中高生の留学その2-成功のポイント-

日本でも子供の頃からの英語教育に沢山の人が関心があるようですが、それはヨーロッパでも、同じようです。今年、訪ねたフランスでも昔よりも明らかに、英語が通じるようになっていてびっくりしました。 そもそも、アルファベットの言語を使用する人達が英語をマスターするのは、日本人よりずっとハードルが低いはずなので、それこそ、小学校3、4年生から英語を始めて、高校生くらいになれば、かなりできるようになるはずです。中高生の英語の為のサマーコースというのは、ヨーロッパでも以前からありましたが、最近、母子(家族)留学の話もきくようになりました。私のまわりでも、この1年間で、ヨーロッパから2つの家族がアメリカに家族留学をしました。(ボストン周辺にはこのような家族留学をしてくる韓国人や中国人家族をみかけます)

この2家族、互いに知り合いではないのですが、偶然にも状況が似ていました。
• それぞれの家族に子供が二人ずついての年齢はともに中高生。父親は自営業、自分で起業してかなり成功している。(2人とも国内中心のビジネスをしている)
• 父親は大学にはいっていない。
• 両親がこれからはどんな仕事をしていても英語が大事になる、と考えている。
• 母と二人の子供達がアメリカに移住しアメリカの私立の学校へ子供達を通わせ、父親は仕事の為に自国とアメリカを行ったり来たりしていた。
• 子供は上の子が息子、その下に娘、そして上の息子のほうに問題をかかえている。(アカデミックやメンタルな意味で)

違っていた点。
• 留学期間:1つの家族は半年の留学、もう1つの家族は1年留学。

さて、それぞれ半年、1年後はどうなっていたでしょうか。
半年留学をした子供達は半年たっても、友達と呼べるような友人ができなくて、家に友達がくるということもなかったそうです。又、母親は子供達が英語で他の子供や人と話すのをめったにきいたことがなく、いったい半年で何を習ったのか不思議だといいます。
一方、1年留学していた子達は、息子のほうは半年もすると、彼女ができて、娘もすっかり学校にとけ込み、帰国してからも、夏休みに早速、友達が数週間遊びにくることになったといいます。
親はすっかり、この1年の成果に満足で、子供達自身に自信がついたし、自発的に何かをやる気になったこと、又子供達に夢を与える事ができた事を喜んでいました。何よりも1年後に子供達が、”1年間こんな経験をさせてくれてありがとう” と言ってくれたと感動していました。

この2家族をみていて子供達の性格というのも大きいですが、それ以上に母親の動きというのもすごくあるなあと思いましたね。(ちなみに母親は両方とも英語が堪能です)
友達ができなかった子達は内向的な性格なので誰かの助けなしに短期間で友達を作るというのはすごく難しかったのだろうと察します。子供達も自分たちがなぜ、アメリカにこないといけないのかわからない、というようにみうけられました。

何よりも違ったのは、母親がその地での生活を楽しんでいるか、という点で、1年いた家族は子供を通じてその社会を楽しんでおり、学校のイベントや手伝いには積極的に参加、仕事の面や経済的には大変だったけど、本当にこの時期に決心してきてよかったといっていました。
一方、半年いた家族は、学校に通う他の子供達が、離れた所からくるせいか、放課後に遊ぶということもできずなかなか、まわりとコンタクトがとりにくい、それに対して、親のほうも、子供が自然に友人を学校からつれてきてくれるのを待っていたらしいですが、そうはならなかった。半年という限られた期間仲良くしてくれる子達を探すのも難しかったのかもしれません。親は子供を英語の環境にいれれば自動的に英語ができるようになる、と思っていました。

ところで、この様子をみていた、両方の家族を知る知人は、なんでそこまでする必要があるのか?という質問をなげかけました。
確かに語学だけを習うのなら、わざわざ家族留学なんて必要ないでしょう。
結局、語学以上に、その地の生活や環境になじめるかという、柔軟性というのが問われてしまうという部分は、大人も子供も一緒のような気がしますが、まさにその柔軟性を養いと視野を広げるために若い時に、短期でも海外生活を、と望むのかもしれません。

