もし、あなたが40歳を超えていて、これから英語を使ってビジネスや起業に関わることを学ぼうと思っているのなら...(その3)

オンラインコース

近年オンラインのコースの発達はめざましくMOOCs(massive open online course)で世界各国の有名大学の講義をうけることができます。その他オンラインの学習については他にも詳しくかかれているサイトがあるのでそちらを参考にしてみてください。MOOCs(massive open online course)で検索すると例えばこんなサイトがでてきます。
この中で私が個人的におすすめなのはTEDでしょうか。

TEDでは、ビジネス界だけでなくさまざまな分野の人たちの講義、プレゼンがみれます。内容も面白く英語の勉強にもなりますが、それよりありとあらゆるジャンルの話があり、さすがプレゼン大国アメリカ!と、思います。プレゼンテーションの勉強になりますね。アメリカ人って人をその気にさせるのが上手いです。なんかこう、やる気にさせてくれるっていうか、自分もできるって気にさせてくれるって言うか(笑〕

それからボストンにあるハーバード大学 とMITがもともと共同で作ったオンラインのコース、 edX
どちらかといえば人文系のハーバードと工学系のMITが一緒に作ったことであらゆる分野の勉強をカバーしようという感じですね。ハーバードの有名教授の講義もきけますし、日本の京都大学や世界の他の大学のコースもとれます。
edXでハーバードの授業をオンライン受講したのですが、講義をビデオで聞いてみると、英語の字幕がでるので英語の勉強には本当に適していると思います。聞き取れなくても字幕を見て、単語がわからなければ、その場で調べることもできます。

オンライン学習のいいところは、場所と時間にとらわれないところでしょうか。わからなくても何度も繰りかえし見ることもできます。
難点は、一方的で、人と触れ合うことが難しいことですね。人脈を作ることが目的の一つならば、実際に現地に足を運び、時間をかけ、人と一緒に何かをしたほうがいいでしょう。オンラインがいくら便利といっても、他人と一緒に何かを成し遂げることは特別な経験になります。

お勧めプラン

  • 休暇を利用
  • サバティカル(長期間勤続者に対して付与される長期休暇)を利用
  • 企業の講習、研修として認めてもらう
  • この3つのうち、どれかが可能なら、理想的なのは
    普段は無料オンラインコースを、英語の勉強をかねて受講、又自分の興味のある分野の原書〔英語〕を読んでおく。
    まとまった時間が取れるときに現地にきて1週間~3ヶ月程度のコースに参加する

    というのが、現実的かもしれません。
    例1)ハイブリッドの3ヶ月コースをとり、始めの2ヶ月は日本からオンラインで参加し、最後の1ヶ月は現地にくる

    例2)ハーバードエクステンションの1月コースをとる。
    これは普段は3ヶ月くらいかけてやるものを、1月の1ヶ月間でおわらせられるようなカリキュラムになっています。

    短期間のコースは物事の深堀はできなくても、トレンドを知ることができます。特にボストン周辺の大学というのは大変国際色が豊かなので、世界の最新情報が早く集まります。参加者同士と話すだけでも、色々な業界の問題点やそれにどう対処しているか、トレンド等がわかったりします。

    ビジネスコースをとる最大のメリット

    ビジネス関連のコースは特にグループワークをさせられるので国際社会でのチームプレーを学びます。私個人的にはやはりリアルに空気を感じることができるというのは大事な点です。実際に会って、飲みにいったり、ディスカッションをしたりすることで、人との距離感がずっと縮まるからです。そういう理由でハイブリッドのコースというのはおもしろいです。いつもはネット上で触れ合ってた人をリアルにみると、結構感動します(笑)

    教育事情はどんどん変化します。また更なる新しいおすすめ情報が入り次第アップしますね。

    コメントを残す

    以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

    WordPress.com ロゴ

    WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    Twitter 画像

    Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    Facebook の写真

    Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    Google+ フォト

    Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    %s と連携中