Disciplined Entrepreneurship-起業の法則(イントロダクション)

先日会った、ベンチャーキャピタリストにすすめられたのが この本、 

Disciplined Entrepreneurship

です。どうやらまだ日本語に訳されていないようなので、(2013年9月17日現在)ここで簡単に訳して紹介したいと思います。(意訳なので詳細を確認したい方は原文でお読みください。)


Disciplined Entrepreneurship: 24 Steps to a Successful Startup

まず、この本の著者Bill Aulet はMITスローンスクール(MBA)でアントレプレナーシップの講義をしている講師であり、自身がいくつもの会社を興した起業家でもあります。
個々の分野でたくさんのいい本が、(例えばマーケティングや、ビジネスモデル、資金調達等に関して)出版されていますが、全体像を語る本がなく、著者は20年前自分が初めて起業家になった時
この本があればよかった、と思っているそうです。

この本では、どのように市場にうけいれられる

商品

を、作っていくのかということを

24のプロセス

で紹介していきます。

イントロダクション

世間にいる著名な起業家たちに共通していることは、特別な遺伝子があったことではなく、すばらしい商品を作ったということです。
そして、このすばらしい商品を作るというプロセスは教わることができるのです。

いくつかの神話がまかり通っていますが実は、

  • 創業者が一人ではなく起業にたくさんの人がかかわるほど、成功の確率が高くなります。
  • 短期でみれば起業家のカリスマ性は効果的かもしれませんが、長期的にはそうともいえません。それより、まわりと上手くコミュニケーションがとれたり、他の人をリクルートする能力に長けていたり、セールスが上手であることのほうが重要です。
  • 起業家的遺伝子というものが存在すると思っている人がいますが、これは商品のコンセプトを作り、調達するというスキルです。このスキルは学べます。
  • 例えばMITをみると、卒業生が設立した企業の年間売り上げを統合してみると、世界で11番目に大きな経済圏になるそうです。
    なぜ、こんなにMITの卒業生の作る会社の成功率が高いのでしょうか。
    これは特別頭がいい人が集まっているからとか、最先端の技術や、パテントをもっているから、という人たちもいますが、本当の理由は精神的なことと、スキル(技能)の組み合わせなのです。
    まわりに起業する人が多いのでロールモデルもいて、すぐ ”起業ウィルス” に伝染するのです。互いを刺激し合い、学ぶだけでなく、それが個人やグループのアイデンティティになるのです。

    健全な市場においては 2種類の起業のスタイルがあります

  • 中小企業
  • 一人で始め、ローカルな市場で数人の従業員規模で行うもの。例えば家族企業

  • 革新的な企業
  • これはもう少し、リスクが高く、市場もローカルとは限りません。これらの企業は、明確に競争力のある、テクノロジーやサービス、ビジネスモデルをもっています。そしてこの本では自分が得意でよく知っている、革新的な企業の起業に関して取り扱います。

    イノベーションとはなんでしょうか?

    何かを発明しないと革新的なことはできないのでしょうか?イノベーションとは発明を商業化することです。自分達が発明しなくても、アップルやグーグルは他の企業が発明したものを自社を通じ商業化させました。イノベーションはテクノロジーに限ったことではありません。もちろん、テクノロジーがなければ、なりたちませんが、現在のグーグルやアイチューン等はビジネスモデルを革新化させたものです。

    コメントを残す

    以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

    WordPress.com ロゴ

    WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    Twitter 画像

    Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    Facebook の写真

    Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    Google+ フォト

    Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    %s と連携中