理系の女性の管理職が少ない理由

ボストンにおいても、STEM(サイエンス、テクノロジー、エンジニアリング、数学の頭文字をとったもの)分野での企業における、マネージメントについている女性が少ないとの報告が11月3日のボストングローブ紙でとりあげられていました。

記事ではこれが大学レベルでは沢山の女性がいてもマネージメントになると、女性が減ってしまう、ということはどこに原因があるのか、を探っていました。

まず、高校のレベルでは男女ほぼ、同じ比率で数学やサイエンスをとっているのですが、これが大学になるとSTEM分野を専攻している女性は全体の三分の1に減ってしまいます。職場レベルになると、ハードウエア開発や電気工学のエンジニア、システム開発の分野では25%以下が女性になります。
とにかく、女性のロールモデルが少ないのです。また、多くのエンジニアリング会社には女性がいません。

女性がマネージメントにつかない理由として、まず、自信がない、ということと、男性は自分から積極的に売り込みにいきますが、女性はだれかがはい、どうぞ、やってみてね、といわれるまで待っているタイプが多いそうです。意識改革が必要だという分析です。

一方日本、平成23年度にだされた山形大学による、”理工系大学・学部における女性学生比率と大学の構造”という報告によると、大学では理系の女性は10〜20%、ただし、女子大では30%を超えているところもあるとのこと。理系の中でも、女性の比率が多いのは”生”がつく学部だそうです。
例えば、生物、生命科学、生活〜。10%切る学部は”工”がつくもの。そうそう、電気工学を先攻した友達は、クラスに女子は一人だったといっていました。ある意味、パラダイスな感じもしますが(笑)
”生“ がつくものに女性がひかれるというのは、すごく自然な事だと思います。女性は生んで、育てる生き物ですから。

面白いのは、今時、専攻を特に選ばず、そこそこの大学でいいのなら、現役で大学にいくことはそんなに大変ではないであろうと、想定されるのですが、理工にいく女子は浪人をしてもいく、という傾向にあるそうです。男子の場合、就職がいいからとか、何となくという理由で理工にいく学生が多いのに対し、女子は明確な目的があって、勉強する。ということは想像するに、理系女子というのは相当、やる気があって、モティベーションが高いのではないかと考えられます。

2013年の9月に発表されている経団連の女性の活躍支援・推進に関する 企業の取り組み事例集という報告の中で、大手企業が女性の管理職を増やす為に実際にどんな取り組みをしているかをまとめているのですが、そこでわかるのはそもそも、理系ということ以前に、全体の中での女性の管理職が圧倒的に少ない中で、(会社自体に女性が多い職場の場合は別として)まず、出産後の復帰してもらうための環境を整えたりして、離職率を減らす、ということを努力したり、分野を問わず女性の管理職そのものをあげる為に努力している段階だということです。

ここで思うのが、個人の能力以上に、女性と男性というのはそもそも、身体的機能や社会的に期待されている役割も違うのに、今の ”会社” という男性が作った仕組みの中で、女性がそれなりの地位を築いていくのには、男性以上の実力と、周りのサポートがかかせないのは当然と言えば、当然という気がします。ただ、必ずしも、全ての企業で女性の比率をあげればいいということではなくて、男性が力を発揮しやすい分野、女性のほうが向いている分野があって当然だと思うのですが。。。実際、女性が経営者の会社の場合のほうが、女性が働きやすい環境は整いやすいと思います。簡単にいってしまえば、女性の起業率が増えれば、女性の管理職の数も、自然に増えていくのかな、と想像します。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中