自分の部屋を旅行者に貸すことで収入を得る、Airbnb(エアビーアンドビー)の話

何でもシェアするという仕組みが広がっています。

車に自転車、事務所、に家。自分がもっているものを他人とシェアすることで、副業にもなるということで人気になっている、 Airbnb(エアビーアンドビー)の話が7月15日のボストングローブにありました。
エアビーアンドビーは空き部屋を短期間で貸したい人と、旅行やビジネストリップで部屋を借りたい人を結びつけるサイトです。ボストンでは現在3500の物件が出されていて2013年の7月から63%の増加になるそうです。

自分も旅先でその土地に住んでいる友達の家に泊りにいって、地元の情報をもらったり、その土地のスーパーにいったり、地元の食材を楽しんだりして、そこに住んでいるように生活すると旅も楽しくなると思うのですが、それが知り合い同士でなく、他人とするというのがこのサービス。 貸す方も副業になるという楽しみがあります。

立地がいいとか、景観がいいとか特徴がある場合、一泊100ドル以上で、ホテルに泊るより高い場合もあります。トラブルも多少ありえる(騒ぐ人達がきたり、トイレや水場等の使い方に問題がある等)ということを理解しておく必要がありますが。借り手、貸し手双方が評価をし合うことで、互いの不安もかなり解消されます。

2008年にサンフランシスコで始まったこのサービス、現在では190カ国、34000以上の町で、160000以上の家、アパートがリストされていて一泊の値段が50ドル以下のところから800ドルまで色々あります。Airbnbは100億ドルの市場価値があるといわれていて、3%をホスト側から手数料として、ゲスト側からは6〜12%の手数料をとっています。

最近市場規模が大きくなって取引金額が大きくなってきたために税金の問題がでてきました。ホテルのような規制が必要なのか、マンションの場合、どのようにセキュリティを担保するのか、また貸しを禁止している場合、近所とのトラブル等、他の問題も発生しています 。

いつ人がきてもいいように自分の部屋をきれいにかたずけておくことになり、人にとっても自分にとっても心地のいい空間になるかも。。。
こういうサービスって日本人には敷居が高いだろうなあ、と思ってサイトを検索してみたら、結構います、レンタルしている人達。都心に多いようですが、家に寝に帰るだけでほとんど家を使ってないから、貸してあげるという感じのような人達、ホストをするのを楽しむ人達、受け入れる側も様々ですが、お金をもらって英会話の練習もできると考えると、意外とおもしろいかもしれません。今後、東京オリンピックを機に一気に広がる可能性あり?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中