EFの新しいビルはランドマークになるか?

先週、ここ数年工事をしていたEducation First(EF)の1億2500万ドルかけた新しいビルが出来上がりオープニングセレモニーが行われました。EFはもともとスウェーデンの高校生に夏のイギリスでの語学留学サービスを提供する事から始まったそうですが、今では、世界52カ国以上、500カ所で様々な言語で語学研修を運営しています。EFの創業者であるスウェーデン人のバーティル・ハルト氏も本社のあるスイス、ルツェルンからボストンまでやってきました。彼が1965年にビジネスを始めた時はまだ学生で、ビジネスを始めた為に大学を中退しています。彼自身、ディスレクシアで(学習障害の一種、識字障害、読み書きに困難をきたす)言語を習うのに苦労し、文化を知る事が言語を習う近道になるということを経験したことがこのビジネスを始めた動機だったようです。
その後、EFは着実に大きくなりました。彼はアーサーD.リトルを2003年から、ハルトビジネススクールとして育て始め、現在世界に5つのキャンパスを抱えるまでにもなり、クリントングローバルイニシアティブとともに、社会起業家を育てるハルトプライズも運営しています。

ボストンはアメリカの西海岸よりも、ヨーロッパの影響を強く受けていると思いますが、建物に限れば、イギリススタイルが色濃く、飛行機から見た時、”レンガ色”がとりわけ目をひきます。そのなかで、ヨーロッパモダンなものは目立つのですが、このEFの建物も、このエリアでは新しいランドマークになるでしょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中