参考記事:
中高生の為の語学短期留学のポイント

広告

フランス人教師にきいたフランスの少子化対策の影

夏休みに南フランスに帰っているフランス人の 友人に会いにいきました。

普段はボストンの学校で小学校の先生をしている彼女は、アメリカに来る前は南フランスの田舎の小学校の先生をしていました。南フランスにある世界遺産のそばのすばらしい文化 、温暖な気候、ワインやチーズに、朝には生みたての卵、ほとんど自給自足ができそうなくらいな豊かな生活をしているのに、よくボストンに引っ越してきたね、なんて話していたら、“田舎では、親が子供の教育にあんまり 、興味がない人が多いの。どうしたらもっと改善できるとか、この子のいい所はこんなところだからもっとこうしたらとかいっても、興味のない親が多いの。それに比べれば、ボストンの学校の親達は、私のいってくれることをちゃんときいてくれるし、子供のことを考えている人が多いからやりがいがあるわ。それに、私はもともとここの地域の人間ではないから、いくら上級の試験を受けても、出世できないの。”
うーん、やっぱり田舎は保守的なんですね。。。彼女はチャンレンジャーなので、二人の子供を抱えながらも、2つのマスターをとり、今は学校で教えながら、博士課程にも在籍中、そんな彼女は確かに、田舎のそんな生活には満足がいかないのかもしれません。

“それにね、フランスでは子供が多いほど手当が多くつくので、フランス経済はあんまり上手くいってないけど、出生率は高いわね。私の給料は月2000ユーロだったの。(ちなみに彼女は15年以上先生をしています)ところが、近所にいた子供が3人いる家庭は、両親ともに働かず、生活補助がでて2700ユーロもらっていたわ。税金がそこからひかれることはないし、家賃を払う必要も彼らにはなかった。給料が低くても私は好きな仕事をしているから文句はないのだけど、かわいそうなのは子供達だった。親が子供に興味がないの。秋の新学期には、400ユーロが支給されるんだけど、それは基本的には子供たちが学校でその一年使うものを買うためにもらうものなのに、そのお金は新しい電話やテレビを買う為に使われていたみたい。子供たちがしょっちゅうおなかすかせて、学校にきていたわ。“

photo 1-2

“役所の人とかは確認にこないの?”
“彼らにとってはどうでもいいことだったみたい、気にもしてない。きめられたことをしていればそれでおしまいってわけ。”

うーん、どこの国でも同じような問題があるわけですね。結局、(子供でも老人でも)楽して、お金がもらえるのならそのほうがいいということでしょうか。

自分は、彼女のように、教育に対して熱心な先生に教えてもらいたいと思いますが、全ての親がそう思っているわけではない、子供をお金をもらう為の手段にしている人達もいるという現実を知らされてしまったような話でした。

photo 1-4

中高生の為の語学短期留学のポイント

夏休みになり、中高生の子供達が語学留学する話をききます。とくに近年、まわりをみても語学留学が低年齢化しているのを感じます。中高生の留学を、大きく分けると

• 夏休みに2、3週間の語学留学
• 一人で学校の寮に住む(数年単位)
• 親とともに、数年単位で留学する(転勤というわけでなく、みんなで引っ越し、もしくは母子の移住)

というパターンが少なくとも自分のまわりにみるパターンです。

今回はこのうちの一番目、夏休みにする2、3週間の短期の語学留学について考えてみたいと思います。

若い時に語学にふれるメリットはなんといっても、その言語の音になれることと、発音ではないでしょうか。
耳を作るのは若い時 のほうが圧倒的に有利。アメリカに何十年すんでも、母国語のアクセントが強い人はいっぱいいます。2、3週間で英語の音がちゃんと聞き取れるようになるかはそれまでにどれくらい聞き取りができるか、ということも大きいかとは思いますが、正しい音を知ったり、教科書にない表現を知ることはできるでしょう。短期コースを機に、意識して発音するようになるかもしれません。

言葉は一つの単語を 、知っているだけで、理解できる世界ががらっとかわったりします。2、3週間で外国語がマスターできるようになるわけではないですが、短期間でも外国語で生活をした時に、あーもうちょっとわかるといいな、とかあー通じる、うれしい!という気持ちは更に勉強しようというモチベーションにつながります。

初めて、語学コースに参加する時には、まわりがいっていることがあまりわからないかもしれません。でも 、日本語を話す人達とだけかたまってしまうと、せっかくのチャンスをいかせません。短期間でも、自分を環境に適応させることができるか、というのも一つのポイントだと思います。短期間だからなおさら、日本人とだけ一緒にいようと思えばいられてしまう、メンタルな部分をオープンにするというのは語学を文法的に理解できるかということだけでなく文化として理解できるか、ということにもつながるように思います。

