あらためて、マスチャレンジCEOにきくその立ち上げ 、ビジョン、そして特徴-その2-

(あらためて、マスチャレンジCEOにきくその立ち上げ 、ビジョン、そして特徴-その1-の続き)

プログラムが安定するまでに3〜4年かかりました。

今ではネットワークがメキシコ、イスラエル、スイス、ロンドンと広がっています。規模が大きくなると、いいことはボストンで解決できなくても、ロンドンやスイスで解決できるかもしれない、他のネットワークの中に答えがある可能性があり互いが助け合うしくみができてきたと同時に卒業生が増えてきて今後そのネットワークをもう少し活用することができるようになります。とりわけ最終選考に選ばれる26社の成功率がかなり高く質のいいスタートアップコミュニティーを作ることに成功しています 。一方、場合によってはチームが分裂したり、解散することもありますが、個々の能力が高いことが多いので、そのコミュニティーにある他の会社に就職したり、マスチャレンジそのものに再就職する場合もあります。

オフィス部分のスペースは当初はやはり、スペースを区切って個々の会社のプライベートスペースを望む会社も多くあったのですが、オープンスペースにすることでより協働がしやすくなることが相互にわかり、今ではミーティングスペース以外の全てをオープンスペースにすることで互いに助けあう環境を作っています。100社以上が一緒にいることで自分たちが弱い分野を補完してくれるようなスタートアップをみつけることができます。

いいコミュニティーをキープするためにはスタートアップの数以上に質がとても大切、その質を見極めるのは非常に難しいです。(特にVCの世界では失敗するスタートアップはわかっても、成功するところを見分けるのは非常に難しいといいます)始めのエントリーではオンラインのみで人を直接みることをしないので、人種のバイヤスはかかりません。書類は5、6人のジャッジが採点をして、ふるいにかけて、最終的にはそのエントリーロケーションでのピッチをすることでプログラムに参加できるファイナリストがきまります。実際は40%ほどが女性の起業家たちで実は、女性のほうが成功率も高かったりするそう。

特徴

・通常、インキュベーションやアクセラレータでは資金提供を受ける代わりに参加会社の株式を譲渡する必要がありますが、これがないこと。これが世界で一番起業家フレンドリーなアクセラレータといわれる所以です。その上、コンペで勝てば賞金をもらえて、その他様々なメンターからの指導やイベントに参加しながらネットワークの構築、学びの機会が多いですが、金銭的な負担がかかりません。

・オープンプラットフォーム

通常のインキュベーションのようなところは閉鎖的なコミュニティーになりますが、マスチャレンジは4ヶ月のうちに内外にひらかれた多くのイベントを開催しており、一般人もイベントに参加できるので様々な人たちと関わることができます。

・スポンサーが、とても満足していて9割以上が続けてスポンサーになっていること

質のいいスタートアップやそのコミュニティーにアクセスできること、またスポンサー会社にも学びの機会を提供できるのでスポンサーも満足しているということが背景にあります。

・スタートアップだけでなく、団体、法人、地域社会がみんな得できるような形であること

参加スタートアップが成功していくことは、それと協働したい大企業にとってもいいことですし、雇用が増えて地域社会も潤います。外国の団体も含む各種団体もパートナーシップを組むことで横の繋がりも広がります。

・参加したスタートアップの満足度も非常に高いこと

参加スタートアップもネットワークが広がる、VCへのアプローチの機会が広がり スケールアップにつながっています。

関連記事:あらためてマスチャレンジCEOにきくそのたちあげ、ビジョン、そして特徴-その1-

関連記事:マスチャレンジ2016-とうとう日本人が登場!

 

広告

あらためて、マスチャレンジCEOにきくその立ち上げ 、ビジョン、そして特徴-その1-

マスチャレンジがどんどん成長しています。

現在マスチャレンジは世界で一番大きいスタートアップフレンドリーなアクセラレータプログラムと言われています。毎年の参加者や、スポンサーは増え続け、海外での展開も積極的にしています。2009年に立ち上げてからまるまる7年がたちました。

断片的にしかきいていたなかったマスチャンレンジの話ですが、今回CEOのJohn Harthorne にがっつりと立ち上げ当時の話、 NPOにした経緯、またそのビジョン、そして特徴 に関して話をききました。

CEOのJohn はマスチャレンジを始める前、MITのスローンを卒業し、Bain&companyというコンサルティング会社のコンサルタントをしていました。時はちょうど、リーマンショク、毎日すごい勢いでダウジョーンズが下がっていくのを目のあたりにしながら、このシステムはもう機能しないということに気ずきます。人の“欲”が根本的な問題であり、新しい価値を創造し、限られた人だけが成功するのではなく、みんなが成功するしくみが必要でした。

