What is your passion? マスチャレンジ賞2014

今年で5回目になるマスチャレンジ賞が発表されました。1700人の観衆が見守る中、128社の中から、最終的に選ばれた26社の1分間ピッチが行なわれ、3人のゲストスピーカーも加わり、スピーチをしました。

まず、この26社に選ばれるのが問題なのですが、バイオ関連、水、NPO等マサチューセッツ州にどれだけの雇用が生まれるのかという視点、製造業回帰を視野にいれたマサチューセッツ州の方針というのが見え隠れする選考だったと思います。参加者がマスチャレンジに参加してよかったと思える点は、資源(ベンチャーキャピタルであったり、人材、メンター、取引先等)へのアクセスが劇的によくなることだといいます。それだけ、たくさんの企業、団体、個人が支援しており、今年の賞金総額は175万ドル、去年から着実にパワーアップしました。来年から始まる、ロンドンそしてすでにコラボレーションしているイスラエルからも賞金がでました。

masschallenge 2014

masschallenge 2014

今回はゲストスピーカーとして、マサチューセッツ州のパトリック州知事、ウーバーのCEOトラヴィス・カラニック氏、グーグルの元CEOエリック・シュミッド氏そしてALS(筋萎縮性側索硬化症)アイスバケットチャレンジのナンシー・フレイツさん、というかなり豪華なメンバーです。

masschallenge 2014 UBER

masschallenge 2014
UBER

今日はこのALSアイスバケットチャレンジの共同クリエーター、ナンシー・フレイツさんの話について紹介します。
マスチャレンジが彼女にこのアワードセレモニーでのスピーチを依頼した時に、自分がこの会で話すことはとても自然に思えたといいます。それは彼女自身が起業家であり、このALSという病気の社会的認知度を上げるためにとった手法はビジネスと同じだったから。
アイスバケットチャレンジの成功で、世界150カ国からの、寄付金も年末までには1億5000万ドルに到達しそうです。
世界中で90分に一人がALSと診断されているのに、この病気の認知度が低く、正しく理解されていない、色々なサポート団体が世界中にあっても、それぞれの連携やフォローができていない、アメリカではALS、ヨーロッパではMNDとしてまるで別の病気のように認識されていた、といったことを改善すべく、活動をしてきました。この約2年間でALSの支援団体がうけた寄付金のうち18歳から30歳までの分が50%もふえたそうです。

何が彼女をここまで駆り立てたのでしょうか。

ボストンカレッジ出身で野球選手であった息子さんがALSという病気を診断された2012年、医者に ”これからどういう治療をするのですか?” ときいたら ”治療法はありません。余命はあと3~5年でしょう。” といわれ、こんなことは受け入れられない!!!という彼女の思いがそれからの行動につながります。まず、家族、親族で企業のようにチームを作りました。幸い、息子さんは野球部のキャプテンで広い人的ネットワークをもっており、彼自身がいろんなところにコンタクトしました。

”たとえ余命が短いと診断されても毎朝おきて、その1日をどう過ごすかは、その人次第なのです。ポジティブにすごすのか、ネガティブにすごすのか。どうぞ恐れないで、一生懸命情熱的に生きてください。”

社会的に大きな現象がおきた時に、必ずそれを否定する動きもでます。それぞれ事情が違うので全ての人が同じ事に賛同できないということはわかるのですが、じゃあ始めから何もしないほうがましなんでしょうか?批判のための批判で足を引っ張るより、行動する人に何かがもたらされるべきだ、というアメリカを前にすすませている原動力をここに感じました。

少なくとも、あの会場に集まった人達は、世界を変えようという努力をしている人達とそれをサポートしようという人達であり、彼女のスピーチをきいていたらなんだか彼女こそが、賞をもらうのにふさわしいような気がして

What is your passion?

そんな声がきこえてきました。

関連記事
賞金総額100万ドル、手に入れたのはどのスタートアップ? マスチャレンジ賞 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中