ハーバード大学の資産運用

ハーバード大学は寄付金が多く、リッチな大学としても有名ですが、この豊富な寄付金を運用しているハーバードマネージメントカンパニーという会社があります。この会社の目的はハーバード大学が行う教育と研究を金銭的に長期サポートすることにあります。このファンドのプライベートエクイティマネージャーが変わるというニュースがありました。米国内最大の大学基金のマネージャーになるリチャード•ハル氏(46歳)はテキサスペンションファンドで140億ドルのプライベートエクイティの運営をしていた人です。(ボストングローブ3月17日)未公開株をポートフォーリオにこれからも重点的にいれていこうという方向で、これからはグローバルな未公開株も取入れていきたいとのことです。

ハーバードの寄付ファンドは去年の6月の時点で総資産327億ドルですが、そのうち50億ドルはプライベートエクイティやファンドにあてられているそうです。
大学の資産運用というと、2009年の駒澤大学の巨額損失事件以降ますます日本では手堅く、ロスを少なくするというイメージがありますが、アメリカでもハーバードの積極運営は、他の大学の資産運用にも影響を与えてきています。

大学の資産を考えた時に、資金運用という面もありますが、資金調達という側面もあります。
アメリカの私立大学は寄付集めのための、イベントも多いですが、ハーバードの場合は卒業生の寄付金が特にすごいですね、高額寄付受付のホットラインがあり、”私の所にかかってくる電話は全て、10億ドル以上の寄付の話です”といっていた人がいましたね。。。小さな国の国家予算なみです。そして、資金を提供する側も、喜んで高額を払ってくれます。それは、自分が母校に対して愛着や自信があるということがひとつと、高額を出す人にはやはり、投資という考え方があるようです。結果を出してくれることを望んで学生や研究、もしくは施設に投資をするのです。
特に、卒業生や団体から寄付をもらう場合、卒業生が、あの大学に通ってよかった、又、自分の子供も是非入れたいと思える環境作り、というのはとても重要になってくるようです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中