社会の雇用の将来的な受け皿をつくるのは、新規事業やスタートアップです。だから社会はスタートアップをそしてそれがうまれるようなしくみを大事にしなければならないのに、VCは短期的な収益をもとめて、長期的な利益をみようとはしない、社会全体の利益と言う考え方はしません。スタートアップフレンドリーなアクセラレーターやインキュベーションがないということからNPOでみんながwin-winになるような仕組みを作ろうと、マスチャレンジを作りました。

そして、コンサルティングをやめて独立しようと決意。彼の場合、子供二人に家のローンがあり正直不安もありましたが、幸運にも家族の反対はなく、独立することができました。(アメリカでも独立するときに反対するのは家族、特に母親だといいます。日本では奥さんともいいますよね。)アメリカでさえ、MITをでてコンサルで高給を稼いでいたら起業するということは場合によってはとてもリスキーにみえます。

時は経済が一番底をつけた時、誰もが起こったことの責任をみな誰かのせいにしていましたが解決策を出す人はほとんどいませんでした。そこでじゃあ、自分でやろうと覚悟をきめ、始めの資金提供を、ボストン市の市長からとりつけます。$100,000市がだすことがきまってから、Deshpande財団,やマイクロソフトも資金提供をしてくれることになりました。ノンプロフィットの資金調達はいつも最初のファンディングをとりつけるのが一番大変です。そこを乗り越えるにあたって公共部門からの資金提供をうけられることはのちのちのファンドレージングに弾みをつけました。

現在マスチャレンジでは多くの人たちがメンターとして働いてくれています。実 はお金をだしたり、メンターとして指導してくれる人たちにも非常にメリットがあります。例えば、優秀であるMITのエンジニアやプロダクトデザインをする若い人たちは知識があっても、実際それがどう機能するのかは、よくわかっていません。しかしそれほど知名度のない学校をでても、現場で長くプロダクトデザインにかかわってきたエンジニアにはデザインが格好よくても機能しないこと、それからコスト的に高くつくこと、効率が悪いなど、現実がよくわかっているのです。よってそういった人たちがメンターになって若いスタートアップの抱えている問題を解決したり、メンターにとっては他のスポサー会社やメンターたちと仲間になることで新たな人のつながりができ他のビジネスに発展することもあるそう。現在ではマスチャレンジのメンターは1000人にものぼります。

マスチャレンジ2016-とうとう日本人が登場!

さて今年もマスチャレンジのファイナルアワードの季節になりました。賞金が1.6億円相当にあがり、スポンサー企業や国ベースのサポーター団体も着実に増えている中、マサチューセッツ州知事が挨拶にでてきたりして政治色も増しています。そのせいか、今年は背広にネクタイ姿の人が多くてちょっとびっくりです。これはケンブリッジあたりのスタートアップが集まるところではちょっと見慣れない現象。。。

今回で4度目のファイナルアワードに参加したのですが、待望の日本人の参加者です!(実はプログラムに参加する前のファイナルセレクションまで残ったチームがもう1組いたのですが、ファイナルには残れなかったのですよね、、、残念!)

img_masschallenge-2016

Skylight Games という音楽で言語を習うプログラムを作っているDanさん、まさこさんご夫婦です。  https://www.lyriko.com/en/

 

Danさん曰く、学校の勉強がすごく苦手だったということでゲームのように、楽しく言語が学べないかということで作ったのがこれ!

幼稚園や小学校の低学年の頃ってたくさん歌を歌ってあんまり意味がよくわからなくても、耳から覚えそうやって語彙が増えていった気がします。大きくなってから初めて歌の意味がわかったりして、、、実際大人になっても、歌から英語を学ぶっていうことがありますよね。でも特に子供のうちは耳からはいるインパクトが強いので、効果が大きいかも。

音楽は独自で作っているのではなく、アーティストの方にお金を払っているそうです。でもそれほど売れていないアーティストの人達にとっては安くてもこうやって違った形で、自分の曲が人の役に立ちながら広まっていくことは嬉しいことだと思いますね。まさにwin-winのビジネス。

頑張ってください!

