加速する地産地消の考え方

一般的にアメリカの料理は美味しくないというイメージがあるようですが、料理がおいしくないというよりも、そもそも、野菜そのものが美味しくないなあ、と思ってました。友人の中には農地を借りて、農家の方と契約して、そこで、年間数十時間働きながら、収穫したものを買い上げている人たちもいますが、もう少し手軽な感じで日本の生協のようなものはないかな、と思っていたところ、知人が、農家と消費者をつなぐ食のスタートアップを始めました。そして、お試しで頼んだ野菜も肉もすごく美味しい!
又、頼もうと思っていたら、12月6日のボストングローブ紙に取り上げられていました。

Something gud というそのサイトはマサチューセッツ州と、その周辺の州のファーマーズマーケットで販売するような、小規模生産者から野菜、酪農家の自家製チーズ、パン等を直接仕入れ、配送をしてくれます。
ファーマーズマーケットに出すような、生産者は機械化して、大量生産でスーパーにおろしている所は少ないので、余計な添加物がはいっていなかったり、手作りのよさがあります。
この会社は、イメージ的には日本の生活クラブや、らでっしゅぼーやのような感じですが、もう少し地産地消と品質にこだわった小さい規模のサイトでしょうか。

新聞記事によると、産地と消費者を結びつける企業には、いくつかパターンがあるようです。
個人消費者と生産者を結びつけるもの
レストラン、学校などの、ある程度量が出るところに特化して卸しているところ
農家の産物を調理して冷凍して消費者に届けるところ

値段はオーガニックスーパーとあまり変わらないそうなのですが、大きな違いは売り上げの大半が農家や生産者にいくことです。
Farmers to youという会社の場合、例えば1ドルの商品を消費者が買った場合、そのうち65セントは農家のところにいく、これは、国内平均15.5セント(米国農務省の調べによる)に比べるとかなり、高い比率になります。

Farmers to youは2009年にスタートした、農産物を直接消費者に届ける会社 で、発表によると現在480家族が登録しており、1週間あたりの1家族の購入平均が65ドルということで、この会社では600家族登録してくれれば、黒字になる計算で来年の春あたりに達成できると予測しています。

マサチューセッツ州でも、地産地消が見直されている背景には農地がどんどん開発されており、生産者が減っているという事に危機感があるからです。一方、教育レベルの高い、このエリアは、環境問題や、健康問題にも平均的なアメリカ人よりもずっと敏感。(うちの隣の住人がコンポストをやっているときいて、そんなアメリカ人いるんだ!ってびっくりしました。)

私達は、あまりにも便利な生活に慣れてしまって、なんでも手に入ることが当たり前のような生活をしていますが、本来その土地の、その季節の旬なものが一番おいしく、体にもいい。そしてそれを、必要な分だけ、買う、という自然な生活の大切さを、ここのところ特に感じます。

大量生産、大量消費をしてきたアメリカ社会でも、大型農家や、遠方からの配送、そして大型スーパーに集約というモデルから、地産地消という、自然本来のあり方に戻ることが加速されている感じが、うれしいですね。

このスタートアップを立ち上げたのは20代の若者たちです、こうやって、1次産業と若者のIT力が上手く組み合わさって新しいビジネスモデルができることは、喜ばしいことです。

Something gudの創設者の一言
”自分たちのしていることのすばらしいことは、社会にとっていいことをすることで、お金を稼げることだ”

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中