中高生くらいの 時の2、3週間 の経験は場合によっては大人の時の半年間くらいの経験に匹敵すると思います。
せっかくの時間、リッチなものになるといいですね。

退職してからの新しい働き方-給料をもらって旅行にいく-

夏休みが始まり、すっかり休暇シーズンになりました。観光地は家族ずれや夏期休暇を楽しむ人達でにぎわっていますが、団塊の世代が定年退職するようになってからこの観光旅行シーズンが5月〜10月までにのびたといいいます。(ボストングロープ7月20日)

南フランスのビーチ

南フランスのビーチ

2013年に行われたメリルリンチの調査では70%の退職を控えた人達は退職後も働き続けたいと思っていますが、大抵の人々は時間的にフレキシブルなものを望む傾向だそうで、(パートタイムか決まった時期だけ働いてそのあと、まとまった休みがある)その結果、旅行業界やサービス業(ホスピタリティの分野)に人が集まりやすいと分析しています。

一方旅行業界は通常、6、7、8月の夏期休暇が忙しくその時期、大学生がバイトとして入ってくれるものの、旅行シーズンが5月から10月までのびてしまうと人手不足になる時期もでてきました。ナショナルパークやレジャー関係の分野は季節ビジネスで決まった時期に人材が必要です。いっぽう団塊の世代の人も、体が健康である限り、仕事もしたいし、旅行もしたい、そこで旅行をしながら給料を得られる、という理由で、旅行業界でパートタイムで働くという働き方が増えているそうです。給料は時給13から17ドルといいますが、実際には、レストランやアクティビティ等の割引があったりして得する部分も多いので、人によってはお得に感じる事も多いようです。

確かにこれくらいの年齢の方々は、海外旅行慣れしている方たちと、全く慣れていない人達が両極端にいそうです。団塊世代の旅行慣れしている人達が、同じ世代の人達を世話するという感じになるのでしょうか。

参考記事:
見直される旅行代理店

自分の部屋を旅行者に貸すことで収入を得る、Airbnb(エアビーアンドビー)の話

何でもシェアするという仕組みが広がっています。

車に自転車、事務所、に家。自分がもっているものを他人とシェアすることで、副業にもなるということで人気になっている、 Airbnb(エアビーアンドビー)の話が7月15日のボストングローブにありました。
エアビーアンドビーは空き部屋を短期間で貸したい人と、旅行やビジネストリップで部屋を借りたい人を結びつけるサイトです。ボストンでは現在3500の物件が出されていて2013年の7月から63%の増加になるそうです。

自分も旅先でその土地に住んでいる友達の家に泊りにいって、地元の情報をもらったり、その土地のスーパーにいったり、地元の食材を楽しんだりして、そこに住んでいるように生活すると旅も楽しくなると思うのですが、それが知り合い同士でなく、他人とするというのがこのサービス。 貸す方も副業になるという楽しみがあります。

立地がいいとか、景観がいいとか特徴がある場合、一泊100ドル以上で、ホテルに泊るより高い場合もあります。トラブルも多少ありえる(騒ぐ人達がきたり、トイレや水場等の使い方に問題がある等)ということを理解しておく必要がありますが。借り手、貸し手双方が評価をし合うことで、互いの不安もかなり解消されます。

2008年にサンフランシスコで始まったこのサービス、現在では190カ国、34000以上の町で、160000以上の家、アパートがリストされていて一泊の値段が50ドル以下のところから800ドルまで色々あります。Airbnbは100億ドルの市場価値があるといわれていて、3%をホスト側から手数料として、ゲスト側からは6〜12%の手数料をとっています。

最近市場規模が大きくなって取引金額が大きくなってきたために税金の問題がでてきました。ホテルのような規制が必要なのか、マンションの場合、どのようにセキュリティを担保するのか、また貸しを禁止している場合、近所とのトラブル等、他の問題も発生しています 。

いつ人がきてもいいように自分の部屋をきれいにかたずけておくことになり、人にとっても自分にとっても心地のいい空間になるかも。。。
こういうサービスって日本人には敷居が高いだろうなあ、と思ってサイトを検索してみたら、結構います、レンタルしている人達。都心に多いようですが、家に寝に帰るだけでほとんど家を使ってないから、貸してあげるという感じのような人達、ホストをするのを楽しむ人達、受け入れる側も様々ですが、お金をもらって英会話の練習もできると考えると、意外とおもしろいかもしれません。今後、東京オリンピックを機に一気に広がる可能性あり?