやろうとしている国もありますね。でもきっと安く、早く、大量に、というのは結局将来的には AIや ロボットがその仕事をしていくのでしょう。

社会の仕組みがよりよくなったとしても個人のハピネス度はまた別の話。結局金銭的に成功しても必ずしも豊かさにはたどりつけないということを多くの人が感じ初めているからでしょう。周りからの評価は全く気にしなくて自分だけが満たされている状態になる、(いわゆるハピネス度が高い状態)というのは相当自分の中での価値観が確立されていないと難しいです。

他人と比べないという意味では一見、遅れていそうな近代化の進んでいない土地の人のほうがもしかすると、精神的には進んでいるのかもしれません。

イノベーション、日本語では技術革新と訳されることが多いですが、本来のイノベーションの意味は革新する、とか刷新するという意味。経済的には世の中をよりよくしていくためのサービスや製品を技術革新を通じてより広く世界に浸透させていくという意味で使われることが多いように思います。形としてみえるものはわかりやすいですが、この先求められているものは価値観や、考え方、思想のようなものを刷新して広く変えていくことのように感じます。

 

あらためて、マスチャレンジCEOにきくその立ち上げ 、ビジョン、そして特徴-その2-

(あらためて、マスチャレンジCEOにきくその立ち上げ 、ビジョン、そして特徴-その1-の続き)

プログラムが安定するまでに3〜4年かかりました。

今ではネットワークがメキシコ、イスラエル、スイス、ロンドンと広がっています。規模が大きくなると、いいことはボストンで解決できなくても、ロンドンやスイスで解決できるかもしれない、他のネットワークの中に答えがある可能性があり互いが助け合うしくみができてきたと同時に卒業生が増えてきて今後そのネットワークをもう少し活用することができるようになります。とりわけ最終選考に選ばれる26社の成功率がかなり高く質のいいスタートアップコミュニティーを作ることに成功しています 。一方、場合によってはチームが分裂したり、解散することもありますが、個々の能力が高いことが多いので、そのコミュニティーにある他の会社に就職したり、マスチャレンジそのものに再就職する場合もあります。

オフィス部分のスペースは当初はやはり、スペースを区切って個々の会社のプライベートスペースを望む会社も多くあったのですが、オープンスペースにすることでより協働がしやすくなることが相互にわかり、今ではミーティングスペース以外の全てをオープンスペースにすることで互いに助けあう環境を作っています。100社以上が一緒にいることで自分たちが弱い分野を補完してくれるようなスタートアップをみつけることができます。

いいコミュニティーをキープするためにはスタートアップの数以上に質がとても大切、その質を見極めるのは非常に難しいです。(特にVCの世界では失敗するスタートアップはわかっても、成功するところを見分けるのは非常に難しいといいます)始めのエントリーではオンラインのみで人を直接みることをしないので、人種のバイヤスはかかりません。書類は5、6人のジャッジが採点をして、ふるいにかけて、最終的にはそのエントリーロケーションでのピッチをすることでプログラムに参加できるファイナリストがきまります。実際は40%ほどが女性の起業家たちで実は、女性のほうが成功率も高かったりするそう。

特徴

・通常、インキュベーションやアクセラレータでは資金提供を受ける代わりに参加会社の株式を譲渡する必要がありますが、これがないこと。これが世界で一番起業家フレンドリーなアクセラレータといわれる所以です。その上、コンペで勝てば賞金をもらえて、その他様々なメンターからの指導やイベントに参加しながらネットワークの構築、学びの機会が多いですが、金銭的な負担がかかりません。

・オープンプラットフォーム

通常のインキュベーションのようなところは閉鎖的なコミュニティーになりますが、マスチャレンジは4ヶ月のうちに内外にひらかれた多くのイベントを開催しており、一般人もイベントに参加できるので様々な人たちと関わることができます。

・スポンサーが、とても満足していて9割以上が続けてスポンサーになっていること

質のいいスタートアップやそのコミュニティーにアクセスできること、またスポンサー会社にも学びの機会を提供できるのでスポンサーも満足しているということが背景にあります。

・スタートアップだけでなく、団体、法人、地域社会がみんな得できるような形であること

参加スタートアップが成功していくことは、それと協働したい大企業にとってもいいことですし、雇用が増えて地域社会も潤います。外国の団体も含む各種団体もパートナーシップを組むことで横の繋がりも広がります。

・参加したスタートアップの満足度も非常に高いこと

参加スタートアップもネットワークが広がる、VCへのアプローチの機会が広がり スケールアップにつながっています。

関連記事:あらためてマスチャレンジCEOにきくそのたちあげ、ビジョン、そして特徴-その1-

関連記事:マスチャレンジ2016-とうとう日本人が登場!

