クラウドファンディングであなたもレストランのオーナーに。

毎週水曜日は食関連の特集が組まれているボストングローブのGマガジン(別冊)ですが10月9日号ではキックスターターインディゴーゴーのようなクラウドファンディングの出現により、従来夢を叶える為に富裕層の投資家から資金調達をしたり、銀行ローンを組まなければならなかった食関連の起業家達がどのように一般のファンによって支えられているかを特集していました。

シンデレラストーリーが実際あって、Minnesota’s Travail というレストランは7万5千ドルを募集目標にしていましたが、キックスターターで23万ドル以上を集めたそうです。実際にキックスターターで資金を集めて中国系アメリカンレストランをあけたLiさんは、”キックスターターのプラットフォームは人々がつながりやすく、自分たちが信じたものをみんなで助ける働きがあります。” という。資金提供した人はその額に応じて報酬(金銭以外の)をもらいます。Liさんの店の場合は、“投資額は5ドルからです。例えばこの店では、資金提供をしてくれた人の名が壁に入りますし、多額になれば、その人の為のメニューというのもできるかもしれません。”といいます。
集めた資金によって、店の家具を調達したレストランオーナーもいます。

クラウド上での資金集めは、料理人としての腕以上に、ソーシャルメディアをつかって短期間にどれだけ資金を調達できるかというダイナミズムが重要になってきます。

認知度をあげられるということも、資金調達と同じ位、クラウドファンディングに引きつけられる重要な一つの要素となっています。

バブソンカレッジのFood Sol action tank のダイレクターのRachel Greenberger 氏は ”食のビジネスでは初期に沢山の投資が必要で、従来の投資家にとってはリスクがありすぎるのでこのようなプラットフォームはこれからますます広がるでしょう。”  投資家は食のビジネスに関しては懐疑的ですが、一方クラウドファンディングの投資家は好意で投資する傾向にあります。

クラウドファンディングで、これからもますます新しいレストランが出現しそうです。なぜなら、自分が投資した店にいって、自分が払ったお金がこの皿になったとか、いすになったとか考えるだけで、まるで自分もこの店を出店したような気がするでしょうし、そこで出されたはじめの料理を楽しめば、彼らが一番のファンになってくれるでしょう。

クラウドファンディングのいい点は沢山の人が小額から参加できて、自分もちょっとだけ夢をみられることでしょうか。

これで思い出したのですが、ケンブリッジにとてもはやっているラーメンやさんがあります。そこの売りは壁を貸して、自分の夢をそこにかいておけることです。店にきて、ラーメンを食べるたびに自分の夢を思い出し、がんばろうと思う、レストランが売るものは食べ物だけではないということがわかります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中