アメリカ人に留学は人気がない?

2012年には前年を7.2%超える80万人の外国人学生が、其の半分は中国、インド、韓国から、アメリカの大学に入学したそうです。

一方、単位を取得するために外国の大学で勉強するアメリカの学生は約28万人(2011-2012 年度)でこれは全米の大学生のうちわずか1% ほどにあたるということ。

英語が世界中のビジネス言語として浸透しているせいか、英語が母国語であることが幸か不幸か、アメリカ人で他の外国語をマスターする人の割合は少ない感じがします。
アメリカは国土が広いせいか、東から西にいくだけでほとんど外国にいくほど距離もあり、メンタルも違うのではないかと察しますが、アメリカ人は外国留学にはあまり興味がないようですね。(海外留学は高いと思っている、学費だけを比べればアメリカのほうが遥かに高い場合が多いのですが)イギリス以外のヨーロッパの大学に行く人の割合も低いという話をカナダ人で、ヨーロッパの大学院を卒業した人と話していたのですが、彼いわく “最近アメリカ人もやっと気がつきつつあるよ、学部によってはヨーロッパの大学院にきたほうが明らかに有利だということを。この先増えていくんじゃないのかなあ。大学院レベルだと、英語で授業を受けられる学部や学科もあるし、博士課程をするなら、給料の額も倍近く違うもの” 彼はカナダの大学を出た後に、1年間台湾にいって中国語を勉強し、そのあと、マスターをカナダでやり博士をローザンヌ大学でとりました。其の彼は現在、スタートアップを立ち上げて、マスチャレンジのプログラムに参加しています。

留学する利点は、視野が広がること、もう一つの言語が身に付くこと、自分に自信がつく部分もあるでしょうが、謙虚にもなること、改めて自分の国のいい点をみつけられること等、沢山あると思いますが、一方本人次第では時間の無駄になる 可能性があるとの指摘も。しかし、これはアメリカ人に限らずどこの国の人でも一緒。

特に語学を学びたい場合、母国でどれだけ準備をしてくるかというのは大きいでしょう。
語学を学ぶには、時間がかかります。留学という事を考えればお金もかかるのですが、どこにお金を投資するのか、という点で考えた時、語学をマスターした時のリターンというのは数字に直接現れない部分も含め大変大きいように思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中