 

あらためて、マスチャレンジCEOにきくその立ち上げ 、ビジョン、そして特徴-その1-

マスチャレンジがどんどん成長しています。

現在マスチャレンジは世界で一番大きいスタートアップフレンドリーなアクセラレータプログラムと言われています。毎年の参加者や、スポンサーは増え続け、海外での展開も積極的にしています。2009年に立ち上げてからまるまる7年がたちました。

断片的にしかきいていたなかったマスチャンレンジの話ですが、今回CEOのJohn Harthorne にがっつりと立ち上げ当時の話、 NPOにした経緯、またそのビジョン、そして特徴 に関して話をききました。

CEOのJohn はマスチャレンジを始める前、MITのスローンを卒業し、Bain&companyというコンサルティング会社のコンサルタントをしていました。時はちょうど、リーマンショク、毎日すごい勢いでダウジョーンズが下がっていくのを目のあたりにしながら、このシステムはもう機能しないということに気ずきます。人の“欲”が根本的な問題であり、新しい価値を創造し、限られた人だけが成功するのではなく、みんなが成功するしくみが必要でした。

社会の雇用の将来的な受け皿をつくるのは、新規事業やスタートアップです。だから社会はスタートアップをそしてそれがうまれるようなしくみを大事にしなければならないのに、VCは短期的な収益をもとめて、長期的な利益をみようとはしない、社会全体の利益と言う考え方はしません。スタートアップフレンドリーなアクセラレーターやインキュベーションがないということからNPOでみんながwin-winになるような仕組みを作ろうと、マスチャレンジを作りました。

そして、コンサルティングをやめて独立しようと決意。彼の場合、子供二人に家のローンがあり正直不安もありましたが、幸運にも家族の反対はなく、独立することができました。(アメリカでも独立するときに反対するのは家族、特に母親だといいます。日本では奥さんともいいますよね。)アメリカでさえ、MITをでてコンサルで高給を稼いでいたら起業するということは場合によってはとてもリスキーにみえます。

時は経済が一番底をつけた時、誰もが起こったことの責任をみな誰かのせいにしていましたが解決策を出す人はほとんどいませんでした。そこでじゃあ、自分でやろうと覚悟をきめ、始めの資金提供を、ボストン市の市長からとりつけます。$100,000市がだすことがきまってから、Deshpande財団,やマイクロソフトも資金提供をしてくれることになりました。ノンプロフィットの資金調達はいつも最初のファンディングをとりつけるのが一番大変です。そこを乗り越えるにあたって公共部門からの資金提供をうけられることはのちのちのファンドレージングに弾みをつけました。

現在マスチャレンジでは多くの人たちがメンターとして働いてくれています。実 はお金をだしたり、メンターとして指導してくれる人たちにも非常にメリットがあります。例えば、優秀であるMITのエンジニアやプロダクトデザインをする若い人たちは知識があっても、実際それがどう機能するのかは、よくわかっていません。しかしそれほど知名度のない学校をでても、現場で長くプロダクトデザインにかかわってきたエンジニアにはデザインが格好よくても機能しないこと、それからコスト的に高くつくこと、効率が悪いなど、現実がよくわかっているのです。よってそういった人たちがメンターになって若いスタートアップの抱えている問題を解決したり、メンターにとっては他のスポサー会社やメンターたちと仲間になることで新たな人のつながりができ他のビジネスに発展することもあるそう。現在ではマスチャレンジのメンターは1000人にものぼります。

高校生のための、将来の働き方を考えるツアー

以前から日本の大学から研修のような形で、アメリカの大学に話をききにくるツアーといったものがありましたが最近、ボストンのほうまで来る高校生のツアーが特に増えてきています。先日日本からきたスーパーサイエンスハイスクールの学生を対象にミニツアーと講義、ワークショップをする機会があり非常に好評でした

彼らの目的はMITやハーバードで働いている人たちの話をきいたりしながら現地の空気にふれて、留学意欲を高めたり、将来の目標を決めるのに役にたつような経験をしてもらうことのようです。

いい大学をでて、いい会社に入ることで一生安泰という時代は終わったと思っている人たちがいる一方、安定する生活を望んで、一流会社に入ろうとする人たちは減りません。

実はS&P(スターンダード&プアーズ)の500社の平均寿命はかつては50年以上だったのに徐々に縮み、今では25年以下になっています。それは何を意味するかといえば、親の世代で一流と言われていた会社が、子供が成人し就職する頃にはなくなっている可能性があるということです。

そのスピードはどんどん、加速しているのが現状で、今の高校生が就職する頃には、働き方そのものがすっかり変わっている可能性さえあります。

そういった事情を背景に最新のコワーキングスペースで働くスタートアップはどんなふうに働いているのかということを見学しながら高校生に将来の働き方を考えてもらいます。そして自分が望む未来の為にどこにいけばどんな教育をうけられる可能性があるのかということを、日、米、欧の教育を比較しながら説明し、そしてその為に今何をすべきなのかをお話をしたいと思います。

場所はケンブリッジ内(ケンダールスクエア)所用時間はツアー+参加型講義(質疑応答含む)で1時間30分程度を考えています。料金は参加人数によって違うのでお問い合わせください。