アジア系アメリカ人に訴えられたハーバード大学

カリフォル二アに比べボストンにはアジア人が少なく、ヨーロッパ系の人が多いということをききますが、それでもヨーロッパに比べればずっとアジア人も多いです。
そして、アジア人の学生はよく勉強ができます。親が移民でやってきて、2世として生まれ育ったアジア人も親のプレッシャーをうけてか、それとも本来本当にできがいいのか、一生懸命やらされているからできるのか、はたからみているとよくわからないこともあるのですが、とにかく、成績はいい子達が多いですね。

現実問題として、優秀なアジア人の高校生はたくさんいるので、アジア人の中での大学進学競争は非常にレベルが高いことになってしまっています。
そんな中、アジア系アメリカ人の学生達(この中にはハーバードに入れなかった学生含む)が、簡単にいってしまえばハーバードがダイバーシティを重視し、かなり成績がいいアジア人の学生より、他のヒスパニック系やアフリカ系の学生を入学させるのは不当だ、といってマサチューセッツ州連邦地方裁判所に訴えました。

個人的には、どんな学生をとるかは特にハーバードのような私立大学では学校側の自由ではないの?なんて思ってしまったのですが、もしどこの大学も純粋に成績のいい学生からとっていたら、一流校では半分はアジア人になってしまうのではないでしょうかね。。。
(そしてアメリカでは正式に公用語ではない英語に加え中国語も公式に使われる言葉になったりして。。。)

白人女性が、自分の住んでいるエリアにある小学校で(そこにはいくつか小学校がある)”学生の半分以上がアジア人というところがあるけれど、そういうところには私は自分の子供はいれたくないわ”、という発言をするのをきいたことがあるのですが、その場にいた誰もそれに反論しなかったのでみんなはっきり言わなくても、白人の中にはそういう空気はあるでしょう。
なぜいやなのかといえば、色々理由はあるとは思いますが、その一つの理由として、アジア人はものすごく子供をプッシュして、なんでも一番になるまでやらせる、子供の自主性というものをあまり尊重しない、でもそうすると、成績争いになって、成績至上主義、そしてそれでもたりないということで、スポーツ、音楽もとことんやらせ、なんでもできるスーパーマンのような子達がいっぱいいる中での競争になり、子供らしくいられない自分の子供はかわいそうである、ということ。
教育熱心なアジア人は公立学校のいいエリアに集まり、そこにすんでる人達の中ではかえって住むエリアをかえたほうが、子供がいい大学に入りやすい、ということにもなってしまっているようです。

昔は秀でているものが一つあればよかったのに、最近は子供でも秀でているものを組み合わせなければいけなくなってしまいました。明らかに、20年前とは違うねと、MITやアイビーリーグの卒業生達はいいます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中