アクセラレータとインキュベーションの違い ーボストンの場合ー

インキュベーションとアクセラレータ、実際スタートアップがお世話になるであろう確率が高い2つの用語に関してそしてボストンの場合の特徴に関して考えてみたいと思います。

アクセラレーターは大抵90日から4ヶ月程度の間集中的に行われるプログラムを運用します。そして、大抵、シードマネーのようなものが提供され、それに引き換え、3〜8%程度の会社の株式を要求されます。アクセラレータープログラムは大きな資本を調達できるようにし、会社の規模と価値を大きくすることが目的とされます。そのためメンターによる指導、ネットワーキング、どうやって資金調達をしていくか、ということに関して様々なアプローチから学ぶ機会があります。テックスターズやYコンビネータなどが有名ですが、プログラムに参加できる確率は1%程度だといわれれています。

一方、ボストンにある一番有名なアクセラレーターはマスチャレンジになると思いますが、マスチャレンジは、非営利団体です。プログラムに参加してる企業との資本関係はありません。参加社は株式を譲渡する必要もなく、そのかわりといってはなんですが、シードマネーももらえません。しかし、4ヶ月後のファイナルコンペでは、総額2億円近くの賞金が20社近くに分配されることになります。今年プログラムに参加したのは128社そのうち賞金をもらったのは16社,
ということは賞金がもらえる確率12.5%ですね。しかしプログラムに入れる確率が8−10%。結局、賞金をもらうまでの確率はテックスターズ等とあまりかわらないかもしれませんが、プログラムに入るだけでは、基本的にコストがかからない(アプリケーション費用とか宿泊費や食費はかかりますが。。。)ですし、その上ネットワーキングが広がることで、人材獲得や販売チャンネル、資金調達に関するノウハウ等を一気に学べます。場合によっては参加している他社と合併するかもしれません。ベンチャーキャピタルが運営するような少数先鋭のプログラムと違い、成功者をたくさん作り、社会還元を重視したプログラムといえると思います。

インキュベーション施設というと色々なパターンがあるのですが、一般的にはスペースを借りる際に安くスペースを借りることができるかわりに、持ち株の数パーセントを譲渡する、といったことが行われる事が多いようです。(株式譲渡をうけないところもあります)
インキュベータはメンターによって指導される期間が1年以上と長く(メンターがつかない場合もある)会社が成功するという以外に明確なゴールは得にない場合が多いようです。場合によってはアクセラレータプログラムに合格することが目的になっていることもあるそう。資金が大学の補助金であったり、公共(国や地方団体)の資金が補助に出ている場合、家賃が安くなっています。

このブログでもしばしば取り上げるCICですが、世界で一番スタートアップが集積していると言われているCICでは入居社へのメンター制度はなく資本関係もないことから、CICは自社をインキュベータとはみなしていません。しかし、スターアップが集まるコミュニティーを作ることで、そこにベンチャーキャピタルが集まり、大企業が集まり、メンターその他、スタートアップを支援するような人、企業が集まりコミュニティー全体がインキュベータの役割をしています。

さて、マスチャレンジとCICの2つの施設に共通していることは、1日中(もしくは数日にわたる)学校のような受動的なプログラムがあって決まった教育をされていたり、メンターがついて誰かがノウハウをきちっと教えてくれるものではないということです。どちらの施設も、場の提供及び、ネットワーキング、ピッチイベントのような目的をもったイベントを行いますが、何が自分達の問題点で何が自分達に必要もしくは、不必要かということは自身で探っていかなくてはなりません。そしてそれを、閉鎖的な環境ではなく、オープンにそして互いに助け合いながらすることで、エコシステムという大きな相乗効果を出そうとしています。

アメリカンドリームも、エコシステムとして上手く機能すると、格差社会が解消できるような気がします。

企業内ベンチャーをどう育てるか?

大企業にいるタイプと、ベンチャー企業で働くタイプの人は結構違いますよね。
とくに日本の大企業だと同じ会社に10年以上いる人達も結構いると思いますが、だんだん視野も世界も狭くなってきます。新しい空気をいれて感度をよくし、イノベーティブでいるためにはどうしたらいいでしょうか。

一つは、スタートアップの集まるインキュベーターのようなところにサテライトオフィスをもつ。
実際、そうやって人材を獲得したり、新しいテクノロジーをとりいれる、もしくは、小さな企業を買収、資金をだして、共同研究をするということはよく行われています。

もう一つは、マスチャレンジのようなアクセラレータプログラムに社内ベンチャーを送り込んで、教育するというやり方もあります。
マスチャレンジのダイヤモンドパートナーであるビューラー社はスポンサー金を支払いその代わりと言ってはなんですが、社内教育プログラムとして、社員をプログラムにおくりこんでいます。通常は、外からアプリケーションをし、選ばれないと参加できないプログラムに、社内のコンペで勝ったチームがマスチャレンジにいけるということになれば、社員も意欲がわきます。上手くいけば、スピンオフができるかもしれないですし、社内に新しい部署ができるかもしれません。
社員にとってもリスクは少ない(っていうかほとんどない?)ですし、会社にとっては社員を活性化させ、新しい事業を生み出すことができます。

大企業にいる人をいかにイノベーティブにしていくか。イノベーティブなのは技術だけではなく人であり、マスチャレンジのプログラムは”人”という資源を活性化させていくことにつながるところがすごいところです。

関連記事:
国も応援する、2015マスチャレンジ賞