バークリー音楽大学の起業教育

ボストン周辺には高等教育機関が多いですが、勉強だけでなく、世界的に有名なバークリー音楽大学があります。
バークリー音楽大学というと”ジャズ”というイメージが私にはあったのですが、この大学が設立された背景(1945年設立)は、当時音大というと古典的な音楽を教える場であったのに対し、現代の音楽を教えるところがなかったという理由から、現代音楽を学ぶ場として作られたそうです。そのバークリー音大で、音楽を学んだ学生が、其の能力、ミュージックとテクノロジーをいかに、ビジネスに結びつけるかということを学ぶ起業センターが設立されたという記事をみつけました。(ボストングローブ1月29日)
センターの目的は学生が学校を卒業するときには、自分を市場に売り込む事ができ、契約交渉する能力をつけられ、ビジネスを始められるようにする、ということです。

バークリーの卒業生でもあり、音楽家の為のSonicbidsという会社を立ち上げて、最近15億円ほどで売ったパー二イ氏がこのセンターを率いることになりました。

バークリー音大の学長はYoutubeの出現で演奏家は大手のレーベルに所属しなくても、成功を手にすることができるようになったととらえています。
そこで、ハッカーソン(ソフトウエアをエンジニアやデザイナー等がチームになって制限時間を決めて作るイベント)のように、一日中こもってだれが一番いいyoutubeビデオを作るかのコンペをしたり、MITやブラウン大学のエンジニアの学生とともに共同でミュージックセラピーのハッカーソンも行うことにしました。

大抵の学生は、音楽が好きで、演奏がすき、でもそれでどうやって収入をえるつもりなのかわかっていません。
しかし学長は特に、そういう学生に興味をもってもらいたいのです。彼らはニューヨークにいってメジャーのレーベルとサインをするのかそれとも、もっと自立して、誰かの許可を求める訳でもなく何かを自分で立ち上げていくのか、そういった道があるということを教える為の新たなセンターになる予定です。

子供が、大学進学する際に、何を学ぶかを考えた時、大抵の親は、就職先があるの、とかそれで食べていけるの?ということを考えますが、音大にいくといってもプロの演奏者としてたべていけるのはたぶん、ほんの人握りの人達で残りの人達は教育関連にいったり、普通の企業に就職していき、趣味や副業として音楽を続けていくのかと思います。
例えば、商品を売るという事を考えた時、世の中には必ずしも、すばらしい商品でなくてもよく売れているものもあり、それは商品の質や、性能ということだけが重要なのではなく、プロデュース力やマーケティング力、販売力の重要性を示していて、もし、音大生が自分を、もしくは自分の能力を商品化することが上手くできれば、好きなことを一生やっていける道もできてくるわけです。それを助けるのがこのセンターになるというわけですが、音大にアントレセンターとは、さすがアメリカという感じがします。音楽に芸術性を求めるより、実益を求めている感じがしますね。この流れにのると、芸術大学にもアントレセンターというものが出現しそうです。実際、アート系の事務所で成功されている方も結構いるので、現実的にはあり得る話だと思います。大学も卒業生の就職率を考えた時、どれだけ、大手企業に就職したかだけではなく、卒業20年後くらいにどれだけ、起業、もしくは独立したかの統計をとってみるともしかしたら、その学校に集まる生徒の傾向がわかるかもしれませんね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中