英語圏でない国で英語で大学を卒業する方法

今年はMITの学士レベルに3人の日本人の学生が合格したとききました。MITは学士で入るのは相当難しいです。
よくよくきいてみると、英語が抜群にできて、学業も当然、それにプラスアルファである、国際レベルのコンテスト系のものに参加、入賞というのはもうお決まりかもしれません。本人たちは自覚があるかはわかりませんが、勉強が趣味という域になっているようですね。

日本のトップスクールにうかっていても、海外の大学にいく、という流れが増加している一方、そうはいってもコストパフォーマンスを考えるとね、、、という方達から,ここのところたて続けに似たような質問をいただいているのでそれに関して公開でお答えしたいと思います。やはりイギリスやアメリカのような英語圏は学費が高いのでそれなりに覚悟が必要ですが、特に英語圏ではないところでも英語で進学、卒業できるコースが増えていますよね。英語で学ぶ、ということが目的であるならば、アメリアやイギリスのようなところにいかなくても、意外に選択肢は広くなります。

実は国別の細かい情報というのは各国の大使館にいる高等教育を担当する分野の担当者が、リンク先をもっていることが多いです。得に教育に力を入れている国はその傾向が強いです。
基本ヨーロッパの大学(イギリス除く)は国立大学が多く、そういったところの学費は安いです。
(*ただしこのブログで何度も書いているように入学条件には気をつけること。日本の普通の高校を卒業しただけではいけません。)

スイスの場合は
swissuniversities (ただしこれは私立大学は含まれません)
https://www.swissuniversities.ch/en/

ドイツの場合は 学術交流会DAADが大学の情報をたくさんもっています。
https://www.daad.org/

上記のようなリンクに探している具体的な質問をすると情報をくれるはずです。質問するときにはなるべく具体的なことをきくこともポイントです。漠然と英語のクラス、とかではなく、例えば経済学部で英語ですべて履修できるundergraduateのコースはありますか、といったように何を(学部や専攻)どのレベルで(短期留学なのか、学士なのか、大学院なのか)そして今自分がどのレベルにいるのか(日本の高校を卒業したとか、大学や短大を卒業したとか)ということを明確にすることは大切です。

ヨーロッパの大学は傾向的にアメリカのように幅が広く、学校の面倒見は決していいとはいえなく、明確に自分がしたいことがわかっている人のためにあると考えたほうがいいです。
そういう意味では大学は自己管理ができる大人の場、誰かに面倒をみてもらう気でいると、苦労するかもしれません。しかし、そこに本当の自由があるとも言えます。

関連記事:英語圏でないところで英語で学位を安く取得する方法
https://multicultiblog.com/2015/05/18/%E8%8B%B1%E8%AA%9E%E5%9C%8F%E3%81%A7%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%A8%E3%81%93%E3%82%8D%E3%81%A7%E8%8B%B1%E8%AA%9E%E3%81%A7%E5%AD%A6%E4%BD%8D%E3%82%92%E5%AE%89%E3%81%8F%E5%8F%96%E5%BE%97%E3%81%99%E3%82%8B/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中