サステナブルインベストメント

フューチャーオブダマネーというシリーズのサステナブルインベストメントというテーマの討論会がクレディスイスのスポンサーで行われました。

パネルとして、WEFのヤンググローバルリーダーとしても選ばれ、ハーバードで責任ある投資のためのイニシアチブについて研究しているDr. James Gifford、ファミリーオフィスのファンドマネジャーである、Ms. Dune Thorne、起業家でもあり、スローンスクールのフェローでもあるTemple Fennell 氏らが参加したサステナブルインベストメントについてのパネルディスカッションです。

投資の世界でも10年前は10%くらいの人しかサステナビリティということに感心がなかったのに、5年前は25%ほどの人が、そして現在はこの問題に関心を寄せる人が非常に多いと言います。
サステナビブルとは何か、日本語で調べると、”持続可能な”という意味になりますが、その定義を聞いた時、その定義は実は曖昧なようです。
ファミリーオフィスのファンドマネージャーのMs. Dune さんがいうには、例えば、サステナビブル関連の株というと8割方エネルギー関連になるといいます。残りは教育や女性をサポートするような枠組みのものだったりするのですが、将来をリードできる会社、社会にプラスのインパクトを与える会社や行動、金銭に投資するより、人に投資といったようにファミリーによって、何を望んでいるのかは違ったりするので、ファンドを組む時はその家族が何に価値をおいているのかということをヒヤリングする必要があるといいます。

ボストンには沢山のスタートアップがあり、たぶん、毎日毎日、数百社は生み出されると思うのですがこのアメリカのイノベーションを生み出す力、スピードは本当にすごいなと思う反面、これが間違った方向にいったときのインパクトも大きいなという事を日々感じています。自分が関わっている事業は社会にどんなインパクトをあたえるものなのか、会社側にはCSR(企業の社会的責任)が問われますが、一個人としても自分の時間を投資するという意味から社会にいいインパクトを与える会社と関わりたい、働きたいという選ぶ側の責任というものも、問われる時代になっていくのでしょうか。明らかに、これからの若者の世代は価値がかわってくるといっていましたね。

サステナブルの定義は色々あり得るという事でしたが、ちなみに私はサステナブルとは循環させることができる、エコシステムとして成り立つかどうかというのが、基本的な考え方にあるような気がします。質問者の中に、大きな資産をほんのわずかな人が握っていること自体が、サステナブルだといえるのか?という意見がありました。だから、資産を持っている人たちはサステナブルに投資をする責任があり、特にアメリカでは利益を目的としない慈善事業や多額の寄付につながるのでしょう。
この ”サステナブル” という考え方、これから益々広がる感じがしました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中