病気に対する治療法がこれから変わっていくーTEDx Cambridge 2015 Spring よりー

TEDxケンブリッジspring が先週行われました。今回のトークは7人でオペラ歌手に、スポーツランナー、ナーサリースクールの運営者、ニューロナノテクノロジスト、ケミカルエンジニアと非常に広分野にわたり、理論よりも現実的に前線で問題解決にあたっている人たちが多かったように思います。ボストンでは世界の最先端の研究をしている人たちが多いせいか、研究者や教授クラスの方たちの話も多いのですが、分野が広かったためか、きいているほうも時間があっという間にすぎました。

その中で、今回自分の印象に残った話はマイクロバイオーム(細菌叢(さいきんそう))という人が本来もっているバクテリアを使って、新しいタイプの治療薬を作ろうとしている会社、ボストンにあるバイオ系のベンチャー企業、ベダンタ・バイオサイエンシズ(Vedanta Biosciences)の共同設立者で、同社のCOOでもあるBernat Olle氏の話でしょうか。

彼は、抗生物質を使うことなく、人が本来持っている最強の軍隊ー体内のバクテリアであるマイクロバイオームーを最大に生かし、病気を治療していくという方法で治療薬を作ろうとしています。
これにはアメリカでは抗生物質を使いすぎている、ということが背景にあるそうです。
抗生物質の良い点は、速攻性があるということだそうですが、強い薬を使うほどのその後のリバウンドもあります。
抗生物質は異物だけでなく、いい細菌も傷つけてしまうとデメリットもあります。
そこで、人が本来もっている免疫の力を使おうというわけですが、腸内細菌叢の分野では第一人者である慶應大学教授の本田賢也先生の研究を使い製品化をすすめているとのことで、ボストンで日本人研究者の研究が製品化されつつあるということに確実にグローバル化の波を感じますね。。。

日本でも近年、なんでも抗生物質をだすことに対して問題があるという認識が広がりつつあるのではないでしょうか。
今までの西洋の薬のあり方は、共存ではなく攻撃、破壊。いなくなるまでやっつける。
これはガンの治療や他の病気の治療のあり方にも大きく影響するのかなあ、と。抗がん剤で正常な細胞も傷つけるのではなく、環境と同じで自然に持っているものの力を最大限に引きださせる、サステナブルな考え方がこれからの医療の主流になってくれることを願いますね。

ted cambridge

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中