教育機関にも使われているロボット Vgo

マサチューセッツは工学系のMITがあるせいもあるのでしょうがロポット系の会社が結構あります。

その中に教育機関や医療機関で使われるロボットを作っているVecnaという会社があります。
ここの教育関連で使われているロポットにVgoというのがあるのですが、
IMG_vecna
Vgoは例えば自分が学校にいかなくても、機械が学校にいって授業をうけてくれて、自分はモニターで自宅からでも授業に参加できます。話すことができない子供も、キーボードに入力することで、Vgoがかわりに話してくれます。病気で学校に行けない子だったり、メンタルや社会性に問題があり不登校になってしまった子供などに人気があり、世界のいろんな場所で使われています。日本だと東大にもあるようです。

VgoはWIFI環境があれば、どこへでもリモートコントロールで移動できるので理論上は自宅から電車にのってどこかへいくということも可能だそうです。
ただし、現実的には階段を上ったり障害物をさけたりする必要があるので、下半身のアタッチメントが足のような形状じゃないと難しそうですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中