1年で終わる職業訓練プログラム-year up-

大学に行きたくても金銭的な事情でいけない、そしてそのために低賃金の仕事しかできない18から24歳までの若者を対象にコンピュータースキルやオフィスで役に立つようなスキル教えることをサポートするyear up というノンプロフィット団体があります。ボストンから始まったこの団体は全米で確実に少しずつ広がっています。

多くの仕事は実際大学にいかなくても特定のスキルさえ身につければ十分やっていける仕事なのですが、そのスキルがないために低賃金の仕事にしかつけない若者たちがいます。一方、企業側は人手不足といって、需給バランスが崩れています。そのギャッップを埋めるために、この団体では24000ドルを一人分として大手企業から寄付をうけています。このお金をベースに、半年基礎勉強、半年インターンシップを行い、その間おこずかい程度ですが賃金も支払われます。プログラムを終了した85%の人たちが4ヶ月以内に就職先をみつける、または大学には入学することができるそうです。

実際、高校卒業後、奨学金をもらって大学にいくことがきまっていたのにもかかわらず、生活費が払えずに結局、進学を諦めた青年がこの1年のプログラム終了後大手製薬会社に入り、年間60000ドル(700万円以上)の給料をもらっているという例もあるそう。寄付をする企業にとってみれば、学生とのコンタクトも直接でき即戦力になる若者を育てることができる非常に有効な投資といえそうです。

本来、時間のかかる職業訓練を短期集中でするというこのプログラム、若者だけでなく転職希望者を対象にしてもいいかもしれません。

人種差別、男女差別となんでも差別にする傾向がどんどん強くなってる?

アメリカの教育省が、ハーバード大学が入学選考時にアジア系米国人の志願者を差別しているとして、アジア系米国人の64団体から成る連盟が米教育省公民権局に異議を申し立てた件で、同省はこの申し立てを却下したとの報道がありました。
実際、ハーバードでは(学部)アジア系が21%はおり、ダイバーシティーを重要視する観点から、申し立ては却下されたということです。これは優秀なアジア人が増えている中、ここでうけいれてしまうと、ハーバードだけでなく、アメリカの一流校全てにおいてこの割合がどんどんあがっていってしまうということを避けたいということはあるでしょうね。
個人的には世の中に数万とある学校の中である一つの大学に入るということは運とか、学校との相性というのがあって完璧なCVや点数だけでは決まらないというほうがかえって自然な感じがしますけど。。。

それにしてもアメリカ社会、人種差別、男女差別、となんでも差別にする傾向がどんどん強くなっているじゃないかと思うことが、またありました。
ボストン美術館のモネの『ラ・ジャポネーズ』という絵画の前で、絵画に描かれている着物と同じレプリカを試着することができるというイベントが人種差別だ、帝国主義的だという抗議をうけて取りやめになりました。でもこれ抗議しているの日系人でもなく、モネの絵の前で着物をきてみることのどこが帝国主義で、人種差別なのか、全く意味がわからないのですが、逆に、日本人に対する抗議なんですかね?

ボストン美術館FBページより

ボストン美術館FBページより

人種や文化、男女の差別ではなく違いなんだということがわからないと、そのうち、子供が産めないのは男女差別だ、とでも言い出す人が出てくるかもしれません(笑)

関連記事:
アジア系アメリカ人に訴えられたハーバード大学

鬱を乗り越えるには幸せな記憶を呼び起こすこと

最近、従来の考え方とは違ったガン治療や、抗生物質を含めた薬や病気の治療法というのが少しずつ広がっているのを感じます。それは、人が本来もっている免疫力や微生物を使ったり、瞑想のように、考え方や心のあり方をかえるということも含みます。そういう流れのなかで、従来の抗うつ薬ではない方法で、鬱を治す新たな可能性がMITの利根川教授らの実験で証明されました。
6月17日のMITニュースによると始めに楽しい経験をマウスにさせてその後そのマウスにストレスを与え鬱のような状態にしたのちに、そのマウスに事前に経験した楽しい記憶を思い出させる刺激を与えることで鬱状態が緩和されることを示唆しました。

日本では近年、うつ病の人が全ての年代で増えているといいます。ストレスが多い社会に住んでいるからとか、抗うつ薬が原因だとか色々いわれていますが、この方法だと従来の抗うつ薬と違って、副作用はほとんどないということです。

鬱の場合、肝心の幸福な思い出を思い出しにくい、という状態にあることが問題のようです。これはマウスを対象にした実験であり、人の場合はまだこれから、ということですが、外から何かの刺激を与えることで、幸福な思い出への回路ができるとしたら、もしかしたら、本人や家族、周りの人にも協力して状況を改善させることができるかも?

鬱の人に声をかける時は注意しないと、こちらがなんとも思っていない言葉にひどく落ち込んだり傷ついたりしてしまうことがあります。幸せか否かという感覚というのは個人差が大きいですし、人の思いというのも結構強いもので、え?あの人そんなに不幸だと自分で思っていたんだ、なんていうことがあるほど、他人から見た時、幸せだと思っても本人が不幸に思っている場合もありますし、その逆もありますよね。

幸せな思い出がたくさんあるほど、自分の状態もポジティブになるということだといえます。それが体調にも影響を及ぼしていることを考えると、まさに病は気から、ということが言えそうです。

関連記事:
病気に対する治療法がこれから変わっていくーTEDx Cambridge 2015 Spring よりー

外国にでて初めてわかる自国の状態

トルコ、ドイツ、イラン、オランダを旅したアメリカ人が、外国にでてみるといかにアメリカが世界から立ち遅れてしまっているのかということがわかる、ということを記事にして、彼は特にインフラの問題点、教育問題に関して言及していました。

逆に日本から世界にでてみると、少なくとも、物質的、サービスそしてインフラに関しては日本がどれだけ諸外国よりは整っているかということに気ずかされる場面が多いですが、確かにアメリカに住んでいると、本当に大丈夫?と思わせるほど、インフラが弱かったり、整備されていなかったりします。しかしインフラに関しては、作ったらおしまいというわけではなく、メンテナンスの問題もあり、長期的にお金と手をいれていなければならないことを考えると、日本も数十年後にそれだけの国の資金を継続的に投入できるのかということを考えると怖いものがありますね。。。

また教育に関しては、教育が格差を縮めるといわれますが、そもそも誰もが平等にレベルのいい教育をうけることができるという状態ではなくなっているという指摘もあります。その中で特にハイスキルの仕事をする人以上に、明らかに生活に密着した仕事、例えば水道、電気工事や、建築関連、車の整備等のエンジニアといった、特殊なスキルが必要な人達の教育が足りていない、もしくは人手不足というのはアメリカではあるようですね。日本では長く、終身雇用が続いたために、会社がある意味、職業を教えてくれる学校も兼ねていたような感じがしますが、長期雇用が崩れ、人材の教育というのを考えた時、一部大学の専門学校化というのもそれほど悪くはない選択肢に思えます。

一度自国をでてみると色々見えてくるものもかわりますよね。。。
ドイツ、オランダあたりと比べて、立ち遅れている感じをうけるのはわかるにしても、トルコやイランと比べてもアメリカ人がそういう気持ちをもったというのは結構すごい事に思うのですが。