大学はファーストジェネレーションの学生の要求を満たす努力をしている

マサチューセッツ州は、全米でも教育レベルがとても高く、また親も子供の教育に対して関心が高いために教育熱心な家庭が多いです。
高等教育の学費の高さはいつもアメリカでは問題になります、というのも、私立大学にいくとなると、年間300〜400万円くらいはかかりますし、それに生活費、交際費と、4年間かけ、リベラルアーツが主である米国教育の場合、(日本の大学もそうですが、)一般大学の文系で4年間勉強しても専門家にはなれません。
職業に直結した教育をうけたいとなると更に大学院に行く必要がでてきて、更に プラス2年。しかも、現在 大学院までの教育の必要性がますます問われています。しかし、4年間の大学教育で経済的に力尽きてしまい、仕事を探しても、それなりの収入の仕事がみつからないケースが増えており、若者の失業率をあげてしまっています。
一方、一時期中国にいってしまった製造業がまた米国に戻り、一部の製造業で人手不足になっていたりします。果たして、工場のラインで働く為に4年生の大学を出る必要があるのか、という問題にもなり、教育システムそのものの見直しがせまられているのでしょうか。

このような現状の中で、教育の機会は平等であるべきという信念のもと、大学がそれでも経済的にめぐまれない学生たちの支援をしているという記事です。

ボストングローブ 9月30日

大学はファーストジェネレーションの学生の要求を満たす努力をしている

要約

家族の中で初めて大学に進学した学生達を ”ファーストジェネレーション” とよぶ。
MITのファーストジェネレーションプロジェクトは、世界でもっとも有名な大学のひとつである、MITとはいったい何であるか を親に説明しなければならなかった、ファーストジェネレーションの学生を 色々な面でサポートするとともに、大学や学生が主催してネットワークイベントやメンター指導などを行なっている。

裕福な家庭の子供達ばかり受け入れているとの批判から、エリート大学では近年収入の低い家庭の学生だったり、ファーストジェネレーションの学生をとることに力をいれている。経済的な多様性があると、学生の個性も際立つ。ある親は子供が家をでていったり、家計を働いて助けないことを怒っていたり、ある学生は親の犠牲の上で学校にきているのに いい成績が残せないことを、恐れている。学部長によれば、欠席届けを一番多くだしにくるのはファーストジェネレーションの学生だという。ある学生は、行きたくても経済的理由からいけない夕食に誘われた時 どうやって断るかを考えていたが、ファーストジェネレーションプロジェクトが主催したオリエンテーションをうけて、自分の気持ちをわかってくれる人達がいることがわかってよかった、という。MITでは16%の新入生の親は4年生の大学をでていない。統計によると、収入が低い家庭の学生の多くがファーストジェネレーションであり、学歴も低い。

低所得家庭とファーストジェネレーションの学生をサポートする取り組みはタフツ大学やノースイースタン大学、スミスカレッジでも行われている。
象徴的なのはホロコーストの犠牲者の息子であり ベネズエラの貧しい家庭環境で育ったRafael Reif氏が去年 MITの学長になったことだ。

学校の外でもファーストジェネレーションを援助する動きがある。例えばゲイツファンデーション(ビルゲイツの財団法人)から補助金をうけたNGOが ”アイ アム ファースト” プロジェクトを展開しようとしている。
現在、生物工学の教授であるLeona Samson教授はイギリスの工場地区で育ち、馬鹿な子だといわれ、15才で高校を退学して, その後なんとか大学にはいったものの一年目に落第しかけた。 彼女は ”自分に対して何も期待をしないいいことは、おこること全てが, 思いもかけないような驚きに満ちていることです。” という。 

ジンバブエからきたFidelis Chimombeは家にはコンピュータもなく、未亡人の母が学費をはらえるように、同じスニーカーだけを3年間はき続け生活費を節約したり、自分も働いて仕送りをしている。彼は去年、うつになったが、母親には言えなかった。今はどうやって自分の国を変えていけるかを 考えている。”僕の子供達は僕がしてきたような、生活はしないでしょう”

以上が要約になります。

いくら成績優秀だとしても、同じエリア、同じ学校、同じ人種ばかりから学生をとるということをしていると、同じようなものしか生まれません。(もちろん管理する側はそのほうが楽だと思いますが。)そこでなるべく違ったものをミックスしてお互いに、刺激しあう環境を作るということが、新しいものを作る原動力になるということですね。
そこがまさしく、アメリカがゼロから何かを作りあげる源なのかな、と感じます。
父親も、兄弟もMITを卒業して、高校の最終学年を飛び級したという学生の隣に、家にコンピュータがなく、生活費を削る為に、3年間同じスニーカーだけをはいているジンバブエからきた学生が机を並べるという状況は、互いに刺激し合わないわけがありません。
教育に関しては国境をこえて支援していくというアメリカの姿勢は、意図的かどうかは別としてアメリカを長期的には外敵から守るという外交的な役割も担っているのかな、とも思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中