教育費の高騰で学費のかからないところにいくアメリカ人も増加中

このブログでは何度も取り上げているテーマですが、ドイツではアメリカ人でさえ、ただで大学に行けるということから、年々アメリカからドイツにいく学生が増えているという記事がボストングローブの2月20日に紹介されていました。オランダや、イギリス、アイルランドはもちろん英語のコースですが、それでも学費が無料というわけではありません。現在ドイツで勉強しているアメリカ人学生は1万人ほどいるそう。
今までは大学院レベルには英語のコースがあっても学士レベルではほとんどない、という中最近、特に学士で英語で履修できるコースが増えているという話でした。
もっともアメリカの高校卒業してもそのまますんなりはドイツの大学には入れないので、1、2年アメリカの大学にいくか、もしくはAPを5、6科目とらないといけませんが。
それでももし高校のうちにAPを必要なだけとり、ドイツに行けば5年で修士までとれるので、どっちにしてもいい条件だと思います。

ボストンにあるゲーテインスティチュート(ドイツ政府が公認しているドイツ語の語学学校)にもここ最近、ドイツで大学にいくにはどうしたらいいのか、という相談が増えているといいます。
本来中学くらいから計画をしっかりたてれば確かに高校卒業してそのままドイツ語で履修するドイツの大学へ行くことも不可能ではありませんが、それにはかなり若い時から進路をはっきりさせている必要があり、一般的には大学院にいくころになって初めて、進路がみえてくるというのが現実のようです。ヨーロッパの大学は大抵、入学時に専攻をはっきりさせておく必要があり、そういう意味ではアメリカの大学は入学時に何を専攻するかということを必ずしもはっきりさせておく必要もないし、途中で変えられるということも含め、柔軟性が高いといえます。
もし1年くらいで安く留学したいのなら交換留学のプログラムを使うのがいいように思います。例えば基本、日本の大学とかに籍をおいたままアメリカの大学に行く場合、学費は日本の学校の分を払うことなるということで、多少、経費がかかったとしても、1年に500万円を払うことにはならないでしょう。でももし逆に、ドイツのように学費が安いところに行く場合は損をしたように感じるかもしれませんね。

それでも時々聞く発言に、アメリカの教育が世界で一番いいから世界中から人が集まるという話があります。だから、アメリカにいるのに、アメリカの大学にいかないというと、彼らはとても驚いた顔をします。特にマサチューセッツ州には全米でもトップ校が集まっているので、中には西海岸でさえ、行く必要がないと思っている人たちもいます。でも本当でしょうか?
教育って結局何を勉強したいかで、どこにいくのがいいのかが全く変わってしまうのだと思いますが。。。例えば、食の分野や、建築やデザインの分野、クラッシック音楽で世界の一流の基礎を学びたかったらアメリカにはこないと思うのですよね。だから、ここまで教育費が高騰するとその投資に対してリターンはどうなのかということを考えることは大事なことだと思います。

関連記事:英語圏でないところで英語で学位を安く取得する方法
https://multicultiblog.com/2015/05/18/%E8%8B%B1%E8%AA%9E%E5%9C%8F%E3%81%A7%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%A8%E3%81%93%E3%82%8D%E3%81%A7%E8%8B%B1%E8%AA%9E%E3%81%A7%E5%AD%A6%E4%BD%8D%E3%82%92%E5%AE%89%E3%81%8F%E5%8F%96%E5%BE%97%E3%81%99%E3%82%8B/

ますます進化するロボット

ロボットといえば、aiboに代表される日本製というイメージが以前は強かったと思います。
最近の日本のロボットは介護や、掃除といった目的の分野にしぼったものが多い気がしたのですが、ロボット産業、確実に進化していますね。

これをみると、動きの滑らかさに驚きます、雪の中を歩くという作業は本来すごく難しいことらしいですね。箱を運んだり、ドアを開けたり、転んでもおきあがったり。
なんだか、ターミネータの世界を思い出してしまいました。進化するドローンに、ロポット、なんだか戦争に使われるようであんまり気持ちのいいものではありません。
ちなみにこのロボットを作っているという会社 ボストンダイナミックス はMITからのスピンオフですが現在googleが所有しているとのこと。

テクノロジーの二面性でいいようにも悪いようにも使えるということでしょうが、こういうのをみると、テクノロジーに関わる人たちほど、倫理とか哲学とか歴史とかいったことをちゃんと学ぶ必要性があるとますます感じてしまいました。

各国領事のピッチフェスト 2016

さて今年も行われました、数カ国の領事が集まりそれぞれの国に対する経済投資をアピールするピッチフェスト。
第一回目の去年に比べて、今年は参加国も2カ国増え11カ国となり、明らかにみなさん頑張ってプレゼン資料を作ってきました。
去年はほとんど資料がなかった国も、今年はパワポに、プレッツィにプレゼン時間は3分なのに、資料ありすぎで全部見切れないという国も続出。
外交官の方達は普段、こういう自国の売り込みピッチにはなれていないというのが去年はよくみえましたが、今年はみなさん何を期待されているのかわかったせいか、去年より、情報も見せ方も工夫されてきましたね。

