切り紙に影響をうけて始めたグリーティングカードを作るスタートアップ

そろそろ12月も後半、家に届くクリスマスカードもだんだん増えてきました。大抵、家族や、ペット、趣味の分野のものが映った写真のグリーティングカードが多いですね。

そんな中、切り紙にインスパイヤされた2人のエンジニアが立ち上げた3Dのグリーティングカードを作っている LovePop という会社があります。このスタートアップ TEDxケンブリッジのイノベーションラボ にも出店していました。MITのハイテクロボットアームやアクアポニックスの製品の横に、このグリーティングカードが置いてあるというのが逆に目を引いていました。

ただのカードでしょ、今時、ネットでほとんどただで、カードが配れるじゃない?音楽とかもついているし、という声が聞こえてきそうです。

しかも、一枚8〜13ドルと決して安くはない金額。確かにポップで綺麗なカードです。デコレーションとして部屋に飾っても綺麗。

LovePopは海洋エンジニアリングを勉強した2人がその後ハーバードビジネススクールにいって立ち上げたスタートアップです。このスタートアップ、ボストンのテックスターのプログラムにも参加し、最近テレビ番組シャークタンクにもでて出資を受けました。

え?グリーティングカード屋さんが??なんだか日本にもありますよね、こういうカード。。。すごく手がこんで綺麗なもの。

折り紙もそうですが、こういった計算された美しさというのはエンジニアたちをインスパイヤします。そういう、美しさのある伝統文化は日本にはたくさんありますね。伝統文化こそ、外国のデザイナーやエンジニアと一緒にコラボしてみると世界で売れるものができそうです。

そうです、日本にもたくさんありますよ、こういうカード。。。すごく手がこんで綺麗なもの。そしてカードだけでなく、日本には完成度の高い製品がたくさんあります。日本市場のものをそのままもってくると厳しいものもありますが、中にはそのままでいけるものもたくさんあります。なんか、自信がつきませんか?

次回は、私が日本の商品で、外国で競争力があるであろうと思うものをリストアップしてみます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中