スタートアップカルチャーの専門家 ”Kulturenvy” 女性創業者へのインタビュー その1

女性の人生は、結婚して、家族が増えると、一時期は子供に手がかかり、その後は介護があったり、もしくは同時にそれが来る人もいるかもしれせん。それだけ、社会に深く関わった人生を歩んでいるのだと思います。

結婚して、夫が転勤したり、出産したりすると、なかなかキャリアを続けることが難しく、何年か仕事を休んでしまうと、なかなか同じ様な立場に戻れなかったり、似たような仕事なのに、長時間勤務を離れることでいきなり時給が極端に下がったバイトになってしまったりします。
三菱UFJリサーチ&コンサルティング 「両立支援に係る諸問題に関する総合的調査研究2008」による、妊娠、出産前後にやめた人のアンケートをみると、39%の人が自発的に会社をやめ、26%の人は、仕事と育児の両立が難しかったからやめた、といっています。 いざ子供ができて、やめるか仕事を頑張って続けるかの時考えるのは、結局、今している仕事が子供と比べて意味がある事なのかどうか、という事だと思います。

会社から離れたとしても、女性の世界は、地域社会への貢献、自分の趣味、友達との付き合いと、幅広くあり、そこから学んだり、経験することも沢山あります。ところが、子供がある程度大きくなったり、自分の時間が作れるようになって、いざいままでの経験や、好きで続けてきたことをビジネスにしようと思うと、なかなか上手く行かないのが現実です。その経験を一つのサービスとして、対価をつけて、供給するためには、見えないものを、みえるものにする工夫が必要になってきます。ずっと自分の人生、生活を自分でコントロールする為に、独立、起業、創業した女性達を紹介したいと思います。

Kulturenvyの創業者である、Corey McAveeneyさんのインタビューです。
Kulturenvyという会社は、スタートアップがよりよい意思決定をする為に、又、従業員にとってより働きやすい環境を作り、仕事の生産性もあげる為にスタートアップのカルチャーを整えることを手伝う会社です。

ーどんな教育を受けてきましたか?
大学4年間は、文学とフランス語を、それから大学院では国際通商政策について学び、修士号をとりました。

ーその後、この会社を立ち上げるまではどんな仕事をしてきましたか?
アナリストとして輸出、輸入業の規制や税に関することに従事していました。

ー今している、仕事と前の仕事は関係がありますか?
そうですね、保険や半導体の業界にいたのですが、実はいつも、会社内でカルチャーの問題がありました。チーム内のコミュニケーションの仕方や、チームワークが上手くいっていないせいで、仕事の成果が最大にはならないのです。大企業では、なんでもゆっくり進み、みんなのフラストレーションがたまっていました。一方、スタートアップでは、なんでもものすごいスピードで進みます。若者の働き方にみんなが影響されます。柔軟性とか、お金の為だけに、仕事をしているのか、どうなのか。その経験が今の会社を作るきっかけになりました。

ービジョンはなんですか?
テクノロジーをバックに、ワーキングカルチャーはどんどん変わっていくだろう、というのが私のビジョンです。
何十年もかかるかもしれませんが、私達の職場は柔軟性をもって、したい事ができるようになっていく、という事を望みますね。社会がもっと人間に対してフレンドリーになる、例えば、特に柔軟性が必要な”親”という立場の人に対して、その要求を満たしてくれるものに。既にテック関連の企業では、仕事に柔軟性というものがかなりあります。もちろん、そういうことが状況的に許されない場合もあるでしょうが、昼に、マラソンにいったり、スポーツにいったり、そのかわり、遅くまで働くとか。自分のライフスタイルにあった働き方させてくれる職場ができていくことを望みます。

ーどうやって顧客を獲得しましたか?
始めは知り合いとか、友達にスタートアップカルチャーに関して聞いてまわりました。定期的にアンケート調査をして、データを集め、会社全体としてどのように変化していくのかということを調べました。私はサイコロジストではないので心理的なアプローチではなく、経済的なアプローチをとっています。

実際、リサーチでスタートアップのCEOとチームメンバーに集まってもらい、ヒアリングしてみると、今までちゃんと話す機会をもてなかったので、よかったという話をききます。職場のカルチャーがよくないけど、とりあえず仕事だけやって帰る、という人も実際多いのです。もし、本当に満足していないなら、会社をやめることもできますが、それを変えるように働きかけることもできるのです。実際、大きな会社でも、始めは小さな自分のチームカルチャーを変えることを取り組み、ある人物が入ってから会社をやめる人がいなくなり、ドミノ効果のように、いい流れを会社に波及させていった例があります。

(次に続く)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中