今年はいかに自分の国がナンバーワンか、ということの競争のように、ありとあらゆるランキングが飛び出しました。本当にいろんなランキングがあるものです、イノベーション度、対米貿易額、幸福度、ノーベルプライス数等々。面白かったのはチョコレートの消費量が増えるほど、ノーベル賞の受賞者が増えるというスイスのランキング。もちろん、スイスはチョコーレートの消費量がダントツ世界一、控えめにチョコレートの宣伝もしていました。

chocolate-consumption-and-nobel-prize

その中で、この人起業家?と思わせるようなおしの強さを感じさせたのはイスラエルの領事。各国がいかに自国に投資してもらうかをアピールし、どの分野でナンバー1かという争いをする中、イスラエルは明確にパートナーを探している、というメッセージを何度も強調していました。去年はスライドなしでピッチしてたイスラエルも、今年はしっかりスライドを作り、それでもほとんどスライドは使っていなかったという感じでしたね。スピーチ力があると、結局スライドは必要ない、それどころか、意識が自分のほうに100%むかれないということが、かえって残念であるという感じさえしました。このようなピッチフェストをみるとリーダーにはパプリックスピーチ力がかかせないと思います。

参考記事:
各国領事のピッチコンテスト

日本の低い労働生産性について

先進国の中で日本の労働生産性が低いというデータがあります。2014年のデータでは21番目、OECD平均よりも低いです。
日本の企業とやりとりをしていると、”効率”という意味では実は企業によって随分差があるなと感じることが多くあります。
ただ一般的には一つの仕事に関わる人数の数が多いというのはいえそうです。
担当者一人と話をするのに、5、6人ccメールがくっついてくることもあります。一つの仕事の情報を多くの人と分け合っているわけです。それが情報だけなのか、決定権がたくさんの人にあるのか、それとも誰に決定権があるのかよくわかならいことも多いですが、私感ですが特にたくさんの人が関わる傾向は官公庁では強く感じますね。。結果は一つでもたくさんの人の時間と労力がかかることになります。

日本やアメリカ、ヨーロッパの人たちやそれぞれの国で仕事をして思うのは
アメリカの場合、スピード勝負という感じで丁寧さよりも、素早く反応すること、コミュニケーション重視。なんらかの対応を早くすることが求められるが、根本的な解決にはならないことも多い。
ドイツ系の場合、出したい結果にあわせてどうしたら最短距離を走れるかを考え行動するので途中のプロセスにはあまりこだわらない。結果重視なので場合によっては、丁寧ではないが必要最低限なことはする。
日本の場合は、プロセス重視。結果はどうであれ、一生懸命、誠実に間違いなくやることが重視される。

こうみると、日本のやり方だと結果を出すには時間がかかるというのがわかります。場合によってはそれでもいい結果がでないかもしれません。

労働生産性=GDP/就業者数 (または就業者数 x 労働時間)
ということを考えると、労働生産性を上げるためにはGDPを上げるか、 就業者数 (または就業者数 x 労働時間)を減らすということになります。

将来的な人口減を考えると、生産性が低いままだとGDPも減ってしまいそうですが、GDPを少なくとも減らさない為には労働生産性を上げる必要があります。そして
日本人の国民性である、誠実、完璧主義というのはかえずに仕事を効率化するためにはプロセスを簡略化すればいいと思います。プロセスを簡略化できれば間違いも減ります。こういうのはドイツ系は得意分野ですよね、日本人にできないと思うのならドイツ系の人を雇ってやり方を学ぶというのもひとつかも。そして、高単価の利益率の高いサービス産業に全体的にシフトしていけば多少効率が悪くても、GDPもキープできるということになりそうです。大きな問題はプロセスが複雑だということに、当事者たちが気ずいていないという点かもしれませんが。

ハーバード大学への出願数が過去最高に

2月9日のボストングローブ によると、今年度からハーバード大学に入ることを希望して出した出願数は今年は39044通という記録的な数字になりました。この数字は去年よりは4.6%上がったといいます。ハーバード大学によるとこの要因の一つは才能ある学生を発掘する努力を大学側が行ってきた結果、以前なら願書をださなかった学生達も願書をだしたからだといいます。

39044通の中、21%がアジア系、12.2%がラテン系、10.6%はアフリカ系だということ。結果は3月末に判明するということですが、合格率は5.3%という低さになりそうです。

今年はハーバードに限ったことではなく、他のアイビーリーグの大学も願書数が増えているといいます。(イエールも記録的な数字)高校生は大体8−10校くらいに願書を出す人が多いようですが、本命校には早目にだす、アーリーアプリケーションやアーリーディシジョン(単願)をする人が多いです。本来、そのほうが決まりやすいともいわれていましたが、近年どうやらこのアーリーで出すほうが、通常のプロセスで出すよりも学生のレベルが高く、高いレベルでの競争が行われるという現象が起こっている模様。

どちらにしても一流大学に入るのは狭き門ですが、本来アメリカの大学は絶対数が多く、学生のレベルに応じて幅広い選択肢があるのがいい点とも言えます。ところが、高騰する学費を考えると、親としてはどうしてもROIを考え、するとランキングを重視することになり、大学の中でも確実に格差が広がっているといえそうです。そういう背景もあってハーバードのような一流校への願書数は増えることがあっても減ることはないでしょうね、この先も。