女性のビジネスオーナーの資金調達に関しての分析

バブソン大学の研究による9月に出された最新のダイアナレポート、女性起業家2014-ベンチャーキャピタルのジェンダーギャップをうめる、 では、女性のビジネスオーナーの資金調達に関しての分析をしています。

これによると、アメリカにある事業のうち36%のビジネスは女性が所有するものだそうですが、2011~2013年にベンチャーキャピタルが女性が経営チームにいる会社に投資したのは、1999年のレベルより3倍増えて15%になっており、女性が経営陣にいる会社のほうが業績も評価もいいです。

ところが、ベンチャーファンドが投資した会社のうち85%は経営陣に女性がいませんし、女性がCEOの場合は2.7%しかないということです。
女性のパートナーがいるベンチャーキャピタルは女性のCEOがいる会社に投資する確率は2.5倍も高いのに、問題はベンチャーキャピタルの女性パートナーが減っているということがあり、1999年から2014年までに10%から6%になってしまっています。

今後、なぜベンチャーキャピタルで働く女性が少ないのかということと、意思決定のプロセスにおいて、地勢的要因や性的な要因が影響を与えるのかといったことを調査していくことになるらしいですが、これ日本の場合はどうでしょうか。
すでに5年ほど前に、日本で投資をする時は女性が経営陣にはいっているところに重点的に投資をしたいといっておられたアメリカ人の投資家の方がいたのを思い出しました。彼は女性のほうが伸びしろが大きいというようなことを確かいってましたね。

ところで、以前5人の女性研究者によってだされたダイアナプロジェクトのレポートによると、女性がベンチャーファンドにお世話になることが少ないのは、男性よりも小さな規模でビジネスをはじめるからだそうですが、実際64%の急成長している女性のビジネスオーナーは、家族や友人も含めて何らかの形の資金提供をうけているとのことです。

歴史的に女性が所有するビジネスはサービス業や小売業で競争が激しく失敗する率も高い分野でした。
ところが近年は半分以上のビジネスが BtoBでベンチャーファンドから資金をもらう50%はコンピューターのハードウエア、ソフトウエア、サービスの分野ということです。
ようするに、リーンスタートをしてリスクを小さくとり着実に育てていくというイメージですね、やっぱり女性はどこの国でも現実的?

関連記事
女性起業家が投資家から資金調達をしやすくする為には何が必要か?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中