グローバル化に乗り遅れている大企業ができること

アメリカの大学をでてからアメリアで起業しながら日本の大学院に通っている人、アメリカのビジネススクールにいきながらアメリカでたちあげた会社を運営する人、日本の大学に4月から入学しながら9月からはボストンの大学に移動する人。。。これ全て最近会った日本人の例なんですが、まさしくグローバル社会の最先端を走っている人たちです。一方、同時に日本の大企業の方々にも会いますが、せっかく責任ある立場にあっても同じポジションにいれるのが数年という(それも自分の意思では決められない)中で大きな決断をすることも難しく、場合によってはサラリーマンの場合、全く畑の違うところから移動してくることもあり、始めの半年から1年は勉強期間のようになってしまうこともあります。そのような状態だと、いい話がきてもそれがいいのか悪いのかの判断さえもできないという会社も多いのでしょう。日本にも長期駐在していた日本贔屓のアメリカ人が最近、日本でビジネスをする機会が全くなくて(人と会っても話がほとんど進まない)中国系を含む他の国の人たちとの交渉のほうが話が早くすすむので本気で中国語を学ぼうかと思っているよ、なんて発言をしているのをきくと、寂しい気がします。

大企業がその構造を変えることは非常に難しいですが、始めに書いたグローバル最先端をいっている日本人たちと連携をとっていくことはそれほどハードルが高いとは思えません。こういう人たちとどうネットワークを築いていけるのか、ということがいきずまっている大企業を活性化することは間違いないでしょう。そして、そういうお宝の山は実はボストンにはたくさんあります。日本の場合、大手の一流企業が人的リソース、情報も抱えてしまっている場合が多いですが、ここでは人の流動性が高いことも、あらゆる種類の人材、情報につながりやすくしています。

これにどのようにアクセスして活用するのかご興味がある方はご連絡を。

 

 

 

 

 

 

広告

対日投資はなぜ増えないの? 

 独立行政法人の経済産業研究所が対日直接投資がなぜ増えないのか、ということに関して、言語のハードルの高さや、法人税率の高さをあげているのですが、それでも決定的になぜ対日投資が増えないのかわからないということをいっています。1980年代は随分海外企業が多かったように思うのですよね。ところが日本に進出する外国企業というのは最近めっきり減っているという感じがします。海外に住んで思うのは、少なくとも”物”に関しては、これ日本になくて外国からもっていきたい、というものがそれほどないという点。逆に日本にあるけど外国にないからもっていきたいというもののほうが多いですよね。サービスに関しても、どちらかというと行き届いたサービスができるのは日本のほうなので、もちろん、目新しさという意味で、外国からのものが受け入れられるというのもわかります。が、これがないと絶対困るというものがないような気が。。。

外国の会社からみると日本市場に参入するにあたり、もちろん日本の市場が成長市場ではないという点は大きいのですが、それ以上に感じるのが日本の企業とのやりとりがかなり複雑だと感じている点です。言語に関しては通訳や翻訳を使えば、コミュ二ケーションはとれる、でも、そのやり方、というものに戸惑いを感じている部分が多いように感じます。

例えば、資料やデータをたくさん集めるだけ集めても結論がなかなかでないこと。
日本企業とのやりとりには、コミュニケーション量が非常にたくさん必要ですし、細かいデータや、ケアをしなければいけない部分も外国企業よりずっと多いです。とりあえず大枠をきめて進めてみようということはないですし、かゆいところに手が届くようなケアの仕方を求められることも多いので仕事量が倍になります。

また、意思決定のプロセスが複雑で誰にどのようなアプローチをするのかの過程がよくわからず、(いわゆる根回し)結局だれに決定権があるのが不明瞭なこと。決定権が一人でも、その人に多大な影響力を与える人たちが複数いる場合も多いです。大手企業のように、サラリーマン社長の場合や、長期にわたるプロジェクトになると、ますます社長一人が大きな決定をするというのは難しいですよね。

そして一番の問題は、それだけ手間暇かけても、収益が他の市場を上まわるどころか、それより低い可能性が高いこと。
そこが企業からしてみれば一番避けたい部分でしょう。日本が成長市場であれば多少面倒くさくても、頑張って付き合ってくれたものが、時間と労力がかかるわりには割りがあわないわけです。
あえて成長しているといえば製薬とか老人市場向けのものとか、そういうところになるのでしょうか。

だからこのような市場でも入ってくる外国企業は親和性が非常に高いのではないでしょうかね。利益以上に日本に対する思いがある、といったような特別なものがあるように思います。

英語圏でない国で英語で大学を卒業する方法

今年はMITの学士レベルに3人の日本人の学生が合格したとききました。MITは学士で入るのは相当難しいです。
よくよくきいてみると、英語が抜群にできて、学業も当然、それにプラスアルファである、国際レベルのコンテスト系のものに参加、入賞というのはもうお決まりかもしれません。本人たちは自覚があるかはわかりませんが、勉強が趣味という域になっているようですね。

日本のトップスクールにうかっていても、海外の大学にいく、という流れが増加している一方、そうはいってもコストパフォーマンスを考えるとね、、、という方達から,ここのところたて続けに似たような質問をいただいているのでそれに関して公開でお答えしたいと思います。やはりイギリスやアメリカのような英語圏は学費が高いのでそれなりに覚悟が必要ですが、特に英語圏ではないところでも英語で進学、卒業できるコースが増えていますよね。英語で学ぶ、ということが目的であるならば、アメリアやイギリスのようなところにいかなくても、意外に選択肢は広くなります。

実は国別の細かい情報というのは各国の大使館にいる高等教育を担当する分野の担当者が、リンク先をもっていることが多いです。得に教育に力を入れている国はその傾向が強いです。
基本ヨーロッパの大学(イギリス除く)は国立大学が多く、そういったところの学費は安いです。
(*ただしこのブログで何度も書いているように入学条件には気をつけること。日本の普通の高校を卒業しただけではいけません。)

スイスの場合は
swissuniversities (ただしこれは私立大学は含まれません)
https://www.swissuniversities.ch/en/

ドイツの場合は 学術交流会DAADが大学の情報をたくさんもっています。
https://www.daad.org/

上記のようなリンクに探している具体的な質問をすると情報をくれるはずです。質問するときにはなるべく具体的なことをきくこともポイントです。漠然と英語のクラス、とかではなく、例えば経済学部で英語ですべて履修できるundergraduateのコースはありますか、といったように何を(学部や専攻)どのレベルで(短期留学なのか、学士なのか、大学院なのか)そして今自分がどのレベルにいるのか(日本の高校を卒業したとか、大学や短大を卒業したとか)ということを明確にすることは大切です。

ヨーロッパの大学は傾向的にアメリカのように幅が広く、学校の面倒見は決していいとはいえなく、明確に自分がしたいことがわかっている人のためにあると考えたほうがいいです。
そういう意味では大学は自己管理ができる大人の場、誰かに面倒をみてもらう気でいると、苦労するかもしれません。しかし、そこに本当の自由があるとも言えます。

関連記事:英語圏でないところで英語で学位を安く取得する方法
https://multicultiblog.com/2015/05/18/%E8%8B%B1%E8%AA%9E%E5%9C%8F%E3%81%A7%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%A8%E3%81%93%E3%82%8D%E3%81%A7%E8%8B%B1%E8%AA%9E%E3%81%A7%E5%AD%A6%E4%BD%8D%E3%82%92%E5%AE%89%E3%81%8F%E5%8F%96%E5%BE%97%E3%81%99%E3%82%8B/